「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ11週53話|弟・浩二が憎悪まる出し!三郎の身に何があった?

エール ネタバレ11週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月10日(水)放送
エール第11週テーマ
「家族のうた」

【エールネタバレ11週53話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

福島・古山家にて・・・ 

久しぶりに実家に帰った裕一。

裕一にゆかりの深い面々が集まった『凱旋祝いの宴会』は、終わりに近づいていました。

「裕一はよ、俺の才能を受け継いだんだ!」

上機嫌で客をもてなしていた父・三郎は、故郷に錦を飾った息子に目を細めるのでした。

宴会中・・・ 

皆が楽しく飲んでいる中、弟の浩二が勤務先の役場から帰ってきました。

父・三郎が一緒に飲もうと浩二を呼びます。

しかし、浩二は「また酒飲んでんのか!」と、険しい顔で父を叱り飛ばしました。

エール キャスト 浩二

その場の不穏な空気を和ませるように、「こ・・・浩二。ひ・・・久しぶり」と、裕一が声を掛けました。

すると浩二は、「よくヘラヘラと帰ってこれたな!」と裕一をにらみつけ、「たった一曲売れたぐらいで大作曲家気取りかよ!」と、憎悪の目を向けるのでした。

台所にて・・・ 

後片づけをする義母・まさを、音が手伝っていました。

まさは、裕一と浩二の子どもの頃の様子を話し、いつまでも心配ばかりだと親心をみせます。

すると音は、娘を産んでから、まさの気持ちが分かった気がすると話しました。

エール キャスト 音 まさ

そして、かつて裕一を音楽家にさせるために、まさに直談判した時のことを謝りました。

そんな音に、「あなたは正しかったのよ」とまさは微笑むと、息子の才能を信じて支えてくれたことを感謝するのでした。

「これからも裕一のことを支えてやってね!」

まさの言葉に、音は大きくうなずくのでした。

三郎の体調が気になる音は、思い切って「お義父さん、どこか悪いんじゃないですか?」とまさにたずねました。

まさは一瞬目を泳がせます。

しかし、すぐに「胃潰瘍なの」と言うと、気にするなといわんばかりに無理に笑うのでした・・・

 店にて・・・ 

誰も居なくなった真っ暗な店の中に、浩二が腰を下ろしました。

浩二は、思いつめた表情で裕一のレコードを見つめるのでした。

エール キャスト 弟 浩二

裕一の部屋にて・・・ 

裕一は、弟・浩二のことを考えていました。

すると戻って来た音が、三郎の病気のことを裕一に伝えました。

そして、音は「もう少しここに、いさせてもらえんかな?」と提案します。

エール キャスト 裕一

父の体だけでなく、浩二のことも気がかりな裕一は、しばらく滞在することを決めるのでした。

 翌朝・・・ 

「しばらくここにいっから、食費に使って」

裕一が金の入った封筒を母・まさに渡そうとしました。

ちょうどそこに顔を出した弟・浩二は、母に受け取るなと言うと、仕事に出掛けます。

慌てて浩二を追いかけた裕一は、「滞在費」だと念を押すと、「余ったら父さんにうまい酒でも飲ませてやって」と言います。

すると、浩二は「何がうまい酒だよ」と、裕一をにらみつけるのでした。

エール キャスト 弟 浩二

なぜそこまで怒るのか理解できない裕一は、「頼むから教えてくれよ!」と、浩二にすがり問います。

すると浩二は、悲しみと怒りに満ちた目で見据えると、「父さん、もう長くねえんだ。胃がんで手のほどこしようが・・・」

父の病状を知った裕一はうろたえます。

すると浩二は、「父さんの前で絶対にそんな顔をするなよ!」と、裕一に迫ります。

そして、今まで病状を必死に隠してきたと告げると、「もしバレたら、ただじゃおかねえかんな」と、鬼の形相で言い捨て出勤していきました。

エール キャスト 浩二 弟

裕一は、ただ呆然と立ち尽くすのでした・・・つづく

◆三郎役・唐沢寿明さん!結婚した当時は『超格差婚』だったってホント?▶

◆音役・二階堂ふみさん!一緒にストリートライブをするイケメンとは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ11週53話|感想を最終話まで!

◀52話 | 54話▶

週間ネタバレはコチラ▶

実は歌手だった三郎さん!?

裕一くんのことを、常に応援してきた三郎さん。

困難を乗り越え作曲家となった裕一くんの自慢が止まりませんね♪

極めつけに「こう見えても俺だって、昔は歌手か役者って言われたこともあったんだ」と語り出しました。

三郎役の唐沢寿明さんは、日本を代表する役者さんですが、なんと歌手でもありました!

◆歌手・唐沢寿明さん
・1995年・アルバム『僕にできること』
・1995年・シングル『2人のすべて』(樹木希林さんとデュエット)
・2000年・映画『トイ・ストーリー2』内で『君はともだち〜Woody Ver.〜』(未CD化)
・2008年・映画『20世紀少年』シリーズの劇中歌『Bob Lennon』(未CD化) 

親子の縁を取り持つ昌子さん!

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀内敬子(@horiuchi_keiko)がシェアした投稿

銀行グループから卒業して、藤堂先生と幸せな新婚生活を送る昌子さん。

さすが4回目の結婚となると貫禄十分ですね!

完璧なように見えていた藤堂先生も、親の前では違う顔がありました。

ぎくしゃくする藤堂親子の仲を、見事に取り持つ昌子さんに感激させられましたね♪

さて、藤堂先生のお父さんは退役軍人で、相談役として満州に行くとのことでした。

ドラマの舞台1933年(昭和8年)は、満州を巡って国際社会から非難された日本が『国際連盟』を脱退した年です。

さりげないエピソードですが、暗い戦争時代が少しずつ近づいているようで胸がざわつきます。

◆久々に登場『喜多一』店員たちはコチラ▶

◆裕一役・窪田正孝さんのバキバキ肉体美が想像できない~▶

 

◀52話 | 54話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク