「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ17週84話|あの裕一が激怒!映画に刺激を受けた弘哉の行先は?

エール ネタバレ17週 84話

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年10月8日(木)放送
エール第17週テーマ
「歌の力」

【エールネタバレ17週84話|あらすじを最終話までお届け!

古山家にて・・・ 

海軍航空隊の仕事から帰ってきた裕一。

興奮気味に、「予科練の若者は素晴らしかった!」と妻・音や娘・華に報告するのでした。

その、4か月後。

公開になった映画『決戦の大空へ』と、主題歌『若鷲の歌』は、どちらも大ヒットを記録します。

それらは、少年たちに多大な影響を与えることになりました。

そして、裕一はますます売れっ子作曲家へと躍進します。

居間にて・・・ 

音の妹・梅とその夫で馬具職人となった五郎が、結婚の報告にやって来ました。

裕一と音、そして、娘・華も、二人の結婚に安堵し、心から祝福するのでした。

書斎にて・・・ 

「結婚したら渡そうと思って、編曲しといたよ」

裕一は、かつて五郎が書いた楽譜を、手渡しました。

幸せを噛み締める五郎は、音楽の師・裕一の心遣いに感激するのでした。

しかし、五郎は顔を曇らせます。

そして、軍に納品する馬具を作るのは胸が苦しいと悩みを打ち明けました。

さらに五郎は裕一の前にひざまずくと、戦争に協力する歌ではなく「人を幸せにする音楽を作って欲しいんです!」と、言い出すのでした。

そんな五郎に裕一は、戦争という現実を受け入れろと諭します。

やがて二人は口論になってしまいました。

五郎は、尊敬してやまない裕一に考え直してもらいたくて必死です。

「戦争に行く人が増えれば、無駄に死ぬ人が増えるだけです!」

その言葉に、裕一は我を失うほどに激怒します。

「命を無駄と言うなーっ!」

裕一の怒鳴り声が、家中に響き渡るのでした。

縁側にて・・・ 

裕一の怒鳴り声は、縁側の二人にも聞こえました。

「裕一さんの大声初めて聞いた・・・」

梅が心配そうに、姉・音を見つめます。

裕一は『召集免除』になった後ろめたさから、自分も共に戦おうと『戦意高揚の歌』にのめり込んでいると音は明かしました。

「怖いの・・・」

ぽつりとつぶやいた音は、どんどん変わっていく裕一に戸惑っています。

梅は、夫・五郎がキリスト教に入信した事を明かしました。

そして、「あの人、真っ直ぐ過ぎる・・・」と、不安を口にします。

じわじわと、戦争がもたらす身の回りへの不安感に、二人は身を寄せ合います。

そして、「結婚おめでとう・・・」と、音が優しく妹・梅を抱き寄せると、梅の心も安らぐのでした。

翌日、五郎と梅は豊橋へと帰って行きました。

居間にて・・・ 

ある日の事。

音の教室の生徒だった弘哉が、母・トキコと共に訪ねてきました。

弘哉は、『予科練』に合格したと報告し、裕一たちを驚かせます。

何も知らない裕一の娘・華は「すごいね!」と喜びます。

裕一が楽曲を提供した映画、『決戦の大空へ』に感化されたと話す弘哉は、自分の目指す道に気付いたと目を輝かせます。

裕一は、ひとり息子を戦争の送り出す母・トキコの心中を察しながらも、弘哉は立派だと言う事しかできませんでした。

帰り際に弘哉は、「立派な飛行兵になってたくさんの敵を倒してくるよ」と、仲良くしていた華に約束するのでした。

ある日のこと・・・

突然、『報国音楽協会』から呼び出された裕一。

そこで裕一は、戦地への慰問に行くよう告げられるのでした・・・

つづく

◆弘哉・トキコ親子を演じる山時聡真さんと徳永えりさんとは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ17週84話|感想を最終話まで!

◀83話 | 85話▶

週間ネタバレはコチラ▶

見つめ合う2人がせつない・・・

華ちゃんと弘哉くんのお別れのシーンが、切なくて切なくて・・・ウルウルしてしまいました。

弘哉くんは、徴兵に該当するような歳ではありませんよね。

それでも、当時の風潮からすれば「お国のために」がしっかりと刷り込まれているはずです。

そして、予科練の映画と主題歌が、純粋な少年の心を動かしてしまいました

弘哉くんが、裕一くんに対して決意を語っているシーンで、横にいたお母さんの顔を見ていられなかったです・・・

自分で初めてやりたいと言い出した事が、特攻隊の『予科練』だったなんて皮肉すぎます。

この時代のお別れといえば、今生の別れといって過言ではありません

貴重なドロップを華ちゃんにプレゼントしたのは、何か思い意味があるのかもしれませんよね。

華ちゃんのために、お母さんのためにも生きて戻って来ることを強く願いたいです。

一方で、弘哉くんの予科練入りは、裕一くんに重くのし掛かってきそうです。

裕一くんが、五郎くんと口論になった「命の無駄」は、後々にズシリと効いてくるのかもしれません・・・

◆裕一役・窪田正孝さんの妻で人気女優は誰だっけ?▶

◀83話 | 85話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ17週84話|予告ポイント

若者への影響力はいかに?

覚悟を決めて飛び立とうとしている若者たちに捧げた『若鷲の歌』。

彼らの心に寄り添った作品になったのではないでしょうか。

なお、史実によると、本映画は大きな反響を呼び、予科練への志望者が急増したそうです。

【エール】の中でも、映画に影響を受けて予科練に進む人が出てくることがあるかしれませんね。

7年越しの恋が成就♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

五郎くんが自分に打ち勝って、約束を果たしました!

思い起こせば、2人の出会いは古山家でした。

当初は五郎くんを嫌っていた梅ちゃんですが、彼の純朴で素直な人柄に惹かれて告白。

そして、関内家の後継ぎ問題もクリアも考えて、五郎くんを豊橋に連れて行きました。

下駄の紐を見事に直してしまうなど、五郎くんは手先の器用だっただけに、すぐに一人前に認められると思っていました。

こんなに時間がかかるとは・・・

とにもかくに、おめでとうございます。末永くお幸せに~♪

師弟関係にひび?


五郎くんのお願いは、裕一くんを逆なでしてしまったようです。

めったに怒ることのない裕一くんだっただけに気なります。

忙しさとプレッシャー、そして特例による召集解除によってデリケートな状態になっているのかもしれませんね。

平和な時とは真逆の状況で、穏やかな気持ちを保ち続けることがいかに難しいのか身にしみそうです・・・。

◆職人頭の岩城役・吉原光夫さんはミュージカル界のスターだった!▶

◀83話 | 85話▶

週間ネタバレはコチラ▶