「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ14週67話|梅が五郎に激怒!梅の前に現れた因縁の相手とは?

エール ネタバレ14週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年9月15日(火)放送
エール第14週テーマ
「弟子がやって来た!」

【エールネタバレ14週67話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

書斎にて・・・ 

裕一に弟子入りした田ノ上五郎。

尊敬する裕一の、作曲作業を間近で見ることができて感激しています。

五郎が作曲のコツを裕一にたずねると、「頭じゃなくて、心で感じること」と裕一はアドバイスするのでした。

しかし、裕一を真似て『心で作曲』を試みる五郎ですが、まったくうまくいかないのでした。

廊下にて・・・ 

夕食前にお饅頭を食べようとする華を、音がとがめているところに、妹・梅が帰ってきました。

音に頼まれた梅が華を諭していると、弟子の五郎が現れました。

梅には抵抗していた華でしたが、五郎のユーモアで笑顔に戻ると饅頭を返すのでした。

その成り行きを見ていた梅は、五郎に何かを感じるのでした・・・

しかし、五郎が親切心から子供のあやし方を梅に話し出すと、「私は子守じゃないから」と、梅はいらだちます。

さらに追い打ちをかけるように、今の梅は子どもが怖がる顔だと五郎は指摘してしまいます。

すると梅は、「もともと、こういう顔です!!」と、いつに無く感情的に五郎に当たるのでした。

そして、怒りが収まらない梅は、台所の音に不満をぶつけます。

「あいつ何なの?本当、失礼しとる!」

梅の部屋にて・・・ 

作家になった梅は、2作目の締め切りが一か月後に迫っていました。

しかし、五郎の言動が気に障って執筆は進みません。

すると、五郎と華が楽しげに叫ぶ声が聞こえ、梅の苛立ちは最高潮に達します。

そして、階段を駆け下りると五郎に向って叫ぶのでした。

「うるさ~い!!!」

梅の怒鳴り声が響くと、華はすっかり泣き出してしまうのでした。

鉄男の屋台にて・・・ 

梅と五郎の仲を心配する裕一と音。

お互いの理解を深めるためにと、鉄男の屋台で五郎と梅の歓迎会を開きました。

五郎の隣に座らせられた梅ですが、すぐに離れた席に移ってしまいます。

そこに、久志がやって来ました。

裕一は、久志が二人の仲を取り持ってくれると期待して呼んでいたのです。

しかし・・・

久志は梅にウインクを何度も送りますが、梅は全く興味を示さないのでした。

久志はそんな梅に、逆に関心を持ってしまうのでした・・・

授賞式会場にて・・・ 

文芸雑誌『文芸ノ友・新人賞』の授賞式に出席した梅。

すると、梅の前に、かつて文学を教えてあげた幼なじみの結(ゆい)があらわれました。

結のペンネームは幸文子(みゆきあやこ)で、梅よりも先に新人賞を獲得し人気作家となっていました。

梅にお祝いの花束を渡した文子ですが、対抗心をむき出します。

「この場所を譲るつもりはないから!」

人気作家の文子ですが最近は落ち目でした。

そのため、梅が脚光を浴びることに危機感を持っていたのです。

事情を知らない梅は、幼なじみの心無い言葉に困惑します。

さらに、写真撮影されることを梅が躊躇すると、出版社の役員に「容姿が良いことも売りの一つ」だと笑われてしまいました。

憧れていた文学の世界に違和感を覚えた梅は、会場から出ようとします。

しかし、下駄の鼻緒が切れて転んでしまい、無様な格好を文子に笑われてしまいました。

その時です。

カメラマンとして同行していた五郎が、文子に声を上げました。

「笑うな!」

梅は五郎の声に驚きながらも、すぐに会場から逃げ出したのでした。

レストランにて・・・ 

久志からデートに誘われた梅は、新人賞のお祝いをプレゼントされました。

積極的に迫ってくる久志に、戸惑いを隠せない梅なのでした・・・

つづく

◆枠に収まらない自由な家族・関内家のメンバーとは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ14週67話|感想を最終話まで!

◀66話 | 68話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

プリンスのウインクが炸裂?

必殺のウインク責めが全く効かなかった梅ちゃんに、逆に心引かれてしまったモテ男のプリンス久志。

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

プリンスのウインクは、音楽学校の女生徒たちを片っ端からメロメロにしてしまうほど絶大な効果があります。

音ちゃんは、ウインクの危険性をプリンスに注意していましたが、まさか妹が標的になるとは思ってもいないですよね。

梅ちゃんは、プリンスのウインクにどんな反応を示すのか気になります~♪

梅ちゃんのライバルとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿


処女作で新人賞を受賞したことがキッカケとなり、上京してきた梅ちゃん。

そんな梅ちゃんにライバル出現です。

新人賞の授賞式で再会する幼なじみの結ちゃん(幸文子)は、作家となった梅ちゃんに色々な意味で刺激を与えそうですね。

結ちゃんは、梅ちゃんと同い年で、子供の時に文学を教えてあげた子です。

人付き合いの苦手な梅ちゃんにとって、結ちゃんは唯一の友達でした。

文学のことを一から梅ちゃんに教わった結ちゃんは、メキメキと力をつけたのでしょうね。

その努力のかいがあって、16歳の時に初めて応募した雑誌『文藝ノ友』でいきなり新人賞を受賞しました(受賞作品は『目覚めてゐた夢』)

文壇に彗星のように現れた新星といったところでしょうか。

再開した幼なじみ二人の再会はいかに・・・

◆エールを彩る個性豊かなキャラクターはコチラ▶

◀66話 | 68話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク