「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ10週49話|音が妊娠!出産も舞台も諦めない音に周囲の反応は?

エール ネタバレ10週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月4日(木)放送
エール第10週テーマ
「響き合う夢」

【エールネタバレ10週49話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

古山家にて・・・ 

「ええ~っ!僕・・・父親になんの!」

音の妊娠を知った裕一は、興奮が隠せません。

エール キャスト 裕一

しかし、はたと気付くと「学校は?」と、音に問います。

音は、子育てのために、いずれは退学すると言います。

それでも『椿姫』のヴィオレッタ役だけは、絶対に成し遂げたいと意気込むのでした。

母になることも、歌手になる夢も、両方叶えるという音を裕一は応援することにしました。

「でも、絶対無理だけはしないで!」

裕一は、音に何度も念を押すのでした。

音楽学校にて・・・ 

『椿姫』の稽古終了後、音は演出の黒崎に妊娠を報告しました。

驚いた黒崎は、一緒に出来なくなるのは残念だと言いながらも、「めでたいことだしな…」と納得します。

しかし、音は生まれるのは先で体調も問題ないから、舞台を続けるというのでした。

そして、「引き続きどうぞよろしくお願いします」と音が言うと、『椿姫』に関わる誰もが戸惑いの顔を見せるのでした。

稽古後・・・ 

音は、共演する千鶴子から呼び止められました。

「やっぱりあなたは強欲ね」

千鶴子はそう言うと、皆も音に気を遣って思い切り練習ができないと口にします。

しかし、音は気を遣う必要などないと、険悪な空気をまき散らします。

公演の成功と音の体を心配する千鶴子は、「私だって・・・こんなこと言いたくないのよ」と、つらい表情を浮かべ立ち去るのでした。

古山家にて・・・ 

帰宅した音は、学校で言われたことを裕一に相談話しようとします。

しかし、裕一はおもちゃやゆりかごを買い込むなど浮かれているため、相談することができませんでした。

そこへ、新婚の姉・吟が、音の妊娠を聞きつけやって来ました。

音が記念公演を終えるまでは通学すると知った吟は、もう一人の体ではないと反対します。

「分かっとるよ!いちいちうるさい!」

姉にまで反対された音は、声を荒げ書斎にこもってしまうのでした。

音楽学校にて・・・ 

音が一人で練習をしていると、『椿姫』を監修する双浦環が顔を見せました。

環はさっそく、技術的なアドバイスをします。

エール キャスト 音

「先生だけです。普通に接して下さるのは・・・」

音は、自分のことを妊婦扱いしない環に感謝しました。

すると、環は「音には主役を全うする責任と義務がある」と、告げます。

環の言葉に反応するように、音は「舞台をしっかり務め上げてプロの歌手になりたいです!」と、意気込みました。

音の気持ちを確認した環は、「プロとは例え子どもが死にそうな時でも舞台に立つ人間のことだ」と言います。

エール キャスト 環 たまき

そして、「当然その覚悟があるのよね?」と、音を見つめました。

その言葉の重さに、音は思わず息をのむのでした・・・

古山家にて・・・ 

翌朝、音は『つわり』のため、布団を抜け出すことができませんでした。

それでも学校へ行こうとする音に、裕一は「お母さんなんだから」と諭します。

母になる事と自分の夢の狭間で、音は自分を見失っていました。

そして、この日から2週間、音はほとんど練習に参加できなくなるのでした・・・

エール キャスト 音 裕一

つづく

◆噂話が大好きな潔子と和子とは?音楽学校のキャストはコチラ▶

◆環役・柴咲コウさんの『熱愛遍歴』が華麗すぎる~▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ10週49話|感想を最終話まで!

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶

周囲の反応が辛い・・・


喜びたいけど素直に喜べない音ちゃんが辛そうでした。

そして、子どもが第一という周囲の反応も、音ちゃんの苛立ちを助長しました。

第9週44話で「強欲上等!」 と音ちゃんを励ましていた吟お姉ちゃんでさえ、 「あんた一人の体じゃない」 とたしなめるほどですものね。

仕事をしながら妊娠、出産、子育てする難しさは、朝ドラで頻繁に描かれるシチュエーションです。

記憶に新しいところでは【なつぞら】(2019年上半期)で、ヒロイン・なつ(演:広瀬すずさん)が仕事と子育ての両立に苦労していましたよね。

重みのある環さんのお言葉

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

環さんの告げた『プロの覚悟』はドキッとしました。

妊婦扱いしないことに感謝していた音ちゃんだっただけに、雷に打たれたような衝撃が走りました。

環さんが音ちゃんを特別扱いしなかったのは、プロを目指すなら覚悟がないならやめなさいって事なのでしょう。

世界的オペラ歌手として活躍する環さんは、その地位を築くまでに、多くを犠牲にしてきたに違いありません。

そんな環さんの、若き日の恋物語が第12週で描かれます。

環さんの『覚悟』の理由の一端が見られるかもしれませんので、見逃せそうにないです~♪

◆藤丸役の井上希美さんは恋愛禁止ってホントなの?!▶

◆初孫を喜ぶ光子役・薬師丸ひろ子さんの元夫は破天荒ミュージシャン!▶

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