おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ8週38話|解雇!?落ち込む千代に届く悪い知らせとは?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年1月27日(水)放送
おちょやん第8週テーマ
「あんたにうちの何がわかんねん!」
おちょやん ネタバレ8週38話

【おちょやん】あらすじネタバレ8週38話|最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

撮影所にて・・・

小暮の新作「鳥籠」のオーディションに落選した千代。

おちょやん ネタバレ8週38話 落ち込む千代のイラスト

千代は落ち込むものの、次のチャンスに期待を込めるのでした。

そんなある日、腰痛を悪化させた大部屋女優の弥生が、撮影所を解雇されてしまいました。

仲間への仕打ちに頭にきた千代は、片金所長に強く抗議します。

しかし片金は、千代も解雇の候補だったとあっさりと言います。

「何様のつもりや。人の心配してる場合じゃないで!」

片金の言葉はもっともだけに、千代は何も言い返せないのでした。

その後・・・

自分の芝居がダメなことを痛感する千代は、芝居をすることが楽しいと思えなくなるのでした。

元気なく千代が歩いていると、守衛の守屋が声を掛けます。

おちょやん ネタバレ8週38話 守衛の守屋から話を聞く千代のイラスト

なんと、ガラの悪い連中が、千代の父・テルヲを訪ねてきたと言うのです。

悪い予感が頭をよぎった千代は、血相を変えて駆け出すのでした。

キネマにて・・・

大急ぎで『キネマ』に帰った千代。

悪い予感は当たっていました。

そこには、千代の『通帳と印鑑』を握りしめた父・テルヲがいたのです。

「心配すな、ちょ~っとだけ借りるだけや!」

悪びれない様子のテルヲを見て、千代の怒りは頂点に達するのでした・・・

◆片金所長や守屋を演じるのは?『鶴亀撮影所』の相関図はコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ8週38話|予告ポイント

◀37話 | 39話▶

週間ネタバレはコチラ▶

現実はキビし~

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

懸命に頑張る千代ちゃんに試練が連発です・・・

オーディションに落選し、解雇の候補だと告げられて自信喪失してしまいました。

挙句の果てには、お父ちゃんに大切なお金を強奪される・・・。

ドラマを見る私たちも、肩を落としたり、怒りに震える展開になりそうです!

さて、千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんの史実によれば、当時の所属先の『東亜キネマ』に頻繁に抗議していたそうです。

報酬や手当てに関すること、仲間の役者のリストラなど、不条理に感じるたびに上層部と対峙しました。

直談判しても聞き入れてもらえないため、最終的には辞表をたたきつけたのだとか。

嫌なことは我慢しない、やりたくなことはやらない」という浪花千栄子さんの生き方は、千代ちゃんにしっかりと受け継がれていそうです~♪

◆変幻自在の怪女優!千代のモデル・浪花千栄子さんの実話とは?▶

◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀37話 | 39話▶

週間ネタバレはコチラ▶