「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ13週64話|新人歌手を巡る激しい戦い!栄冠は誰に輝いたの?

エール ネタバレ13週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年6月25日(木)放送
エール第13週テーマ
「スター発掘オーディション!」

【エールネタバレ13週64話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

コロンブスレコードにて

『専属新人歌手オーディション』に応募した久志と御手洗は、無事に書類審査を通過。

久志の合格を願う裕一は、情報収集を兼ねディレクターの廿日市を訪ねました。

すると、廿日市は「真価が問われるのは歌だ!」と言い、すごい大型新人が出場すると明かします。

大型新人・寅田熊次郎(とらだくまじろう)の履歴書を見た裕一は慌てふためきます。

熊次郎は『帝都ラジオ』の会長の息子で、海外に音楽留学までしていたのでした。

『バンブー』にて・・・ 

「よくご決断されましたね?」

御手洗を応援している音は、声楽コーチのキャリアを捨ててまでオーディションに臨む心境をたずねました。

すると、御手洗は三年前に母が亡くなり、父も後を追うよう亡くなったと打ち明けます。

そして、「人間なんていつどうなるか分からない。もう、後悔はしたくないわ」と、並々ならぬ決意を語ります。

「人生、一度きりだものね」

御手洗の一言に、音は深くうなづくのでした。

裕一の書斎にて・・・ 

裕一は、久志にオーディションで歌う曲の譜面を渡しました。

その曲は、裕一が調査に基づいて「絶対大丈夫」だと自信を込める曲で、歌い方についても細かく指示が書き込んでありました。

「あとはおめえ次第だ!」と、鉄男も久志の背中を押すのでした。

コロンブスレコードにて

最終オーディション当日。

裕一と歌手・藤丸が審査員たちの後ろで見守る中、厳しい審査が始まりました。

だた一人の合格者の座を巡り、熊次郎をはじめ、プロ顔負けの歌唱力を持つ実力者が次々と登場します。

久志は、木枯が作曲した『丘を越えて』を軽やかに歌い出します。

ミスなく無事に歌い終えた久志に、裕一と藤丸はガッツポーズを送りました。

そして、御手洗は裕一と藤丸の曲『船頭可愛や』を見事に歌い上げるのでした。

『バンブー』にて・・・ 

落ち着かない様子の鉄男が皆の帰りを待っていました。

やがて帰った久志と裕一。

心配する鉄男に、久志は「僕に決まってるだろう、楽勝さ!」と、いつものようにクールに報告しました。

そこに、音と娘の華、そして御手洗が入って来ました。

ライバル同士の久志と御手洗は、挨拶すら交わしません。

御手洗は、審査は恐らく自分か久志で割れるだろうと言います。

すると、裕一は、他にも強者ぞろいだったと感想を口にしました。

それでも、久志と御手洗は強気な態度を崩さず、合格したら互いを雇ってやると言い火花を散らすのでした。

審査・役員会議にて 

「彼以外、考えられんでしょう」

役員たちの全会一致で合格者が決まりかけました。

すると、厳しい顔の廿日市が「ちょっと待って下さい」と立ち上がります。

廿日市が異議を唱えますが、役員の総意で合格者は決まってしまうのでした。

翌朝の古山家にて・・・

家の前で新聞配達員を待ちかまえる裕一と音。

ふたりは、届いた新聞を祈るように開くのでした・・・

つづく

◆音役・二階堂ふみさんと『共演NG』の人気女優とは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ13週64話|感想を最終話まで!

◀63話 | 65話▶

週間ネタバレはコチラ▶

イケメン熊次郎はジュノンボーイ!

『東京ラプソディ』を歌った熊次郎は、経歴も申し分のない上、お父さんの存在もあり強敵ですね。

熊次郎を演じたのは、【エール】で俳優デビューとなる坪根悠仁(つぼねゆうと)さんです。

坪根さんは、2000年3月16日生まれで福岡県出身。所属事務所は『エイベックスマネジメント』です。

女性向け月刊芸能雑誌『JUNON』主催の美男子コンテスト『第31回(2018年)ジュノン・スーパーボーイコンテスト』でフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をダブルで受賞した期待の逸材!

同賞は数多くのイケメン俳優を生み出してきた賞で、朝ドラにも多くに出身者が出演しています。

【エール】の鉄男役・中村蒼さんも2005年大会のグランプリです。

さらに、小池徹平さん(あまちゃん)、溝端淳平さん(スカーレット)、菅田将暉さん(ごちそうさん、まんぷく)、犬飼貴丈さん(なつぞら)などがいます。

坪根さんは、中学からバンド活動を行っていて、専門学校で1年間に渡ってボーカル講座を受けていた経験があるそうです。

坪根さんの今後に注目ですね♪

くせ者ぞろいの参加者たち!

前述の熊次郎役の坪根さん以外にも、オーディションに個性的な顔触れがそろいましたね。

廿日市さんがあぜんとした駅員の岡島敦役は、演歌歌手で俳優の徳永ゆうき(とくなが)さんです。

『鉄道唱歌』を歌いながら車内アナウンスを披露した徳永さんは、『鉄道オタク』としても有名人です。

そして、『東京行進曲』を歌った73歳の林喜一を演じたのは、宮路オサム(みやじ)さんです。

宮路さんがメインボーカルを務めた『殿さまキングス』は、累計売上250万枚以上の『なみだの操』(1973年)などが有名です。

また、『ソーラン節』を三味線を弾きながら歌った水川ながし役は、『日本コロムビア』の歌手・彩青(りゅうせい)さんでした。

彩青さんは、歌、三味線、尺八をこなす方で、2019年の『日本レコード大賞・新人賞』を受賞するなど期待を集める方です。

さらに、ベテラン俳優の小倉一郎(おぐらいちろう)さんが専務役で出演!

小倉さんは、【おていちゃん】(1978年)、【とと姉ちゃん】(2016年)に続いて、朝ドラ3作目の出演でした。

さて、栄冠は誰に輝くのか明日が楽しみですね♪

◆裕一役・窪田正孝さん!朝ドラヒロインだった元カノとは?▶

◀63話 | 65話▶

週間ネタバレはコチラ▶