おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ15週71話|『露営の歌』が大ヒット!ひょうたんから駒が出た?

エール ネタバレ15週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年9月21日(月)放送
エール第15週テーマ
「先生のうた」

【エールネタバレ15週71話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

1937年(昭和12年)

日中戦争が勃発し、日本は戦時下に入りました。

エールネタバレ15週71話 裕一の思い

戦時下とはいえ国民生活への影響はわずかで、裕一たち家族は以前と変わらない暮らしをしていました。

それでも、出征する兵士を送り出す風景を目にすると、裕一の心はざわつくのでした。

古山家の居間にて・・・ 

裕一は、ふと手にした新聞記事に目が留まりました。

それは、出征する兵士たちのために書かれた『露営の歌(ろえいのうた)』という歌詞でした。

裕一は、家族を残して戦争に行く兵士や送り出す家族のことを想像して胸が痛みます。

すると、突然メロディーが降り注いできました。

エールネタバレ15週71話 裕一 作曲

裕一は、あっという間に『露営の歌』を完成させたのでした。

コロンブスレコードにて 

ディレクター・廿日市は、苛立っていました。

原因は、大至急で取り組むべき歌の作曲家が決まらないことでした。

するとそこに、裕一がやって来ました。

「あっ!もう君でいいや!」

廿日市は、渡りに船とばかりに裕一へ歌詞を渡します。

一方で裕一は、歌詞のタイトルが『露営の歌』だったため目を丸くします。

そして、自宅で書いてきた楽譜をカバンから取り出し、廿日市に見せるのでした。

『露営の歌』が出来ていたため驚く廿日市に、裕一は経緯を説明しました。

裕一の心構えを褒めた廿日市でしたが、明るい曲調でないため二の足を踏みます。

すると、音楽的なセンスのある秘書・杉山が良い曲だと採用を勧めました。

考えこんだ廿日市は、「まあ、B面だしな・・・」と採用を決めたのでした。

作曲家が決まり、残りは歌手を決めねばなりません。

杉山が研究生の久志の名を挙げると、裕一もここぞとばかり頼み込みました。

すると廿日市は、またもB面だからと納得するのでした。

廿日市からは期待されていなかった『露営の歌』でしたが、発売されると空前の大ヒット記録します。

人々の心を捉えた同曲は、戦地に赴く兵士を見送る歌として、日本中で歌われるようになるのでした。

古山家にて・・・ 

めずらしく、廿日市が古山家を訪ねて来ました。

しかも、満面の笑顔を浮かべ、手土産まで持参しています。

「実は先生・・・なんと50万枚突破です!」

廿日市は、大ヒットする『露営の歌』の売れ行きを嬉しそうに報告しました。

エールネタバレ15週71話 廿日市

機嫌の良い廿日市は、これまで裕一の才能を信じ続けてきたことや、久志を抜擢したことを自画自賛します。

一方、嫌味や皮肉を言われ続けてきた裕一は、廿日市の手の平返しに苦笑いするしかありませんでした。

1938年(昭和13年) 

裕一は、『露営の歌』の大ヒットを記念して、音と華にオルガンをプレゼントしました。

エールネタバレ15週71話 オルガンが来た

音と華は感激します。

華を出産してから音楽と離れていた音は、生き生きとした表情でオルガンを弾き続けました。

やがて、音は『音楽教室』を開くことを思いつくのでした。

鉄男の屋台にて・・・ 

『露営の歌』の大ヒットですっかり売れっ子になった裕一と久志。

一方、2人に比べて、なかなか結果が出ない鉄男は、ため息をつきました。

エールネタバレ15週71話 裕一と鉄男

そんな鉄男を、裕一はいつか花開くと励ますのでした。

古山家の玄関にて・・・ 

ある日の事。

音の姉・吟と、夫で軍人の智彦が訪ねてきました。

裕一と音と華が2人を出迎えると、神妙な顔つきの智彦が丁寧に挨拶します。

「本日は古山さんにお話があって参りました!」

裕一と音はただならぬ雰囲気を感じるのでした・・・

つづく

◆エールのモデル・古関裕而さんは戦争時代のヒット作は?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ15週71話|感想を最終話まで!

◀70話 | 72話▶

週間ネタバレはコチラ▶

大ヒットで一躍人気作家へ!

第15週は戦争時代を背景にドラマが進みます。


71話でクローズアップされたのは、戦時中の大ヒット曲『露営の歌(ろえいのうた)』です。

この曲の大ヒットで、裕一くんは人気作曲家の仲間入りを果たしました。

廿日市さんの態度が激変したことで、裕一くんの立場が変わったことがよく分かりますよね。

史実によれば、『露営の歌』は毎日新聞社が戦意高揚のため公募したもので、作詞したのは当時、京都市役所に勤務していた籔内喜一郎さんという方です。

裕一くんのモデルの古関裕而さんは、当時、満州旅行からの帰りの汽車の中で読んでいた新聞で歌詞を目にしたそうです。

電車内で時間をもてあましていたので、すぐに作曲したとか。

驚くことに、東京に戻った古関さんに、レコード会社から『露営の歌』の作曲依頼が舞い込みます。

すると古関さんは「もうできていますよ」と楽譜を差し出したエピソードが残っています。

古関さんもレコード会社の人も、さぞかし驚いたことでしょうね。

なお、同曲はB面扱いで、レコードタイトルのA面は『進軍の歌』でした。

しかし、A面以上に人気が出たそうで、当時では異例の60万枚以上の大ヒットを記録します。

ちなみに『露営の歌』を吹き込んだ歌手は、プリンス久志のモデル・伊藤久男さんなど5名でした(中野忠晴さん、松平晃さん、伊藤久男さん、霧島昇さん、佐々木章さん)。

さて、ドラマは『露営の歌』の大ヒットがきっかけとなり、裕一くんが時代の波に飲み込まれていくとのことです。

ますますと【エール】から目が離せなくなりそうです~♪

◆久志のモデル・伊藤久男さん!実家から仕送りを止められた理由とは?▶

◀70話 | 72話▶

週間ネタバレはコチラ▶