おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ23週115話|華に運命の人!娘命の裕一がアキラに抱く印象は?

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年11月20日(金)放送
エール第23週テーマ
「恋のメロディ」

【エールネタバレ23週115話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

バンブーにて・・・

娘の華から、「運命の人が見つかった!」と、聞かされ仰天した音。

音は、華の相手・霧島アキラが歌う『ロカビリー』を知るために、音楽に詳しいバンブーの保と恵に相談しました。

エールネタバレあらすじ23週115話 バンブーでの相談

「普通の男性ですら厳しい目で見るだろうに、同業者の上に、ロカビリーだなんて・・・」

裕一の反応が全く読めない音は、不安を募らせます。

そんな音に、恵は、まずレコードを聴かせてみてはどうかとアドバイスするのでした。

古山家・書斎にて・・・

音は、早速、裕一にロカビリーを聴かせました。

エール キャスト 裕一

しかし、イントロが鳴り出した途端に、「ごめん止めて、今、書いてる音楽が逃げちゃいそう…」と、裕一は苦笑いするのでした。

古山家の居間にて・・・

「何で勝手なことするの!」

エールネタバレあらすじ23週115話 華の困った表情

母の思いは分かりますが、何事にも慎重な華は気が気ではありません。

母の暴走を心配する華は、アキラは交際前に父・裕一に挨拶したいと言っていると打ち明けます。

意外にも、アキラは筋を通す律儀な男だと知った音は、「いい方ね」と感心するのでした。

その時、電話が鳴りました。

エール キャスト 音

「えっ!裕一さんが!」

音の悲痛な叫びが響き渡るのでした。

華の病院にて・・・

多忙だった裕一が、公演中に倒れて病院にかつぎこまれました。

緊急手術をした裕一の病名は『胃潰瘍』で、1か月ほど入院することになりました。

しかし、偶然にもアキラの隣のベッドで療養することになったのでした。

エールネタバレあらすじ23週115話 アキラと同室

「すぐにバレるわよ・・・」

音と華は、アキラが退院する4日後までは、裕一に黙っておくと決めるのでした。

そして、アキラにもきつく念を押すのでした。

病室にて・・・ 

リハビリを終えて、病室に戻って来た華とアキラ。

裕一は『霧島アキラ』という名前は、俳優や歌手みたいな名前だと言い、アキラに職業をたずねます。

エールキャスト 華とアキラ

困ったアキラは、咄嗟に父の職業である『とび職』と答えて、その場を切り抜けるのでした。

ますます危機感を募らせた音は、日中は裕一のそばに張り付きになるのでした。

そして、誰もガードのいない夜になると、アキラは裕一から話しかけられるたびに具合の悪いふりをして、なんとか乗り切るのでした。

古山家にて・・・

アキラの退院前夜、華と母・音が相談しています。

音は、アキラの退院後に改めて裕一に紹介しようと話します。

「お父さんには、お母さんがうまく言っておくから」

音はそう言うと、華を安心させるように手をにぎりしめるのでした。

アキラの退院の日・・・

朝食をとりながら談笑する裕一とアキラ。

病院食が口に会わない裕一は、音の料理が恋しいと言います。

そんな裕一に、アキラは「素敵な奥様です。元気で明るく若々しくて」と、素直な感想を伝えるのでした。

「ありがとう。霧島くんもいい人に出会えるといいね」

アキラに好印象を持った裕一が微笑むと、アキラも微笑み返すのでした。

アキラ退院の時・・・

アキラは、医師や看護婦、患者仲間たちに挨拶をします。

「皆さんのおかげで、ステージに復帰できます。ありがとうございます!」

その瞬間、裕一は「ステージ?」と、疑問の声を上げるのでした・・・

エールネタバレあらすじ23週115話 裕一の疑問の表情

つづく

◆【最終回まであと一週!】モデルとキャスト一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【エールネタバレ23週115話|感想を最終話まで!

◀114話 | 116話▶

週間ネタバレはコチラ▶

あさイチに裕一くん登場♪


【エール】放送直後の情報番組『あさイチ』に、裕一くん役の窪田正孝さんが出演しました!

名場面を振り返りながら何度も涙ぐんでしまい・・・。

コロナ禍で制約の多い中で無事に撮影を終えた、キャストとスタッフの皆さんの熱い思いが伝わり、心が震えました。

それにしても、窪田正孝さんは、役に対してとてもストイックな方という印象でした。

大げさかもしれませんが、神様から選ばれた役者ですね♪

そして、視聴者からの質問に誠実に答えていく姿を見て、さらに感激!

ますます窪田さんのファンになってしましいました。

さて、いよいよ来週は最終週です。

窪田さんが言うには、最終回は「鳥肌たちました。ヤバかったです」というサプライズの特別編が待っています。

内容が盛りだくさんの最終週を楽しみたいと思います~♪

◆裕一役・窪田正孝さんが役者になった経緯とは?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ23週115話|予告ポイント

裕一くんが立ちはだかる!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿


アキラくんを運命の人だと、音ちゃんに報告した華ちゃん。

まずは、音ちゃんを味方につけなければなりませんよね。

だって、娘のことが大好きな裕一くんは大きな壁になることは間違いありません♪

古山家の音楽観の中にない、新しい分野の『ロカビリー』に、裕一くんと音ちゃんと華ちゃんが、どんな風に受け止めるのか興味深いところですね。

アキラくんの人間性を好きになった華ちゃんと、柔軟性のある音ちゃんはすんなりと受け止めるのではないでしょうか。

しかし、クラシックを学び、今や大作曲家となった裕一くんはどんな風に思うのか心配です・・・

の恋が発展するには、誰よりも裕一くんを知る音ちゃんの活躍が絶対不可欠ですね。

ところで、多忙な裕一くんの胃潰瘍が気になります。

この入院を機に、しっかり治してゆっくり体を休めてもらいたいです~♪

◆音のモデル・古関金子さんは歌だけでない!才能がマルチすぎ~!▶

◀114話 | 116話▶

週間ネタバレはコチラ▶