「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ10週50話|妊娠して声が出ない音!夫婦で決めた新たな夢とは?

エール ネタバレ10週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月5日(金)放送
エール第10週テーマ
「響き合う夢」

【エールネタバレ10週50話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

古山家にて・・・

妊娠した音は『つわり』のため、起き上がる事さえ困難でした。

音の体を心配する裕一は、音に休んでほしいと訴えます。

それでも音は、『椿姫』のプリマドンナを演じ切ると言い、学校に行こう力を振り絞ります。

しかし、この日から2週間、音は練習に出られなくなったのでした。

おでんの屋台にて・・・

鉄男の営む屋台に、裕一とプリンス久志、歌手の藤丸が集まりました。

子どもができたと無邪気に喜ぶ裕一に、藤丸は「まずは奥さんの悩みに寄り添って」と言います。

急に音の事が心配になった裕一は、急いで自宅に帰りました。

しかし、家に音はいませんでした。

音楽学校にて・・・

音を探し歩いた裕一は、音楽学校で音を見つけました。

一人で歌の稽古をする音は、思うように声が出ません。

裕一は、音を静かに抱きしめると、舞台に出るべきではないと伝えます。

「音の夢を、僕に預けでくれないか。僕がつくった曲を、いつか君が大きな舞台で歌う」

裕一の語る夢を聞いた音は、涙ながらにうなずくのでした。

音楽学校にて・・・

登校した音は、『椿姫』の降板を申し出ると『退学届け』を出しました。

音の才能を見込んでいた世界的な歌手・双浦環は残念がります。

しかし、音は力強く「私は夢を諦めたわけじゃありません」と答えるのでした。

半年後・・・

古山家に、元気で可愛い女の子が誕生したのでした・・・

◆音のモデル・古関金子さんの実話とは?家族写真がほほえましい!▶

◆音のライバル千鶴子役・小南さんの歌唱力はNYでもお墨付き?!▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ10週50話|感想を最終話まで!

◀49話 | 51話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

区切りの第50話です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿


日本を代表する作曲家・古関裕而さんと妻の金子さんをモデルした【エール】は、区切りの50話を迎えました。

全130話の予定ですので、およそ4割を消化したところになります。

ここまで音楽に出会ってから、苦難を乗り越えてプロデビューを飾り、ようやくヒット曲が出たところまで描かれてきました。

ここからは、人気作曲家として快進撃していく姿を期待したいですね♪

古山家に大きな転機

歌手になる夢が目前の音ちゃんですが、妊娠によって未来図が変わる事態になりました。

頑なに出産と舞台を両立しようとしていた音ちゃんですが、本当は両立することは無理だとわかっていたのでしょうね。

新たな夫婦の夢を実現できるようにエールを送り続けたいと思います~♪

古山家に誕生する赤ちゃんも楽しみですね!

藤丸の密かな恋心・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上希美 Nozomi Inoue(@non_inoue)がシェアした投稿


▲藤丸役の井上希美さん

芸者歌手の藤丸さんは、密かにプリンスに恋心を抱くと発表されています。

女性たちからキャーキャー言われ続けているプリンスですが、明らかに学校の女性たちとはタイプの違う藤丸さんに対してどんな風に接するのでしょうか?

じれったくて、ヤキモキするような展開になりそうな気配ですね。

プリンスに対する、藤丸さんの微妙な機微を見逃さないように目を凝らして視聴したいと思います~♪

◆藤丸役の井上希美さんとモデルの音丸さんとは?▶

◆裕一のモデル・古関裕而さんは妻への愛がハンパない~▶

◀49話 | 51話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク