おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ23週『恋のメロディ』|失恋をひきずる華の運命の相手とは?

エール ネタバレ23週

エール朝ドラネタバレあらすじ23週
「恋のメロディ」

『エール』朝ドラネタバレあらすじ23予告|11月16日~11月20日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

エール・朝ドラネタバレあらすじ第23週の予告

【エール】朝ドラネタバレ23週は、古山家の一人娘・華に、運命の相手が現れます。

昭和27年(1952年)4月

裕一と劇作家・池田二郎は、新たなラジオドラマ『君の名は』を立ち上げました。

当初は画期的な社会派ドラマを目指していたものの、トラブルが発生します。

苦肉の策で、『男女が出会わない恋愛ドラマ』にすると、空前の大ヒットを記録。

男女の行く末に日本中が熱狂し、映画化までされることになったのでした。

その頃の裕一は、ラジオドラマのほかに、歌謡曲、映画主題歌、校歌や企業宣伝歌など、引く手あまたのヒットメーカーとして活躍していました。

大ヒットした曲の中には、親友の久志が歌った『イヨマンテの夜』もありました。

そんな中、池田が舞台に進出する決意を固めます。

池田から誘われた裕一は、新たなジャンルへの進出に胸を躍らせるのでした。

古山家にて・・・

裕一と音の娘・華は、看護婦となって3年が過ぎ、24歳になっていました。

仕事にやりがいはあるものの、家と病院を往復するだけの毎日でした。

「お見合いって興味ある?」

結婚適齢期を迎えても仕事一筋の華を心配した音が、見合い写真を華に見せます。

しかし華は、自分で見つけると答えるのでした。

強がった華ですが、実は1年半前の失恋を引きずっていたのでした。

長く交際していた竹中渉から、「僕には重い」と別れを告げられつらい記憶となっていました。

病院にて・・・

その頃の華は、霧島アキラという患者の担当をしていました。

アキラはロカビリーバンドの歌手で、ステージで骨折して入院していたのでした。

華は、馴れ馴れしくデリカシーのないアキラのことが苦手です。

一方で、アキラは華に好意を持ち始めるのでした。

やがて、リハビリを通じて、華はアキラの人柄に触れていきます。

ある日、リハビリを終えた後の事。

華の父・裕一の話題になった時に、アキラは裕一に会いたいと言い出します。

「娘さんをくださいって言う」

そう口にしたアキラは、「君の気持ち、聞かせてほしい」と、華を見つめるのでした。

古山家にて・・・

「運命の人、見つかりました!」

母・音に打ち明けた華は、アキラのことを話すのでした。

アキラがロカビリー歌手だと知った音は、父・裕一には刺激が強すぎると目を丸くします。

母と娘で対策を考えていると、華の勤める病院から電話がかかってくるのでした。

病院にて・・・

仕事に追われていた裕一は、『胃潰瘍』で華の勤務する病院に入院してしまいました。

無事に手術を終えた裕一は、偶然にも華の恋人・アキラの隣のベッドで入院生活を送ることになります。

音と華は、アキラの事はしばらく父・裕一には黙っておこうと決めるのでした。

しかし、ふたりの仲は、やがて裕一の知ることとなるのでした・・・

◆華役・古川琴音さんはCMで見かけるあの子でした~!▶

◆竹中渉役・伊藤あさひさんはイケメン俳優の登竜門・あの番組の出身でした!▶

スポンサーリンク

『エール』朝ドラネタバレあらすじ23予告・まとめ

運命の人が気になる~♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川琴音/Kotone Furukawa(@harp_tone)がシェアした投稿


時代背景は進み、華ちゃんは社会人になり、お年頃の24歳!

そんな中で、野球少年の渉くんとの恋は終わってしまったとは残念でしたね。

早く、良い思い出に変わることを願いたいです。

さて、そんな中で現れた運命の人・アキラくんは一見チャラそうな感じでしょうか。

そんなアキラくんを、どんな人が演じるのか興味深いですね。

一方で、『娘命』の裕一くんの狼狽ぶりが、目に浮かびます~♪

◆【エール】のモデル古関裕而さんの家族写真はコチラ▶

◀22週24週・最終回▶

各話ネタバレはこちら