「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ15週71話|『露営の歌』を発売!久志が歌った曲の売れ行きは?

エール ネタバレ15週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年9月21日(月)放送
エール第15週テーマ
「先生のうた」

【エールネタバレ15週71話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

1937年(昭和12年)7月

大陸で日中戦争がはじまり、日本国内は戦時下に入っていました。

ただし、国民生活への影響はわずかで、裕一たち家族は以前と変わらない暮らしをしていました。

ある日の事・・・

新聞を読んでいた裕一。

新聞社の公募で入選した歌詞を見つけました。

その入選作は、戦意高揚のための『露営の歌(ろえいのうた)』という曲。

歌詞を気に入った裕一は、パッとメロディが浮かび、あっという間に曲を作り上げたのでした。

コロンブスレコードにて・・・

裕一の作曲した曲は、ディレクターの廿日市も気に入ります。

すぐにレコード化されることになり、久志が歌うことになったのでした。

発売後・・・

『露営の歌』のレコードが発売されると、瞬く間に国民の心をとらえ大ヒットを記録。

同曲は、戦地に赴く兵士の見送りに歌われるようになります。

一方で裕一は、戦時歌謡の旗手として注目されるようになるのでした・・・

◆エールのモデル・古関裕而さんは戦争時代のヒット作は?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ15週71話|感想を最終話まで!

◀70話 | 72話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

ドラマは戦争時代に突入

第15週は戦争時代が背景にドラマが進みます。


71話でクローズアップされるのは、戦時中の大ヒット曲『露営の歌(ろえいのうた)』です。

『露営の歌』は、毎日新聞社が戦意高揚のため公募したもので、作詞したのは当時、京都市役所に勤務していた籔内喜一郎さんという方です。

裕一くんのモデルの古関裕而さんは、当時、満州旅行からの帰りの汽車の中で読んでいた新聞で歌詞を目にしたそうです。

内容に感激し、すぐに作曲したとか。

驚くことに、東京に戻った古関さんに、レコード会社から『露営の歌』の作曲依頼が舞い込みます。

すると古関さんは「もうできていますよ」と楽譜を差し出したエピソードが残っています。

古関さんもレコード会社の人も、さぞかし驚いたことでしょうね。

なお、同曲はB面扱いで、レコードタイトルのA面は『進軍の歌』でした。

しかし、A面以上に人気が出たそうで、当時では異例の60万枚以上の大ヒットを記録します。

ちなみに『露営の歌』を吹き込んだ歌手は、プリンス久志のモデル・伊藤久男さんなど5名でした(中野忠晴さん、松平晃さん、伊藤久男さん、霧島昇さん、佐々木章さん)。

ところで、15週のテーマは『先生のうた』ですが、「先生」とは誰のことを指しているのか気になりますね。

◆久志のモデル・伊藤久男さん!実家から仕送りを止められた理由とは?▶

◀70話 | 72話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク