おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)】あらすじネタバレ感想と視聴率を最終回までお届け!

2021年1月スタートのTBS系ドラマ【オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)】のネタバレあらすじ感想を最終回までお届けします!

上白石萌音さんが主演を務める田舎育ちの超安定志向の平凡女子が、冷徹ドS上司のもとで成長する『お仕事&ラブコメディ』です。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】のあらすじネタバレを、最終回まで随時追記していきます。

もくじ【表示】で一覧検索へ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

もくじ

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】視聴率一覧

TBS系ドラマ【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】の視聴率一覧お届けします!

放送回 放送日 視聴率
第1話 2021年1月12日 11.4%
第2話 2021年1月19日 11.3%
第3話 2021年1月26日 11.0%
第4話 2021年2月2日 11.6%
第5話 2021年2月9日 10.8%
第6話 2021年2月16日 11.8%
第7話 2021年2月23日 11.4%
第8話 2021年3月2日 11.8%
第9話 2021年3月9日
最終回 2021年3月16日

※視聴率はビデオリサーチ調べ(関東地区)

◆【ボス恋】もくじ一覧▶

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

スポンサーリンク

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第1話

スポンサーリンク

2021年1月12日(火)放送
第1話「平凡女子が鬼上司の雑用係に!?」

*放送後のネタバレあらすじです。

就職活動・・・

熊本で暮らす鈴木奈未(上白石萌音)が、就活のために東京へ。

少し年上の幼なじみのケンちゃんこと日置健也(犬飼貴丈)に憧れる奈未は、ケンちゃんのいる東京に住みたいと考えています。

奈未は、面接までに少し時間があったので、公園のベンチに座ろうとしていました。

その様子を見ていたカメラマンの潤之介(玉森裕太)は、慌てて止めようとします。

そのベンチは、「ペンキ塗りたて」だったのです。

しかし、潤之介の機転もむなしく、奈未はお尻にべったりペンキをつけてしまうのでした。

大事な面接があると聞いた潤之助は、奈未を近くの高級セレクトショップに連れて行きます。

そして、228,000円もする新しいスーツを見立てるのでした。

出版社の面接会場に駆けつけた奈未は、ファッション雑誌の副編集長・半田(なだぎ武)の目に止まり、採用されることになるのでした。

初出社・・・

初出社した奈未(上白石萌音)。

そんな奈未に与えられた仕事は、編集者ではなく、編集長の宝来麗子(菜々緒)の雑用係でした。

荷物持ちに車の手手配・・・奈未は疲労困憊なのでした。

ケンちゃんの誕生日・・・

奈未(上白石萌音)は、幼なじみで憧れのケンちゃん(犬飼貴丈)から、誕生日会に誘われました。

大喜びの奈未は、ケーキを持って会場に訪れました。

しかし、ケンちゃんは、婚約者の女性を奈未に紹介しました。

ケンちゃんにそんな人がいることを知らなかった奈未は、深く傷つきます。

そして傷心のまま、奈未は会社へ戻るのでした。

潤之介と再会・・・

編集長・麗子(菜々緒)への不満が爆発した奈未(上白石萌音)。

雑用ではなく、人並みの仕事がしたいと伝えました。

麗子は、人並み以下の奈未が、人並みという言葉を使う資格はないと言います。

奈未は、もう仕事を辞めようと思いました。

麗子の元を去った奈未が公園に行くと、そこにはペンキ事件の時の潤之介(玉森裕太)がいました。

奈未は、面接に合格して就職できたがもう辞めるということや、幼なじみの彼に失恋したことなどを一気に潤之介に話します。

潤之介は、奈未が持っていたケンちゃんのためのバースデーケーキを食べながら、奈未を励ますのでした。

奈未、大活躍!・・・

奈未(上白石萌音)のもとに、部の同僚の遥(久保田紗友)から電話がかかってきました。

撮影に必要な薔薇の手配を頼まれていた遥は、プレゼント用の薔薇だと勘違いして、必要な量を用意できずにいました。

「もうクビだ・・・」と落ち込む遥。

遥がこの仕事にかける思いを知っていた奈未は、遥のミスを自分のミスだと報告しました。

そして、道中でたまたま見つけた薔薇園で撮影することを提案します。

編集部員たちは、大急ぎで薔薇園『富津ローズガーデン』の経営者に撮影を頼み込みます。

しかし、女性経営者(円城寺あや)は頑なに拒否しました。

以前、撮影を許可したものの、薔薇を踏み荒らされて悲しい思いをしたことがあったのです。

すると、編集長の麗子(菜々緒)が女性経営者に土下座をしました。

そすて、自分達は決して薔薇を乱雑には扱わないと約束をします。

麗子のおかげで撮影がすることができ、理想通りの雑誌の表紙を作ることができました。

奈未は、そんな麗子を見て、自分は麗子のことを誤解していたと思いました。

奈未は、麗子に謝り、仕事を続けさせてもらうことになるのでした。

恋人のフリ?・・・

ある日、奈未(上白石萌音)の前に、潤之介(玉森裕太)が突然現れました。

潤之介は、奈未に「彼女になってほしい」と頼みます。

驚く奈未に、潤之介は親にお見合いを勧められて困っていることを明かすと、彼女のフリをしてほしいと言いました。

勢いに負けた奈未は、なんとなく引き受けてしまうのでした。

後日、潤之介は、奈未に姉を紹介すると言います。

その姉とは・・・、なんと奈未の上司の麗子(菜々緒)なのでした・・・

つづく

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第1話|放送後の感想

一話目から怒涛の展開でしたね〜!


編集長の麗子が強烈です~!

わがままで傲慢なだけに見えた麗子でしたが、本当は仕事に対しては誰よりもストイック!

努力を惜しまない女性で、憧れちゃいますね。

でも・・・菜々緒さんが登場すると、若干『スカッとジャパン』感がありますよね♪

しかし、一流モデル役で、冨永愛さんが登場したことにはびっくりです。

薔薇を背景にした写真、美しかった〜!

あんな雑誌が店頭にあれば、思わず手にとってしまうと思います。

ファッション雑誌の業界を舞台にしたドラマということで、女性が憧れるキラキラしたシチュエーションがいっぱい!

娯楽性の高いドラマになりそうです~♪

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋】もくじ一覧▶

◀相関図 | 2話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

スポンサーリンク

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第2話

2021年1月29日(火)放送
第2話
「偽装彼女でボスをだませ作戦!」

*放送後のネタバレあらすじです。

潤之介の姉は・・・

潤之介(玉森裕太)の恋人役を引き受けることになった奈未(上白石萌音)。

なんと潤之介の姉は、編集長の麗子(菜々緒)でした。

麗子から、交際の経緯を根掘り葉掘り聞かれて、奈未はタジタジです!

