「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ10週47話|あとがない裕一!芸者・藤丸が歌う新曲の売行きは?

エール ネタバレ10週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月2日(火)放送
エール第10週テーマ
「響き合う夢」

【エールネタバレ10週47話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

カフェー・パピヨンにて

裕一は、木枯から、ヒット曲『酒は涙か溜息か』の作詞家・高梨一太郎を紹介されました。

高梨は、裕一の作曲した『福島行進曲』を聴いて、裕一に強く興味を持ったと明かします。

そして、自分が書いた歌詞に曲をつけてほしいと言い出しました。

「嬉しいですけど、あの・・・」

素直に引き受けたい裕一でしたが、高梨は木枯とコンビを組んでいるため躊躇します。

すると、その気遣いを知った木枯が、「俺のことは気にしなくていい」と、裕一を促します。

そして、高梨と裕一の作った曲を聴いてみたいと背中を押すのでした。

話が決まった途端、高梨は『船頭可愛や』という歌詞を裕一に渡します。

その詞に感銘を受けた裕一は、さっそく作曲に没頭するのでした。

 音楽学校にて・・・ 

『椿姫』の稽古を続ける音は、何度もダメ出しを受けて焦っていました。

独りで居残り練習をしていると、監修を務めるオペラ歌手・双浦環が現れました。

環は的確に歌い方をアドバイスします。

そして、参考資料として環がパリで公演した『椿姫』の貴重なレコードを音に渡しました。

環は、きっかけをつかんだのだから「無駄にしないようにね」と、音を励まします。

音は、環の期待に応えようと気持ちを新たにするのでした。

 コロンブスレコードにて

裕一は、完成した『船頭可愛や』の譜面を、緊張で震えながらディレクターの廿日市に見せました。

「採用!」

廿日市は、作詞が『高梨一太郎』であると知ると、曲を見ることなく即決します。

しかし、この曲が売れなければ契約解除で、契約金は一括で返すようにと廿日市は声を荒げます。

「今度は脅しじゃねえぞ、本気だからな!」

廿日市の本気度に、裕一は怯えまくるのでした。

鉄男の屋台にて・・・ 

裕一と久志は、鉄男が始めた屋台の『おでん屋』に顔を出しました。

鉄男は、仲良くなった店主が故郷に帰るため、店を引き継いでほしいと頼まれ引き受けたのでした。

鉄男は、好きな時に詞を書きながら、屋台で生計を立てていくと言います。

そんな中、裕一は新曲のレコーディングが決まったことを二人に報告します。

新曲は『芸者』が歌うと知ると、鉄男も久志も異常に興味を示すのでした。

 録音室にて・・・ 

『船頭可愛や』のレコーディング当日。

裕一が気合を入れて録音室に行くと、なんと、鉄男と久志が来ていました。

二人は、どんな芸者が来るのか見に来たのです。

そこに、歌い手が入って来ました。

「どうも、沼田松子です。・・・じゃなかった、藤丸(ふじまる)です」

芸者とはかけ離れた地味な女性のため、裕一たちは唖然とします。

そこに現れた廿日市は、歌の上手な『下駄屋の娘』に、芸者歌手として歌うよう依頼したと明かしました。

もう後がない裕一は、不安になります。

裕一に加勢するように、鉄男と久志も廿日市に文句をつけ始めました。

一触即発の雰囲気の中、廿日市の合図でレコーディングが始まりました。

「すごいよね!」

藤丸の見事な歌声に、裕一たち三人組は聴きほれるのでした。

発売後・・・ 

文句なしの仕上がりの新曲、『船頭可愛や』でした。

しかし、まったく売れませんでした。

そして、廿日市は「あいつとの契約は終わり、借金も全部返してもらう」と、秘書の杉山に指示を出しました。

古山家は、最大の危機を迎えるのでした・・・つづく

◆歌手・藤丸役・井上希美さんとは?そしてモデルの音丸さんとは?▶

◆こがらし役・野田洋次郎さんの元カノは朝ドラヒロインだった!?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ10週47話|感想を最終話まで!

◀46話 | 48話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

崖っぷち作曲家・古山裕一!

もはや、交渉上手の音ちゃんの出番は無いほど、あとがない裕一くん。

専属契約を交わしてから会社に貢献できず、絶体絶命です。

崖から、半歩出た状態でしょうか。

廿日市さんは今まで文句や嫌味を言い続けながらも、どこかで裕一くんに期待を寄せていたところもあったのではないでしょうか。

もちろん、音楽界の重鎮・小山田先生の推薦というのが大きい理由だとは思います。

しかし、レコードセールスが不振ということで、廿日市さんの我慢も限界でしょう。

廿日市さんから、いつ『クビ宣告』が出るのかドキドキしてしまいます。

芸者歌手・藤丸役は井上希美さん♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上希美 Nozomi Inoue(@non_inoue)がシェアした投稿

新登場のキャスト藤丸を、舞台などで活躍する若手女優・井上希美(いのうえのぞみ)さんが演じます。

そして、藤丸のモデルとなったのは、戦前、戦後に活躍した芸者歌手の音丸(おとまる)さんです。

下駄屋の女将だった音丸さんは、【エール】主人公のモデル・古関裕而さんが作曲した『船頭可愛や』を歌ってヒットを呼び、一躍人気歌手になった方です♪

なお、『船頭可愛や』は、環のモデル・三浦環さんも歌いましたよ。【エール】ではどうなるのでしょうか♪

◆環のモデル・三浦環さんも『船頭可愛や』を歌う!(実際の歌声あり)▶

◆音楽学校のキャストを一挙紹介!▶

◀46話 | 48話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク