「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ14週66話|弟子の名は田ノ上五郎!そしてかわいい居候とは?

エール ネタバレ14週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
放送未定
エール第14週テーマ
「弟子の恋」

【エールネタバレ14週66話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

古山家にて・・・

「僕を、弟子にしてくれねぇでしょうか!」

突然、裕一に弟子入りを申し出た青年は、田ノ上五郎(たのうえごろう)と名乗りました。

五郎は、13歳の時から茨城県水戸の雑穀問屋で丁稚奉公をしながら、裕一と同じように独学で音楽の勉強を続けてきたと訴えます。

困惑する裕一は、弟子は取る気はないと断り、奉公先に戻れと言いました。

しかし、五郎は引き下がりません。

五郎は、逃げ出してきた奉公先には今さら帰れないと言います。

さらに、家族は離散しているためどこにも行く宛てはないと必死です。

「五郎くん、君を弟子にする!」

根負けした裕一は、五郎を弟子入りさせることにしたのでした。

その後・・・

「お願い、居候させて!」

なんと、豊橋から音の妹・梅がやって来たのです。

幼い頃から作家志望だった梅は、文芸誌の『新人賞』を受賞していました。

今後は、東京で本格的に作家活動をすると意気込んでいます。

五郎に続き、梅も居候することになりました。

裕一と音は、頭を抱え込むのでした・・・

◆音の妹・梅役・森七菜さんを見初めた名監督とは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ14週66話|感想を最終話まで!

◀65話 | 67話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

梅ちゃんも上京!

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

第14週『弟子の恋』は、古山家に居候することになった若い二人の恋物語。

裕一くん、音ちゃん、華ちゃんの古山家3人も出演しますが、メインとなるの作家となった音ちゃんの妹・梅ちゃんです。

梅ちゃんは、第12週57話でお父さんに悩みを打ち明けました。

そして、全てのことを斜めから見ていたことを反省し、これからはまっすぐ生きると約束しましたよね。

関内家の要というべきしっかり者の梅ちゃんの、新しい生き方に注目です。

そして、東京に集結した関内3姉妹のぶっちゃけトークにも期待ですね♪

さて、気になるのが新キャラの田ノ上五郎くんです。

奉公先を逃げ出してまで作曲家になりたいということで、意気込みは相当なものでしょう。

ところで、弟子入り先はなぜ裕一くんなのでしょうね。

引く手あまたのヒットメーカーとなった木枯くんの方がよいのでは・・・と頭をよぎります♪

なお、五郎役のキャストはまだ発表されていません。

キャストが発表になりましたらご案内させていただきます。

五郎役は岡部大!【6月25日追記】

田ノ上五郎を演じるのは、お笑いトリオ『ハナコ』の岡部大(おかべだい)さんです。

岡部さんは1989年(平成元年)5月30日生まれで、現在31歳。

秋田県出身で、所属は『ワタナベエンターテインメント』です。

岡部さんがリーダーを務める『ハナコ』は、『キングオブコント2018』のチャンピオン!

最も勢いにのるお笑いグループの一つとして注目を浴びています。

演技にも定評のある岡部さんに期待させていただきます~♪

◆音のモデル・金子さんは7人兄妹!子どもの時のニックネームとは?▶

◀65話 | 67話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク