「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ11週51話|愛娘は華(はな)!裕一を惑わす手紙の差出人とは?

エール ネタバレ11週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月8日(月)放送
エール第11週テーマ
「家族のうた」

【エールネタバレ11週51話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

古山家にて・・・ 

1933年(昭和8年)1月。

娘・華(はな)は、4か月を迎えていました。

エール キャスト 華 裕一

音楽学校を退学した音は、家事と育児に専念しています。

裕一は、『船頭可愛や』の大ヒットのおかげで、悠々自適な生活を送っていました。

そして、仕事そっちのけで華に夢中になる裕一に、音は呆れ果てるのでした。

喫茶・バンブーにて・・・

音に仕事をするよう促された裕一は、『バンブー』で仕事に取り掛かりました。

しかし、口を開けば娘の自慢ばかりでする裕一に、店主の保と恵もあきれ顔です。

そこに、『船頭可愛や』のファンだという、常連客の老人がやってきました。

この老人にも孫が生まれたばかりと聞き、裕一は意気投合します。

そして老人は、裕一の両親も一刻も早く孫の顔が見たいだろうと言い、「早く会わせてあげないと」と、進言するのでした。

実家を捨てて東京にきた裕一は、複雑な心境になるのでした。

古山家にて・・・ 

恩師・藤堂先生から手紙が届きました。

内容は、福島の小学校の校歌を作曲してほしいというものでした。

裕一は、嬉しさもありますが躊躇します。

エール キャスト 裕一

そんな裕一の心情を察した音は「大恩人のご依頼を断るなんて罰が当たるわ」と、背中を押します。

作曲することを決めた裕一は、音に歌わせながら校歌を書き上げたのでした。

数日後・・・ 

校歌を送ってから数日後、再び藤堂先生から手紙が届きました。

それは、『校歌完成披露会』への招待状でした。

しかし、裕一は、やはり福島に帰ることに気おくれしうつむきます。

すると、郵便物の中に母・まさからの封筒を見つけます。

エール キャスト 裕一 音

家を飛び出して以来の母からの手紙に、裕一は緊張しながらも封を開けるのでした。

校歌作曲や完成披露会の事を藤堂から聞いたまさは、「会えるのを心待ちにしています」と、綴っていました。

母の変わらぬ優しさを感じるものの、裕一は帰郷への戸惑いを隠せないのでした。

鉄男の屋台にて・・・ 

「どうしようかな・・・」

裕一は、福島へ帰る決心がつきませんでした。

エール キャスト おでんや 藤丸

歌手の藤丸と鉄男の屋台で飲んでいると、作曲家の木枯がやって来ました。

裕一は、自分と同様に故郷を捨てた木枯に、「実家に帰ることある?」と、質問してみました。

木枯は、時々、無性に母を思い出すと言って遠くを見つめます。

やがて藤丸と鉄男も、家族への想いを話し出しました。

エール キャスト こがらし 木枯

すると、里帰りで迷う裕一を茶化すように、即興で木枯が口ずさむのでした。

「♫帰りたいのに帰らない~ 男のやせ我慢~♪」

 古山家にて・・・ 

夜、庭で焚火をしながら裕一は、福島の家族との別れの場面を思い浮かべていました。

裕一を心配した音が「やっぱり福島行ってみん?」と、声を掛けます。

「どんな顔して会えばいいのか分かんないよ・・・」

悩める気持ちを打ち明けた裕一は、もう少し考えさせてほしいと口にするのでした。

数日後・・・ 

「福島のことは、このままってわけにはいかないと思う・・・」と、おもむろに裕一が言い出します。

そして、娘・華が成長した時に「父さんのふるさとは福島なんだぞって胸張って言いたい」と、想いを明かしました。

裕一は音と華を見つめると、「帰ろうか・・・」と、口にするのでした。

福島にて・・・ 

緊張した面持ちで『披露会』の会場に着いた裕一。

会場の入り口では新聞記者も待ち構えていました。

そして、恩師・藤堂先生との再会を喜んだ裕一は、音と華を紹介するのでした・・・

つづく

◆藤堂のモデル・遠藤先生は型破りな先生だった!▶

◆母・まさ役・菊池桃子さんがスーパーアイドルだったってホント?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ11週51話|感想を最終話まで!

◀50話 | 52話▶

週間ネタバレはコチラ▶

親バカぶりに唖然♪

娘の華ちゃんが生まれ、古山家の生活が一変しました。

裕一くんは、仕事は二の次で、娘を溺愛しすぎ~!。

とはいえ、おむつを替えるなど、なかなかイクメンぶりでしたね。

そんな裕一くんを見つめる音ちゃんの呆れ果てた顔も笑えました。

史実によれば、古関裕而・金子ご夫妻は3人のお子さんを授かりました。

1932年(昭和7年)1月に長女・雅子(まさこ)さん、1934年(昭和9年)7月に次女・紀子(みちこ)さん、1946年(昭和21年)7月に長男・正裕(まさひろ)さんです。

古関さんはカメラが大好きだったとのことで、お子さんたちの写真をこまめに撮影したそうです。

当時のカメラは、相当な高級品。収入も良かったのでしょうね。

帰りたいのに帰らない・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

故郷と家族を捨てて上京して二年以上の月日が経ち、都会暮らしにも慣れ、生活基盤も安定してきた裕一くん。

そんな絶好のタイミングで、藤堂先生が故郷とつなげてくれました。藤堂先生に感謝ですね。

第11週は福島を舞台に、故郷に錦を飾り、家族と向き合うことで一回り成長する裕一くんに会えそうです。

久々に登場する、福島の愉快な面々も楽しみです~♪

◆先が知りたい!第11週『家族のうた』のネタバレの先取りはコチラ▶

◆音丸役・井上希美さんが注目された『やすらぎ女優』とは?▶

◀50話 | 52話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク