「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ15週75話|出征する藤堂先生に捧げる!三羽ガラスの夢の行方は?

エール ネタバレ15週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年9月25日(金)放送
エール第15週テーマ
「先生のうた」

【エールネタバレ15週75話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

福島・古山家にて・・・ 

一晩中寝ずに考えていた鉄男。

出征する恩師・藤堂先生から、「私のことを思って歌詞を書いてほしい・・・」と、託されていました。

悩み抜いた鉄男は、恩師のためにもう一度『暁に祈る』の歌詞を、書き始めるのでした。

陸軍・応接室にて・・・ 

完成した歌詞を携え、緊張の面持ちで陸軍を訪れた裕一と鉄男。

鉄男は、武田少佐を前に今回の歌詞に対する思いを語ります。

この歌詞は、妻子を残して戦地へ旅立つ恩師に捧げたといいます。

「戦いに行く人の心に近づきたいと、祈りながら書きました!」

そう言い終えると、万感の思いを込めた歌詞の原稿を武田少佐に手渡しました。

終始しかめ面で歌詞を読み終えた武田少佐は、鉄男に原稿を返しました。

応接室に緊張感がはしります。

「これでいきましょう」

武田少佐が高揚した口調で語ります。

そして、「出征したら、生きては帰らないという覚悟を感じさせる、素晴らしい歌詞だ」と、称賛するのでした。

「ありがとうございます!」

鉄男は、ようやく裕一との約束、そして、恩師への想いが果たせたと、深々と頭を下げるのでした。

録音室にて・・・ 

ついに採用となった鉄男の歌詞。

早速、裕一がメロディーを付けました。

そして、久志が歌い、レコーディングされるのでした。

福島・藤堂家にて・・・ 

その頃、藤堂先生は出征の日を迎えていました。

涙で見送る妻・昌子と息子・憲太に別れを告げた藤堂は、戦地へと旅立って行くのでした。

一方、遠い空の下では、裕一、鉄男、久志が恩師の無事を祈るのでした。

バンブーにて・・・ 

1940年(昭和15年)。

映画『暁に祈る』が公開されると、瞬く間に大ヒットを記録します。

『福島三羽ガラス』が夢を叶えた曲は、出征に欠かせない歌になっていました。

それと同時に、3人の知名度も世間に広がることになります。

すでに売れっ子になっていた裕一と久志に続いて、鉄男も人気作詞家の仲間入りを果たしました。

やがて鉄男は、おでん屋をたたむことを考えるほど、多忙になっていました。

鉄男の苦労を見守ってきたバンブーの保と恵も、鉄男の活躍を喜ぶのでした。

1941年(昭和16年)冬・・・ 

『暁の祈る』から1年。

「愛国歌謡と言えば古山裕一」と言われるほど、人気作曲家となっていた裕一に、新しい仕事のオファーが届きました。

それは、戦果の盛り上がりを歌で伝える『ニュース歌謡』というラジオ番組の企画なのでした。

音の音楽教室にて・・・ 

近所の子どもたちと一緒に、娘・華も音楽教室に参加するようになっていました。

ある時、ハーモニカ担当の弘哉が、『発表会』の開催を提案します。

そして、音にも歌って欲しいと言い出しました。

生徒や華からもせがまれた音は、まんざらでもない表情を浮かべるのでした。

古山家の食卓にて・・・ 

「やったらいいじゃん!」

発表会のことを聞いた裕一は、音の背中を押します。

裕一と華の期待に応え、音は歌うことを決めました。

古山家の食卓は幸せな空気に包まれるのでした。

 

しかし、

この数日後、『太平洋戦争』が開戦することになるのでした・・・

つづく

◆次週は不協和音が広がる?!16週のネタバレはコチラ▶

◆【エール】のモデル・古関裕而さんも戦地に行く?実話はコチラ▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ15週75話|感想を最終話まで!

◀74話 | 76話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

喜怒哀楽の末に完成!

『福島三羽ガラス』の三人の初作品が苦心の末に完成しました~!

一時は、降板寸前になるなど苦しい状況でした。

危機を救ったのは、3人を音楽の世界に導いてくれた藤堂先生で感激です♪

15週のテーマ『先生のうた』は、教え子たちから恩師に捧げる歌という意味のようです。

それにしても、大将・鉄男くんの抱えたプレッシャーは、想像を超えるものだったことでしょう。

鉄男くんといえば、小学校を退学し夜逃げしたほど壮絶な少年時代を過ごしてきました。

道を外しておかしくない状況でしたが、そうならなかったのは本人の努力と藤堂先生のおかげです。

師弟の強い絆に、感動してしまいそうです~♪

【エール】放送再開前の今後の予告動画にあった、軍服姿の藤堂先生と大粒の涙で見送る妻・昌子さんの姿が印象的でした。

どんなことがあっても、藤堂先生が生きて帰ってくることを強く願いたいと思います。

馬の映画なのに・・・

陸軍馬政課から依頼された『暁に祈る』は、軍馬のPRが目的の映画の主題歌です。

そのため、馬がメインの歌詞なのかと想像してしまいますよね。

でも、馬が出てくるのは3番の歌詞で、しかも、たった1回だけ!!

馬の影が薄すぎでビックリです~♫

◆鉄男役のイケメン中村蒼さん!結婚相手はどんな人?▶

◆プリンスを地でいく山崎育三郎さん!親友も豪華すぎ~▶

◀74話 | 76話▶

週間ネタバレはコチラ▶