「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ12週58話|保と恵を結び付けた恋のキューピットに驚愕!?

エール ネタバレ12週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月17日(水)放送
エール第12週テーマ
「アナザーストーリー/古本屋の恋」

【エールネタバレ12週58話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

喫茶・バンブーにて・・・ 

ある日の事。

裕一は、店主の保に店名『バンブー』の由来を聞きました。

エール キャスト 12週 バンブー

すると、保の妻・恵が「この人、昔、古本屋の店主だったの・・・」と過去を話し始めるのでした。

10年前の神田・・・

その頃、保は亡き両親の跡を継いて神田で古本屋を営んでいました。

人づきあいが苦手な保は、外に出ることもなく店にこもっていました。

そんな保を、常連客の木下は心配します。

エール キャスト 12週 古本屋

恵との出会い・・・

ある日、珍しく若い女性客がやって来ました。

保と女性客は『夏目漱石』がきっかけで会話が弾みます。

女性客は、二宮恵(にのみやめぐみ)と名乗り、その日以来、毎週木曜に来店するようになりました。

エール キャスト 12週 恵

木曜日を心待ちにする保を、常連客の木下は「恋する男はけなげだねえ」と優しく見守るのでした。

三か月後・・・

「ここにいると気持ちが落ち着きます」

いつものように来店した恵は、そう言い残して帰って行きました。

店の影から二人の様子を見ていた木下は「いい子だな、どうなの?」と、保の気持ちを確かめます。

しかし、保は「僕は一人で十分満足・・・」と意地を張るのでした。

その日、木下は親戚の少年と一緒でした。

「こんにちは、佐藤久志です」

大人びた口調で挨拶した少年は、恵が保を恋愛対象として見ている今、早く告白をしたほうがいいとアドバイスするのでした。

エール キャスト 12週 少年久志

・・・ここまでの話を聞いた裕一は、その少年の特徴を確認すると、それはここにも来る佐藤久志だと指摘しました。

「あーっ!」保と恵は驚きます。

久志は、裕一や音よりもずっと早く、保と恵に出会っていたのです。

すると保は「彼が恋のキューピットなんだ」と微笑むのでした。

エール キャスト 12週 保

保の古本屋にて・・・ 

再び、十年前・・・

「すべては行動です!」

少年・久志は保の背中を押しますが、動き出す気配がありません。

木下が呆れると、保は、簡単に人は変われないと言い訳をします。

すると、久志は、恵の左手薬指に指輪があったと言い出します。

当時の日本には婚約指輪の慣習はありませんでした。

久志は、恐らく恵は外国人男性から求婚されていると指摘します。

「彼女、このまま月に行ってしまいますよ」

久志はそう言うと、行動するなら今しかないと再び背中を押しました。

エール キャスト 12週 久志 保

それでも、保は理由をつけて躊躇します。

そんな保に、久志は、たとえうまくいかなくても行動すれば「あなたは変わります!」と、悟り人のように明言するのでした。

さらに久志は、自分も色々あったが「僕は行動しました!」と過去をにおわせます。

すると保は意を決したように、「月からかぐや姫を奪ってきます!」と言い残すと、店を飛び出すのでした。

エール キャスト 12週 保

バンブーにて・・・ 

「ぼ・・・ぼ・・・僕と結婚して下さ~い!」

恵は、保のプロポーズの一部始終を明かしました。

そして、薬指の指輪はファッションで、外国人男性はただの友達だったと付け加えます。

エール キャスト 12週 バンブー 喫茶店

保は、『バンブー』の店名はふたりのエピソード・『かぐや姫』からだと言い、その由来を明かしました。

「へぇ~久志さんってすご~い!」

音と裕一が感激していると、何も知らない恋のキューピット・久志が店に入ってきたのでした・・・

エール キャスト 12週 久志

古本屋の恋・おわり

◆久志役・山崎育三郎さんのプロフ!留学先で受けた試練とは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ12週58話|感想を最終話まで!

◀57話 | 59話▶

週間ネタバレはコチラ▶

キューピットはチビ久志!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

『バンブー』夫妻のなれ初めをめぐり、衝撃な事実が明らかに!

蝶ネクタイの大人口調の久志少年が、『バンブー』誕生に大きく関わっていたとは驚きでしたね。

久志少年は、東京から福島に引っ越してきた経歴があります。

今回のエピソードは、東京に住んでいた頃の出来事なのでしょうね。

久志少年の力強い言葉の数々は、視聴していた私もウンウンうなずいてしまう説得力がありました♪

ところで、久志少年が過去をにおわせていましたが、とても気になるところです。

もしかすると、第13週『スター発掘オーディション』で過去が明かされるのかも・・・

エンディングに後光を背負って登場したプリンスは、キューピットだったことを覚えているのか気になるところですね♪

アメージングな井上順さん♪

久志少年のおじさんで、ダンディな木下さん役を演じたのは、タレントの井上 順(いのうえ じゅん)さんです!

井上さんは1947年(昭和22年)2月21日生まれで、現在73歳。

東京都渋谷区出身で、所属事務所は『オー・エンタープライズ』。同事務所には歌手の稲垣潤一さんなどが所属しています。

井上さんの朝ドラ出演は2作目で、【ファイト】(2005年上半期)今岡篤役以来の出演となりました。

ドラマに井上さんが登場すると、『Yahoo!リアルタイム検索ランキング』で1位になるなど注目を集めました。

なんと井上さんは、【エール】のモデルで作曲家・古関裕而さんとお会いしたことあるそうです。

井上さんがボーカルを務めた人気グループ・サウンズ バンド『ザ・スパイダース』を解散した後に、古関さんからをエールを贈られたのだとか。

素敵なエピソードですね♪

◆どこまで事実?話題沸騰の『バンブー恵劇場』をチェックする▶

◀57話 | 59話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク