おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ22週110話|弟・浩二とまき子の恋路はどうなる?仕掛人は音!

エール ネタバレ22週110話

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年11月13日(金)放送
エール第22週テーマ
「ふるさとに響く歌」

【エールネタバレ22週110話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

畠山林檎園にて・・・

裕一の弟・浩二がいつものようにリンゴ園を訪ねると、娘・まき子が父親と言い争っていました。

エールのネタバレあらすじ22週110話 まき子と父の画像

原因は、まき子の東京行きを父親が無断で早めたことでした。

憤慨するまき子を鎮めようと浩二は、「まきちゃんは自分の幸せだけ考えて。俺、応援すっから・・・」と励ますのでした。

しかし、まき子は悲しそうな目で浩二を見つめると、飛び出して行ってしまうのでした。

福島・古山家にて・・・

「浩二、たまには一緒に飲もう!」

裕一と音は、元気なく帰宅した弟・浩二を強引に誘い酒を酌み交わし始めました。

やがて酒が回った浩二は、冷たい態度を取ったまき子への戸惑いを口にします。

「俺、まきちゃんに何か悪いこと言ったかな・・・」

すると、酒の弱い裕一を横にさせた音が、浩二に向き合います。

音は、まき子の本音は、東京行きを浩二に止めて欲しかったのではないかといいます。

そして、このまま行かせてもいいのかと浩二に迫るのでした。

しかし浩二は、止められない理由をあれこれと並べ始めます。

すると、その浩二の煮え切らない態度に業を煮やした音が声を上げます。

「ぐだぐだ言わない!」

浩二を一喝した音は、「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい!」と、亡き父・安隆ゆずりの言葉で浩二の背中を押すのでした。

酔いが醒めた浩二は、音から渡されたリンゴを見つめながら、まき子に対する自分の思いと真剣に向き合うのでした。

翌朝のこと・・・  

『畠山林檎園』を駆け回る浩二の姿がありました。

そして、まき子を見つけた浩二は、思いのたけを訴えるのでした。

「東京行くな!俺のそばさいて欲しい・・・本気だ!」

エールのネタバレあらすじ22週110話 浩二の告白の画像

浩二の真剣な眼差しを見つめたまき子は、肩を震わせます。

「来年もリンゴの花咲くの一緒に見てくれる?再来年も、その先もここで一緒に・・・」

まき子は、嬉し涙を流しながら浩二の気持ちを確かめます。

「約束だ!」と浩二は微笑み、まき子を強く抱きしめるのでした。

古山家にて・・・ 

「どうか、婿になることを許して下さい。畠山さんの思いに応えたい」

浩二は、母・まさに頭を下げました。

息子の決断を受け止めたまさは、「謹んでお受けしなさい」と微笑み、浩二を祝福するのでした。

そして浩二は、仏壇の父・三郎の遺影に深く頭を下げると、結婚を報告するのでした。

結婚式にて・・・ 

浩二とまき子の結婚式が行われました。

エールのネタバレあらすじ22週110話 結婚式の画像

乾杯の挨拶に立った裕一は、弟・浩二がつらいことも全部背負ってくれ、古山家の家族をつなぎ止めてくれたと語ります。

「家族の絆はひとりでにできるものじゃありません。浩二が踏ん張ってくれたから、僕は家族でいられたんです。本当に自慢の弟です!」

声を詰まらせながら感謝した裕一は、「誰よりも幸せになって下さい」と、二人を祝福するのでした。

東京・古山家にて・・・

裕一が、弟・浩二から依頼されて福島で作った『高原列車が行く』のレコードに針を落とした時です。

音が大きな木箱を持って書斎に入って来ました。

エールのネタバレあらすじ22週110話 音と裕一が切り抜きを見る画像

それは、弟・浩二夫婦が作ったリンゴでした。

リンゴと一緒に、新聞の切り抜きも添えられています。

そこには『福島から全国へ!リンゴ農家・若夫婦の夢』と見出しがありました。

裕一と音は、夢に向かう若夫婦の切り抜きを、微笑ましく見つめるのでした・・・

つづく

◆弟・浩二役・佐久本宝さんをスカウトした大物監督とは?▶

◆福島といえば『川俣銀行』の愉快な面々に会いたい~▶

スポンサーリンク

【エールネタバレ22週110話|感想を最終話まで!

◀109話 | 111話▶

週間ネタバレはコチラ▶

小料理屋の女将・音ちゃん♪


今日は泣き笑いの詰まった回でしたね!

前半の浩二くんの告白シーンと、後半の裕一くんのスピーチで号泣でした。

また、オバケの三郎さんが再登場にクスっとさせられるなど、古山家の強い絆がしっかりと描かれていて感動的でしたね。

浩二くん、まき子さん、おめでとうございます。末永くお幸せに!

それにしても、久しぶりに威勢がよくて力強い音ちゃんを見ることが出来ました。

古山兄弟には、音ちゃんのようなポジティブなエネルギーに満ちあふれる女性がお似合いですね。

まき子さんも、音ちゃんのようなタイプなのではないでしょうか。

ベロベロに酔った裕一くんを、手慣れた様子で、さっと転がして寝かしつける音ちゃんは最高でした♪

音ちゃんは、浩二くんとまき子さんを結び付けた影の立役者と言って間違いないですね。

音ちゃんが結婚式の中で、「華の時はどうなるのかしら・・・」と裕一くんの暴走をにおわす発言がありましたね。

次週23週は、華ちゃんの恋のメロディが鳴ります。

娘の恋愛を知り、うろたえる裕一くんから目が離せません~♪

◆【エール】キャスト相関図一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ22週110話|予告ポイント

◀109話 | 111話▶

週間ネタバレはコチラ▶

三郎さんもヤキモキしているかも♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐久本::宝:(@takara_sakumoto)がシェアした投稿

リンゴ園の一人娘・まき子さんに恋した浩二くん!

一方で、まき子さんも、まんざらではなさそうです。

きっと、天国の三郎パパも気をもんでいることでしょうね。

なかなか煮え切らない浩二くんですが、まき子さんを思うがゆえに、自分の気持ちを伝えられません。

ここは、無謀ともいえるプロポーズを成功させた、兄の裕一くんを見習ってほしい~

そんな浩二くんを助け、叱咤激励するのが音ちゃんです!

浩二くんの恋を応援するために、福島にやって来たのと考えると納得ですね。

すぐに首を突っ込んでしまいヒヤヒヤさせてくれる音ちゃんですが、今回は頼もしい限りです。

音ちゃんに後押しを受けた浩二くんの行動に期待が膨らみます~♪

ところで、浩二くんはスイーツ男子!

戦時中に音ちゃんと華ちゃんをうならせる見事な和菓子を作っていましたよね。

まき子さんのために、リンゴを使ったスイーツでも作ってもらいたい~。

結末が気になるところですが、ヤキモキする展開を楽しみたいと思います~♪

裕一くんの作る歌『高原列車は行く』


裕一くんが『農業会』から依頼されている歌も順調に進むといいですね!

◆浩二の元同僚『喜多一の従業員たち』はコチラ!▶

◀109話 | 111話▶

週間ネタバレはコチラ▶