「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ11週54話|病で死期が迫る父・三郎の覚悟とその願いとは?

エール ネタバレ11週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月11日(木)放送
エール第11週テーマ
「家族のうた」

【エールネタバレ11週54話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

福島・古山家にて・・・

『胃がん』が進行する父・三郎。

前夜、裕一の歓迎会で酒を飲んだため痛みで苦しんでいます。

往診に来た医師は、絶対安静で酒は厳禁だと命じました。

しかし、三郎は皆を安心させようと、陽気なそぶりを演じるのでした。

居間にて・・・ 

「手術はできないんですか?」

裕一は、診察を後えた医師にたずねました。

医師は、三郎は手の施しようがない状態で、気力だけで生きていると言います。

エール キャスト まさ 菊池桃子

そして、三郎の妻・まさに「覚悟はしておいて下さい」と、改めて伝えるのでした。

三郎の寝室にて・・・ 

父の深刻な病状に落ち込む裕一ですが、平静を装い三郎に寄り添います。

裕一が食べたいものがないかと聞くと、三郎は、久々に裕一のハーモニカが聴きたいと答えます。

そして、裕一が商業学校時代に作った曲が「なかなか良かった」と、しみじみ言います。

エール キャスト 父 三郎

裕一はハーモニカを持ってこなかったことを悔やむのでした。

養蚕農家にて・・・ 

その頃、役場の農業推進係担当の浩二は、養蚕(ようさん)農家の畠山を訪ねていました。

浩二は、見通しの暗い養蚕から、リンゴ栽培に転換することを勧めます。

「うまくいかなかったら責任取れんのか!」

エール キャスト 浩二 弟

畠山の言葉に、浩二は口ごもってしまいました。

冷たくあしらわれた浩二は、資料を置いて立ち去ろうとします。

すると畠山は、今度来る時は兄・裕一のレコードを持ってこいと言いました。

思わぬ所で兄の名を聞かされた浩二に、静かに怒りがこみ上げるのでした。

居間にて・・・ 

「すご~く・・・怖いの」

母・まさは、三郎との別れが迫る苦しい胸の内を、音に打ち明けます。

そして、今までのどうして気づけなかったのかと悔やみ、泣き出すのでした。

エール キャスト 音 二階堂ふみ

裕一の部屋にて・・・ 

裕一は、父のためにできることはないかと音に相談します。

すると、音は、義母・まさが不安で泣いていたことを明かします。

そして、気丈に振舞っているが、ずっと辛かったのだろうと思いやるのでした。

エール キャスト 裕一

裕一は、母の気持ちを知り、胸が張り裂けそうになりました。

夕方の事・・・ 

「やっぱ受け取ってくんないかな?」

裕一は、『滞在費』と称し、封筒をあらためて母・まさに渡しました。

それは、今朝、弟・浩二に突き返されたものでした。

まさが封筒を受け取ったその時、仕事を終えた浩二が帰宅しました。

エール キャスト 弟 浩二  兄 裕一

「また母さんに擦り寄ってたのか!」

浩二は、再び封筒を裕一に突き返すと、「兄さんの助けはいらねえ!」と、怒りをにじませます。

すると、裕一は、このままほっといたら三郎は大変なことになると心配します。

しかし、浩二は今まで必死に金を工面しながら、大病院でも診てもらい、手を尽くしてきたと告げます。

エール キャスト 浩二

「いっつも自分の感情ばっかで動きやがって!」と裕一を突き飛ばすと、「兄さんはな・・・、もうとっくに家族じゃねえんだよ!」と、あらん限りの怒りをぶつけるのでした。

そんな険悪な空気の中、父・三郎が顔を出しました。

三郎は、「大事な話がある!」と言って、裕一を連れ出すのでした。

神社にて・・・ 

「裕一、俺はもうだめだ・・・」

三郎は、自分の命が残り少ないことに気付いていたのです。

必死にごまかす裕一に、「承諾してもらいてえことがあんだ・・・」と三郎は語り始めるのでした・・・

エール キャスト 父 三郎 

つづく

◆父・三郎のモデル・古関三郎次さんの実話はコチラから▶

◆裕一のモデル・古関裕而さんは本名なの?幼少からの世界観がスゴイ!▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ11週54話|感想を最終話まで!

◀53話 | 55話▶

週間ネタバレはコチラ▶

マキタスポーツさんが登場!

 

この投稿をInstagramで見る

 

マキタスポーツ(@makisupo)がシェアした投稿

養蚕農家役で登場の『マキタスポーツ』さんは、現在51歳で山梨県出身。

所属事務所は、2018年に『オフィス北野』から『ワタナベエンターテインメント』に移籍しました。

独特すぎる芸名の由来は、スポーツ用品を販売していたご実家の店名です。

ちなみに本名は、槙田雄司(まきた ゆうじ)さん。

存在感のある名バイプレーヤーとして人気のマキタスポーツさんですが、元々はお笑い芸人で、ミュージシャンの『ものまね』は鉄板ネタです。

そして「ネタのできるミュージシャン」として、ロックバンド『マキタ学級』を率いるなどマルチに活躍しています。

マキタスポーツさんは、明日55話にも登場しますのでどうぞお楽しみに♪

福島は、全国5位のリンゴ産地

役場に勤める浩二くんが養蚕農家に勧めたりんご栽培。

福島県は、桃をはじめ果物の産地としても有名ですよね。

りんごは全国5位の収穫量を誇っています(1位から青森、長野、岩手、山形、福島の順)。

青森県や長野県に比べて、温暖な福島県はりんごの開花時期が早いのがメリットです。

そのため、完熟させる期間が長くとれるため、『じっくり完熟』していることが特徴と言われています。

そもそも、福島の養蚕農家がりんご栽培を始めた理由の一つに、1929年(昭和4年)の米国発の世界恐慌が原因にあります。

米国向けに輸出する『生糸』が60%以上も大暴落してしまい、日本中の養蚕農家が大打撃を受けました。

そのため、日本各地で養蚕に代わるものという動きが広がったそうです。

◆母・まさのモデル・古関ヒサさんは超お嬢様だった!▶

◀53話 | 55話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク