「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ10週49話|音が妊娠!出産も舞台も諦めない音に周囲の反応は?

エール ネタバレ10週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月4日(木)放送
エール第10週テーマ
「響き合う夢」

【エールネタバレ10週49話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

コロンブスレコードにて

「上の機嫌をとるか、勝負に挑んで大きな利益を得るか?」

世界的な歌手・双浦環は、ディレクターの廿日市に迫りました。

廿日市は、環の歌う『船頭可愛や』をレコード発売することを決断します。

発売と同時にヒットし、相乗効果で芸者歌手・藤丸の歌った『船頭可愛や』も売れ行きを伸ばしていきます。

そして、裕一の作った曲は、町中で流れるようになるのでした。

古山家にて・・・

音の妊娠がわかりました。

喜ぶ裕一ですが、音の体のことが心配になります。

しかし、音は何があっても『椿姫』のプリマドンナを演じ切ると言い張りました。

母になることも、歌手になる夢も同時に叶えようとする音を、裕一は応援することに決めるのでした。

音楽学校にて・・・

音は、『椿姫』の演出家・黒崎に妊娠したことを報告し、舞台を続けると伝えました。

音はやっとつかんだ主役の座を、降りる気はありませんでした。

しかし、周囲は大いに戸惑います。

音は自分に気を遣わないで欲しいと言いますが、千鶴子は周りのことを考えろと苦言するのでした。

古山家にて・・・

音の妊娠を知った、新婚の姉・吟が、手土産をもってやって来ました。

舞台を続けると聞いて驚いた吟は、妊婦に無理は禁物だと反対をします。

ところが音は、反発して声を荒げるのでした。

音楽学校にて・・・

『椿姫』に向けて、音は、環の厳しい指導を受けていました。

音は、妊婦扱いしない環を、嬉しく感じています。

そんな音に、環はプロならば子どもが死にそうな時でも舞台に立つのだと言います。

そして、「当然その覚悟があるのよね?」と問いただすのでした・・・

◆噂話が大好きな潔子と和子は誰?音楽学校のキャストはコチラ▶

◆環役・柴咲コウさんの『熱愛遍歴』が華麗すぎる~▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ10週49話|感想を最終話まで!

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

おめでたいこと続きだけど・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

クビ寸前で絶体絶命のピンチだった古山家を、環さんが救ってくれました。

もう感謝しかありませんよね。

また、重役や大御所作家など立場の強い人の顔色ばかり伺っていた廿日市さんも、環さんに迫られて大きな決断をしてくれましたま。

利益を上げることが廿日市さんの目的ですが、古山家にとっては恩人となりましたね。

鼻の利く『敏腕ディレクター・廿日市』の本領発揮で、神々しく見えるかもしれませんね♪

そして、新しい命が宿っていることがわかり、二重の喜びです。

孫の顔を見たがっていた、豊橋の光子さんも大喜びでしょう。

とはいえ、大役を控えている音ちゃんに、妊娠は大きな壁になりますよね。

周囲は母子の健康を心配しますが、音ちゃんにとっては「腫れ物扱い」と感じるのではないでしょうか。

すべてを投げ打ってプロ歌手の人生を歩む環さんの言葉は、音ちゃんにどのように響くのか?

音ちゃんと裕一くんは、大きな決断をすることになりそうです・・・

◆藤丸役の井上希美さんは恋愛禁止ってホントなの?!▶

◆初孫を喜ぶ光子役・薬師丸ひろ子さんの元夫は破天荒ミュージシャン!▶

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク