「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ16週76話|太平洋戦争開戦!あの人気歌手にも召集令状が届く!

エール ネタバレ16週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年9月28日(月)放送
エール第16週テーマ
「不協和音」

【エールネタバレ16週76話|あらすじを最終話までお届け!

1941年(昭和16年)12月 

エール ネタバレ 16週76話 ニュース歌謡

『太平洋戦争』が開戦しました。

世の中では、国民の生活にも戦時色が深まりつつありました。

そのころ、『戦時歌謡』の旗手として人気作曲家になっていた裕一。

開戦後は、短時間で作曲しラジオで生放送する『ニュース歌謡』も手掛けるようになっていました。

ますます多忙を極める裕一は、仕事漬けの毎日を送るのでした。

1943年(昭和18年) 

エール ネタバレ 16週76話 物資不足

2年後。

徐々に戦況が悪化するにつれ、日本は深刻な物資不足となっていました。

国民の食料は配給制となり、人々の生活は苦しくなっていました。

音は、少ない食材の中、毎日の食事づくりにも頭を悩ます状況でした。

古山家の夕食にて・・・ 

エール ネタバレ 16週76話 古山家の食卓

「また一人、やめちゃった・・・」

音は、『音楽教室』の生徒が次々とやめていくことに、心を痛めていました。

戦時下では音楽は不謹慎だという風潮が強く、音楽教室に暗雲が立ち込めていたのでした。

その時、一本の電話が鳴ります。

裕一が受話器を取ると、電話の相手は久志でした。

久志のもとに、『召集令状』が届いたというのでした。

「ついに来たか・・・」

親友が出征することになり、裕一の心はざわつくのでした。

古山家の書斎にて・・・ 

エール ネタバレ 16週76話 久志出征 壮行会

久志の出征前夜。

裕一は鉄男と相談し、久志の『壮行会』を開くのでした。

すると久志は、自らを鼓舞するように、皆の前で声高らかに歌い出します。

それは、裕一と久志の大ヒット曲『露営の歌』でした。

「お国のために、力を尽くしてまいります!」

久志は、力強く宣言し遠くを見つめるのでした・・・

古山家の居間にて・・・ 

エール ネタバレ 16週76話 裕一 弘哉

音の生徒・弘哉のハーモニカを修理する裕一。

その時に、弘哉の母が銀行員だと知ります。

すると、裕一は自分も銀行員だった過去を明かします。

そして、音楽を諦められず、「自分の道は自分で選ばなきゃと思ってね・・・」と、当時の心境をしみじみと語るのでした。

尊敬する裕一の意外な過去を知った弘哉は、「今、楽しいですか?」と質問します。

しばらく考え込んだ裕一は、「とにかく必死というのが正直なところかな・・・」。

多忙を極める裕一は、音楽を楽しむ以前のところに立つ状況を素直に口にするのでした。

『竹』にて・・・ 

エール ネタバレ 16週76話 バンブー 竹

鉄男は「話がある」と言って、裕一と音を『バンブー』に誘いました。

皆のより所である『バンブー』の名は、敵性語禁止のために『竹』に変更されていました。

店に入ると、裕一と音は驚きます。

なんと、派手に送り出したばかりの久志が、そこにいたのです。

なんと久志は、入隊時の身体検査で落とされたというのでした。

エール ネタバレ 16週76話 久志

そして、「戦うことよりも、歌の仕事でお国に尽くせ」と言われたと、恥ずかしそうするのでした。

久志の出征が中止になり、皆は安堵します。

しかし、久志はこの機会に福島に戻ると言い出しました。

そして、老いた父親が心配のため、福島を拠点に親孝行をしながら『慰問』に回るとその思いを語ります。

エール ネタバレ 16週76話 鉄男

すると、硬い表情で鉄男が口を開きます。

「実は俺も、作詞の仕事を一旦休むことにした・・・」

鉄男は世話になった昔の上司を助けるために、新聞社の記者に戻ると話すのでした。

『福島三羽ガラス』の2人の今後のことを知った裕一は、落胆の表情を隠せません。

それでも、今は仕方ないと言い、「諦めないよ!」と、力を込めます。

3人は、いつかまた絶対に歌を作ろうと、再会を約束するのでした・・・

エール ネタバレ 16週76話 福島三羽ガラス 約束

つづく

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ16週76話|予告ポイント

◀75話 | 77話▶

週間ネタバレはコチラ▶

ニュース歌謡とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

戦争開戦で、ますます多忙を極める裕一くん。

人気作曲家のもとに、オファーが殺到するようです。

そんな中で取り組み始めたのが『ニュース歌謡』です。

『ニュース歌謡』とは、大本営(日本軍最高統帥機関)から発表される『戦況』のニュースに、歌詞と曲を付けた歌です。

実績と人気のある作詞家・作曲家・歌手・演奏家たちが手掛けていました。

【エール】のモデル・古関裕而さんだけでなく、野村俊夫さん、伊藤久男さん、藤山一郎さんなども担当していたそうです

古関さんやたちは、都内のNHKスタジオに待機していて、大本営の発表が出るとその場ですぐ歌を作ります。

そして、簡単なリハーサルを行って、ラジオで全国放送していたとか。

信じられないくらい忙しそうな現場でしょうね。

ちなみに、『大本営発表』は、戦局が悪化するにつれて虚偽の発表が増えていったそうです。

古関さんたちも、虚偽情報とは知らずに曲を量産させられていたと思うとつらかったことでしょう。

プリンスに召集令状・・・

プリンスも戦争に直接携わることになりました!

慰問活動は、歌手や役者などの芸能関係者などが、戦意高揚を目的に戦地や軍需工場などを回っていたそうです。

戦争は避けて通れない話題とはいえ、16週は重々しいエピソードが続きそうです・・・

◆16週の週間ネタバレあらすじはコチラ!▶

◆裕一役・窪田正孝さんの過去の恋愛遍歴とは?▶

◀75話 | 77話▶

週間ネタバレはコチラ▶