「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ20週『栄冠は君に輝く』|久志が変わり果てた姿で見つかる!?

エール ネタバレ20週

エール朝ドラネタバレあらすじ20週
「栄冠は君に輝く」

『エール』朝ドラネタバレあらすじ20予告|10月26日~10月30日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

エール・朝ドラネタバレあらすじ第20週の予告

【エール】朝ドラネタバレ20週は、不朽の名作『栄冠は君に輝く』を軸に物語は進みます。

1948年(昭和23年)

終戦から3年。

完全復活を遂げた裕一は、意欲的に創作に取り組んでいました。

見知らぬ家にて・・・

ある夜の事。

裕一と鉄男は、困り果てた様子の歌手・藤丸に導かれて、ある家を訪れました。

そこには、薄汚れた服を着た一人の男が酔いつぶれていました。

その時、二人は絶句します。

「ひ、久志なのか・・・?」

なんと、その男は、行方知れずだった久志だったのでした。

お洒落で陽気だった久志は、すっかり変わり果て見る影もありませんでした。

選考会場にて・・・

裕一は、戦時中にビルマで出会った新聞記者・大倉から作曲を依頼されていました。

その曲は、『全国高等学校野球選手権大会』の新しい大会歌です。

歌詞の選考会が行われ、詞は裕一が推していた『栄冠は君に輝く』に決定したのでした。

久志の部屋にて・・・

早速、久志のもとを訪ねた裕一は、その大会歌を歌って欲しいと頼みます。

「同情なんてごめんだ!」

久志はそう吐き捨てると、裕一に楽譜を突き返すのでした。

古山家にて・・・

翌朝、藤丸の訪問で目を覚ました裕一。

昨晩、吐血して倒れた久志が、姿をくらましたと知らされます。

話のいきさつから、福島に向かったことを悟った裕一は、久志を追い福島へと向かうのでした。

久志の実家にて・・・

裕一が駆けつけると、思った通り、久志はひとり実家に居ました。

久志の父親は、久志が戦時歌謡のスターだったため、戦後に数多くの心無い言葉を浴びせられていました。

「父親を苦しめてしまった・・・」

そう明かした久志は、自分自身を責め続けます。

かつての裕一と同じように、久志も戦時中の音楽活動を苦しんでいたのでした。

数週間後・・・

久志の復活のために、裕一は行動を起こしました。

エール ネタバレ20週 池田

自分自身を音楽の道に戻してくれた恩人、劇作家・池田に頼み込み、『夜更けの街』という歌詞を書いてもらいます。

裕一がメロディーをつけ、久志が歌いレコーディングを終えました。

その姿に、裕一は、久志が立ち直ってくれたことを喜びました。

しかし、その喜びは一瞬にしてかき消されてしまいます。

なんと久志は、「博打の借金を清算するために歌っただけだ・・・」と言い放ち、再び酒に溺れるのでした。

古山家にて・・・

久志は、再び裕一から依頼を受けた『栄冠は君に輝く』を、断るために古山家を訪れました。

すると音が、裕一の思いを久志に伝えます。

「歌手として 心底、信頼してる。同情なんかじゃないよ」

音の言葉にハッとした久志ですが、「今の自分にこんな希望にあふれた歌は歌えない・・・」と、しり込みするのでした。

すると、裕一が思わぬ提案をします。

「久志、ちょっと行こう!」

裕一は、久志を連れて、『甲子園球場』に向かうのでした・・・つづく

◆久志のモデル・伊藤久男さん!戦後は引きこもっていたってホント!?▶

◆久志役・山崎育三郎さん!実生活もプリンスだった~!▶

スポンサーリンク

『エール』朝ドラネタバレあらすじ20予告・まとめ

あのプリンスが・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

プリンス久志が見つかりました!

大喜びしたいところですが、今の久志くんは、とんでもない状況でした。

久志くんも、戦中の活躍によって苦しんでいたとは胸が痛みます。

出征時の定番ソングとなるほど大ヒットした『露営の歌』で、スターに駆け上がった久志くん。

その後、『福島三羽ガラス』の夢を叶えた『暁に祈る』など、数多くのヒット曲をリリース。

ブロマイド写真が出回るほどの人気を得ていましたよね。

 

ホントに、手のひら返しのような、戦後のバッシングはつらいですね。

実家没落とお父さんの死が、久志くんの心を真っ黒に塗りつぶしてしまったようです。

裕一くんは、戦争が終わって1年半も音楽に向き合えない経験があります。

 

そんな辛い経験をしてきた裕一くんだからこそ、久志くんの思いがよくわかっていることでしょう。

裕一くんは、久志くんを音楽の世界に連れ戻しくれることを期待です~♪

 

それにしても、藤丸ちゃんに感謝です。

自暴自棄になった久志くんを、ずっと面倒見てきてなんて愛の力を感じますね。

そして、いつか、久志くんと藤丸ちゃんにハッピーエンドが待っていることを願いたいです♪

不朽の名作『栄冠は君に輝く』

▼これぞ日本の夏ソング


第20週の物語りの軸となるのは、日本の夏に欠かせない『栄冠は君に輝く』です。

この曲を聞いたことのない日本人はいないのではなかと思えるほどの有名な歌ですよね。

 

【エール】のモデル・古関裕而さんの代表曲の中でもトップクラスの一曲!

同曲は1948年(昭和23年)に発表されました。

公募で選ばれた歌詞は、文筆家の加賀大介さんです。

古関さんが曲をつけ、歌ったのは久志くんのモデル・伊藤久男さんです。

 

【エール】第20週は、不朽の名曲『栄冠は君に輝く』のもとにした、熱い友情の物語りとなりそうですね♪

◆最新版【エール】キャスト一覧と相関図はコチラ▶

◆【エール】のネタ元?!人に話したくなるモデル達の実話はコチラ▶

◀19週21週▶

各話ネタバレはこちら