「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ20週98話|久志が苦しむ理由とは?裕一は久志復活に必死!

エール ネタバレ20週98話

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年10月28日(水)放送
エール第20週テーマ
「栄冠は君に輝く」

【エールネタバレ20週98話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

久志の住居にて・・・

何としても久志を助けたい裕一は、久志を訪ねます。

出来たばかりの高校野球大会歌『栄冠は君に輝く』を歌うことで、久志がもう一度前を向いてもらえると信じていました。

しかし、久志は裕一を一方的に突き放すのでした。

その後も、裕一と鉄男は何度も久志を訪ねるものの、久志は心を開こうとしないのでした。

古山家にて・・・

ある朝の事。

歌手・藤丸が助けを求めてやって来ました。

エールネタバレあらすじ98話 藤丸の心配

藤丸は、久志が姿をくらましたと不安を口にするのでした。

福島にて・・・

心当たりのあった裕一は、久志を探すために福島に向かいました。

案の定、久志は実家で亡き父に線香をあげていました。

裕一の顔を見た久志は、父親への思いを語り始めます。

父親は、息子の久志が戦時歌謡のスターだったために、戦後は心無い言葉を浴びせられていたと言います。

「僕のせいで親父は・・・」

無念さを口にした久志は、自責の念に苦しんでいたのです。

かける言葉が見つからない裕一は、かつての自分の姿と久志を重ね合わせるのでした。

◆池田二郎役・北村有起哉さんが俳優一家でした~▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ20週98話|予告ポイント

◀97話 | 99話▶

週間ネタバレはコチラ▶

復帰作は史実と同じ!

▼『夜更けの街』(※ノイズに注意)

久志くんが歌う『夜更けの街』は、彼のモデル・伊藤久男さんの戦後の復帰を飾った作品です。

ドラマのエピソードは史実の再現と言っても過言ではないようです。

伊藤久男さんは、終戦後に戦時歌謡を多く歌った自責の念から、疎開先の福島で酒に溺れていたそうです。

一時は再起不能と危惧されていたそうですが、同曲で復帰を果たし、その後も数多くのヒットを飛ばしました。

ちなみに、『夜更けの街』は、1947年(昭和22年)公開の映画『地獄の顔』の劇中歌です。

 

同映画は、劇作家・池田二郎のモデルの菊田一夫さんが原作した『戯曲・長崎』をモチーフにした映画ですが、原作の内容とはかけ離れたギャング映画だったとか。

なお、劇中歌は全部で4曲あり、すべてヒットしたそうですよ。

4曲のリストは、『『夜霧のブルース』(歌:ディック・ミネ、作詞:島田磬也、作曲:大久保徳二郎)、『長崎エレジー』(歌:ディック・ミネ、藤原千多歌、作詞:島田磬也、作曲:大久保徳二郎)、『雨のオランダ坂』(歌:渡辺はま子、作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)、『夜更けの街』(歌:伊藤久男、作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)です。

史実通り、久志くんが華々しく歌謡界に復帰することを願います~♪

◆久志のモデル・伊藤久男さんの実話はコチラ▶

◀97話 | 99話▶

週間ネタバレはコチラ▶