「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ13週61話|プロ志望の久志!酒場で流しの歌手になるワケとは?

エール ネタバレ13週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月22日(月)放送
エール第13週テーマ
「スター発掘オーディション!」

【エールネタバレ13週61話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

1936年(昭和11年) 

『コロンブスレコード』と契約して5年。

裕一は、ご当地ソングや野球の球団歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送っていました。

エール キャスト 13週 61話

裕一を支える音は、4歳になったやんちゃ盛りの娘・華に手を焼きながら、幸せな日々を過ごしているのでした。

コロンブスレコードにて

その頃会社は、社運を賭けたある計画をしていました。

それは、合格したら即レコードデビューできる、『コロンブス専属歌手』のオーディションです。

ディレクターの廿日市は、合格者のデビュー曲を裕一に任せると言います。

エール キャスト 13週 61話 廿日市

そして、「ヒット曲、よろしく!」と、裕一にプレッシャーをかけるのでした。

鉄男の屋台にて・・・ 

裕一が店主・鉄男を相手に愚痴をこぼしていると、久志が機嫌悪そうにやって来ました。

久志の怒りの原因は、音楽学校時代の後輩が『帝都劇場』でオペラ公演を行うことが決まり、先を越されたことにありました。

エール キャスト 13週 61話 久志

「だったらおまえもプロになれよ!」鉄男が、久志に喝を入れました。

4年前に音楽学校を卒業した久志は、「スカウトが来りゃ、即プロデビューさ!」と自信満々に夢を語っていました。

しかし、久志はプリンスのプライドのまま、自ら一切売り込みをしませんでした。

そして4年、今は自分を誘ってこない世の中が間違っているとまで言い出す始末です。

その時、裕一がひらめきました。

エール キャスト 13週 61話

裕一は、久志にオーディションを受けることを勧めます。

しかし、久志は、目指すのはオペラで、『流行歌』は嫌だと話を聞こうとしません。

すると裕一は、流行歌がいかに大衆の心をつかむか、身に染みてよくわかったと語り、「久志にも体験してほしいな~」と、誘うのでした。

夜の酒場にて・・・ 

くすぶる久志を何とかしたい裕一と鉄男は、思い切った行動に出ました。

久志を『流しの歌手』に仕立て上げ、夜の酒場を回ることにしたのです。

鉄男がギターで伴奏し、裕一が場を盛り上げ役です。

エール キャスト 13週 61話

そして、裕一のヒット曲『船頭可愛や』を久志が歌うと、お客から拍手喝采を浴びるのでした。

その中で、ある親子が「グッときた、明日も頑張れるよ」と涙ぐみながら感謝し、一銭玉を久志に渡しました。

その金を握りしめた久志は、神妙な顔つきになるのでした。

エール キャスト 13週 61話 久志

古山家にて・・・ 

流しを終えた三人は、大量に集まった小銭を自慢しながら音に報告しました。

「僕が本気を出せばそんなもんさ」久志はクールさを装います。

そんな久志に、鉄男は親子からもらった一銭玉を、大事にしまっていたことを指摘しました。

すると、しんみり考え込んでいた久志が口を開きました。

エール キャスト 13週 61話 久志

「分かったオーディション受けてあげるよ!」

そして、久志は、日本中が自分の歌にとりこになっている姿が見えると言いだします。

すると、鉄男が続くように、あの詩が素敵だと言う声が聞こえると続けます。

さらに、裕一まで「あのメロディー何回でも聞きたくなるな~」と遠くを見つめます。

そして三人は、福島三羽ガラスで売り出す夢を誓い合うのでした。

エール キャスト 13週 61話

書斎にて・・・ 

裕一は、久志の合格を願いながら、新人歌手のデビュー曲を作り始めました。

すると、音が「久志さんって昔から歌が好きだったの?」と聞きました。

そう言えばと、久志の過去を知らない裕一は考え込むのでした・・・

エール キャスト 13週 61話 裕一

つづく

◆久志のモデル・伊藤久男さんもイケメンだった!画像はこちら▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ13週61話|感想を最終話まで!

◀60話 | 62話▶

週間ネタバレはコチラ▶

ミスタータイガース・掛布さん!

ドラマ冒頭から、ネット上でもざわつくゲストが登場しました。

ミスタータイガースこと掛布雅之(かけふまさゆき)さんです。

掛布さんが演じたのは、阪神タイガースの前身『大阪タイガース』の幹部・掛田寅男(かけだとらお)で、現在でも愛される応援歌『大阪タイガースの歌(六甲おろし)』を依頼した人物でした。

なんと、掛布さんの朝ドラ出演は2作目で、前回は『ふたりっ子』(1996年下半期)にて本人役で出演しています。

ちなみに、裕一くんのモデルの古関裕而さんは、1936年(昭和11年)に同曲を作曲し、3年後の1939年にはタイガースの宿敵・ジャイアンツの応援歌『野球の王者』を作曲。

また、戦後の1950年(昭和25年)には『ドラゴンズの歌(青雲たかく)』(歌は久志のモデル・伊藤久男さん)を提供しています。

そして、1939年(昭和38年)には、現在のジャイアンツ応援歌『闘魂こめて』を作曲しました。

敵味方問わずオファーがくるほど、「応援歌といえば古関裕而」を表す象徴的なエピソードの一つですね♪

千遥を演じた乃愛ちゃんが華役!

 

この投稿をInstagramで見る

 

セントラル株式会社(@central_official_)がシェアした投稿

4歳になった華ちゃんを演じるのは、人気子役の田中乃愛(たなかのあ)ちゃんです。

乃愛ちゃんは、2013年(平成25年)7月9日生まれで、2020年に7歳。

出身は東京都で、所属事務所は『セントラル』です。

同事務所には俳優・渡辺裕之さん、タレント・山田まりやさんらが在籍しています。

朝ドラ出演は【とと姉ちゃん(スピンオフ編】(2016年)、【半分、青い。】(2018年上半期)、【なつぞら】(2019年度上半期)に出演し【エール】が4作目となります。

【なつぞら】では、ヒロインの妹で物語の行方を左右する重要キャラクター・千遥の幼少期を演じました。

【なつぞら】で千遥の幼少期を好演

朝ドラに出演するたびに、成長を感じさせてくれますよね。

なお、乃愛ちゃんは、現在放送中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』 の重要キャラ・駒の幼少期も演じました。

今後が楽しみの子役の一人ですよね♪

さて、第13週はプリンス久志が主役の一週間です!

くすぶり続ける久志くんが、チャンスをつかめるように応援したいと思います~♪

◆プリンス久志役・山崎育三郎さんの親友たちもイケメン揃い!▶

◀60話 | 62話▶

週間ネタバレはコチラ▶