「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ10週46話|作詞家志望の鉄男が上京! 有頂天の音を戒めるのは?

エール ネタバレ10週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月1日(月)放送
エール第10週テーマ
「響き合う夢」

【エールネタバレ10週46話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

古山家にて・・・

裕一のプロデビュー作『福島行進曲』は全く売れませんでした。

落ち込んでいる裕一のもとに、大きな荷物を抱えた鉄男が訪ねてきました。

鉄男は、新聞社を辞めて上京したと言います。

この機会に、作詞家になることを決意したというのでした。

音楽学校にて・・・

記念公演『椿姫』のプリマドンナ役を射止めた音。

大本命だった実力者の千鶴子を抑えての結果のため、音は大喜びです。

さらに、音が歌手になる夢を持つきっかけとなったオペラ歌手の双浦環が、監修に入ると知って感激します。

しかし、音の喜びはつかの間でした。

環から厳しい指摘を受けた音は、必至で訓練に励み出すのでした。

コロンブスレコードにて・・・

鉄男は、裕一に頼んで売り込みに出掛けました。

しかし、ディレクターの廿日市は全く取り合ってくれません。

腹を立てた鉄男を、裕一がなだめていると、同期の木枯が通りかかります。

話があると言う木枯は、二人を誘い出すのでした。

おでんの屋台にて・・・

木枯は、『テイコクレコード』に移籍すること明かしました。

そして、『福島行進曲』の詩を気に入ったので、鉄男をレコード会社に紹介すると約束します。

喜ぶ鉄男と反対に、裕一は焦りを隠せません。

またしても、木枯との差が開いてしまいました。

しかし、そんな裕一に、木枯は「ある話を」持ち掛けるのでした・・・

◆『音楽学校』の生徒と先生を演じるのは誰?▶

◆音のモデル・古関金子さんは投資信託でも才能を発揮?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ10週46話|感想を最終話まで!

◀45話 | 47話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

夢に近づいた音に・・・

大逆転で『椿姫』プリマドンナのヴィオレッタ役を勝ち取った音ちゃん。

誰もが千鶴子さんだと思っていた中での合格ですから、有頂天になりそうですよね。

どうやら、音ちゃんの迫力に圧倒された千鶴子さんが、本来の実力を発揮できずに自滅してしまったようです。

そんな音ちゃんを現実に引き戻す、環さんの厳しい指摘が怖い~。

環さんは、世界で活躍するオペラ歌手で、決して甘えを許さないプロ中のプロです。

歌手を夢見る音ちゃんの試練が始まります。

頑張れ~音!

新しい上京物語がスタート

鉄男くんが、作詞家になるために東京にやって来ました!

裕一くんにとって、近くに鉄男くんがいることは心強い存在でしょうね。

『福島行進曲』は残念な結果になりましたが、裕一くんと鉄男くんの二人は力を合わせて挽回してもらいたいです~♪

◆鉄男のモデル・野村俊夫さんはオシャレなギャンブラーだった!?▶

◆環役の柴咲コウさん18歳のCMが大人すぎる!▶

◀45話 | 47話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク