「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ18週87話|音楽で勇気づける!危険を承知で向かった先には?

エール ネタバレ18週87話

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年10月13日(火)放送
エール第18週テーマ
「戦場の歌」

【エールネタバレ18週87話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

ビルマの宿舎にて・・・ 

エール ネタバレ18週87話 悩む裕一

ある日の事。

従軍記者の大倉が、藤堂大尉(裕一の恩師・藤堂)の居場所を裕一に報告します。

藤堂が隊長として率いる部隊は、前線後方で、補給路の警備や物資の中継を担当しているとの事でした。

裕一は、ビルマに来て作った『ビルマ派遣軍の歌』を、恩師・藤堂に捧げたいとの気持ちに駆られます。

しかし、そのたびに、日本で待つ妻と娘の顔が浮かび、司令部に申し出ることができずにいました。

夜のロビーにて・・・ 

エール ネタバレ18週87話 中井に相談する裕一

恩師・藤堂の居場所が判明してから10日。

決断を下せず悩む裕一がロビーに行くと、明日再び戦地に行くという洋画家・中井がいました。

裕一は、戦争の惨状を知る中井に悩みを打ち明けました。

この地に、大切な恩師がいて会いに行きたいが、身を危険にさらすと考えると体が動かなくなるとうつむきます。

エール ネタバレ18週87話 中井

すると中井は、裕一の音楽は国民を戦いへと駆り立てる音楽だと語ります。

そして、そのことで自身への罪悪感を覚えているのではと問います。

「自分が正しいと確かめたくて、戦場に行くならおやめなさい」と中井は告げ、戦場に意味を求めても何もないと冷静に言うのでした。

背中を押してもらえると期待していた裕一は、真逆の助言に気が動転します。

エール ネタバレ18週87話 裕一

そして、音楽で国のために尽くしたいとビルマに来たものの、3ヶ月も何もできないもどかしさがついに爆発しました。

「せっかく来たんだ、恩師だっている!明日直訴します。これこそが運命です!」

裕一は自分を奮い立たせるように、大きな声を上げるのでした。

翌日の事・・・ 

エール ネタバレ18週87話 慰問を直訴

恩師・藤堂のもとへ行くことを決意した裕一。

慰問の申し出は、司令部からもすぐに認められ出発することになりました。

裕一は目についた楽器をかき集めると、宿舎のあるラングーンを後にしたのでした。

その頃、藤堂大尉の部隊には、裕一が慰問に来る知らせが届いていました。

藤堂大尉の部隊にて・・・ 

エール ネタバレ18週87話 再開した裕一と藤堂

「藤堂先生!」

「よく来てくれた」

異国の地での再会を喜んだ裕一と藤堂は、固い握手を交わします。

興奮冷めやらぬ裕一は、さっそく、演奏のできる人が欲しいと藤堂に話します。

すると藤堂は、「そんなことだろうと思って、もう集めてある」と、3人の兵士を紹介するのでした。

演奏会の練習にて・・・ 

エール ネタバレ18週87話 演奏する3人の兵士

早速、明日の『慰問会』に向けて楽団が結成されました。

演奏する3人、そして、歌は裕一の音楽の恩師、藤堂大尉が歌うことになりました。

裕一は、演目の内容を3人の奏者と打ち合わせします。

そして、この地で書き上げた『ビルマ派遣軍の歌』を1曲目に演奏したいと提案しました。

すると曲名を見た3人は、「士気が上がります!」と、目を輝かせるのでした。

やがて、練習が始まりました。

夢心地気分で演奏する3人と、教え子の作った曲を感慨深げに歌う藤堂。

指揮する裕一も、幸せな気持ちで4人を見つめるのでした・・・

エール ネタバレ18週87話 藤堂の歌

つづく

◆恩師・藤堂清晴先生役・森山直太朗さんの親友は金髪リーゼント?▶

◆洋画家・中井潤一役を演じる小松和重さんとは?▶

スポンサーリンク

【エールネタバレ18週87話|感想を最終話まで!

◀86話 | 88話▶

週間ネタバレはコチラ▶

豪華なオバケ将棋♪


まさか唐沢寿明さんと、光石研さんの共演があるとは、予想を超える展開でした。

この父親2人の共演はこれまでありませんでしたよね。

まさにサービスショットでしたね。しかも、新録ですよね。

お二人は、この数十秒のために、撮影に臨んだということでしょうか。

もしかして、『あの世の宝くじパート2』の前触れかもしれませんね♪

今も昔も甘い物は偉大♪

浩二くんの作った和菓子に舌鼓を打つ音ちゃんと華ちゃん。

幸福感に包まれた表情を見ると「贅沢は素敵だ~!」みたいな感じですよね。

疎開先で和気あいあいとやっているようで、良かったです~。

それにしても、浩二くんは女子力高すぎます~!

いくら独りが長くても、和菓子まではなかなか作らないですよね。

お見合いの席で、サラっと「週末は和菓子を作って過ごしてます」と言えば、お相手の食いつきが高いはず♪

刺々しかった浩二くんの柔和な表情を見ると、時の流れを感じますね。

◀86話 | 88話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ18週87話|予告ポイント

従軍記者を演じる片桐仁さん


藤堂先生の存在を知らせてくれた従軍記者・大倉憲三を演じるのは、片桐 仁(かたぎりじん)さんです。

個性派俳優の片桐さんは、1973年(昭和48年)11月27日 生まれで2020年に47歳になります。

埼玉県出身で、多摩美術大学を卒業しました。

お笑いタレントだった片桐さんは、現在も俳優活動と並行してコント等の活動を行っています。

また、彫刻家や、雑誌やwebでの連載を持つライターなどマルチに活躍しています。

従軍記者・大倉さんは、戦後も重要な役で登場する予定ですよ♪

恩師と教え子が異国で再会!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

激戦地のビルマで慰問活動をする裕一くんですが、今は安全なところで活動している様子です。

そのため、まだ戦場の怖さは実体感していません

藤堂先生に会うために危険地帯に踏み入れることになりますが、戦争の怖さを肌身で感じるのかもしれません。

重苦しい展開が続く【エール・戦争編】ですが、裕一くんと藤堂先生の笑顔が、ひとときの潤いを与えてくれることを期待です~♪

◆裕一のモデル・古関裕而さんの戦後の活躍もスゴすぎ!▶

◆藤堂先生のモデル・遠藤喜美治さん!生涯現役80年の人生とは?▶

◀86話 | 88話▶

週間ネタバレはコチラ▶