おまけに潤之介が奈未の設定を適当にしゃべるので、奈未は言い訳が大変でした。

さらに潤之介は、奈未の憧れの幼なじみの「ケンちゃん(犬飼貴丈)」というワードまで出す始末で、奈未はパニックに。

奈未はごまかすように、自分はけん玉チャンピオン(略してケンチャン)だと言ってしまうのでした。

そんな奈未ですが、潤之介との恋人設定をちょっぴり楽しんでいました。

社内でも、さりげなく彼女アピールをするのでした。

けん玉チャンピオンが仇に・・・

そんな折、次号のメイン企画について、編集会議が行われます。

中沢(間宮祥太朗)が、漫画家とファッションデザイナーによるコラボ企画を提案。

そして、漫画家の荒染右京(花江夏樹)にオファーを出すことに決まりました。

すると、あろうことか編集長の麗子(菜々緒)は、奈未(上白石萌)に荒染右京の交渉に行くように命じます。

なぜなら、荒染右京が『けん玉』が好きだからです。

チャンピオンどころか、けん玉ができない奈未は大ピンチを迎えました。

その夜、奈未は、潤之介(玉森裕太)の家でけん玉の練習をしようとします。

しかし、いつの間にか疲れて眠ってしまうのでした。

翌朝・・・

奈未は寝過ごしてしまい慌てて出社しました。

しかも会社に着くなり、麗子から荒染右京のところ行くように指示されてしまうのでした。

副編集長・半田(なだぎ武)とともに荒染右京の家に行った奈未は、けん玉を披露します。

当然ながら、奈未はまともにけん玉をすることはできず、交渉は失敗に終わるのでした。

彼女役の理由・・・

交渉に失敗して落ち込む奈未(上白石萌音)。

その夜、奈未は潤之介に(玉森裕太)、なぜ自分が彼女役に選ばれたのかと問いかけました。

すると、潤之介は「実際には付き合う可能性がない人が良かったから・・・」と答えました。

潤之介を少し意識していた奈未は、傷ついてしまうのでした。

翌日出社した奈未は、編集長・麗子(菜々緒)に、なぜ新人の自分にあんな大きな仕事を押し付けたのかと文句を言います。

すると、麗子は「人並みの責任を取りなさい」と言うのでした。

奈未が一念発起!・・・

帰宅した奈未(上白石萌音)は、動画を見ながら必死でけん玉の練習をしています。

その翌日、再び漫画家・荒染右京(花江夏樹)の家を訪れました。

奈未は練習したけん玉を披露します。

荒染右京は、自分のために奈未が一生懸命けん玉を練習した思いを汲み取り、イラストの話を引き受けてくれることになるのでした。

パーティー会場にて・・・

編集長の麗子(菜々緒)は、交渉成立のご褒美として、奈未をパーティーに連れて行きました。

麗子が英語で挨拶をしています。

なんと、奈未は『けん玉チャンピオン』だと紹介し始めました。

奈未は、大勢の前でけん玉を披露することになります。

いくつかの技は決まりましたが、途中で失敗。

奈未はその場から逃げ出してしまうのでした。

潤之介の問いかけ・・・

人気漫画家・荒染右京のイラストが、編集部に送られてきました。

男の子のキャラクターが、カルティエの腕時計をしているイラストが描かれています。

奈未のおかげで、人気漫画家・荒染右京とカルティエのコラボが実現したのでした。

その日の帰り道、奈未は、潤之介と偶然出会います。

潤之介は、「自分のことを好きか?」と奈未に問いかけるのでした・・・

つづく

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第2話|放送後の感想

けん玉にペラペラ英語!

主演の上白石萌音さんがけん玉を披露、菜々緒さんがペラッペラの英語を披露するという神回になりました。

本作のために練習されたのか、もともとお得意だったのか?

女優さんたちの新たな一面を見られて、得した気分になりましたね♪

そして、なんだかよくわからないのは潤之介です!!

なぜただでさえ落ちこんでいる奈未に「付き合うことがない相手」なんて言ってしまったのでしょう。

これ、男性から言われたらかなりショックですよ!

しかも、別れを告げた奈未に「俺のこと好き?」と聞くなって・・・。

急に奈未と会えなくなって寂しくなったようですが、それって、ちょっぴり奈未のことが好きになりつつあったってことですよね?

これは、奈未と潤之介、立場が逆転しちゃうかもです~!

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋】もくじ一覧▶

▲1話 | 3話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

スポンサーリンク

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第3話


2021年1月26日(火)放送
第3話「鬼上司VS部下で大波乱!」

*放送後のネタバレあらすじです。

潤之介は危険?!・・・

編集長の弟でカメラマンの潤之介(玉森裕太)は、奈未(上白石萌音)に自分のことが好きかとたずねました。

戸惑う奈未に、潤之介は、個展に来てほしいと頼みます。

奈未は、潤之介はまるで子犬のように危険だと感じるのでした。

編集部にて・・・

モデルで柔道家の瀬尾光希(高山侑子)の撮影を行っていました。

編集部員の中沢(間宮祥太朗)は、充希の特集に力を入れています。

しかし、編集長の麗子(菜々緒)が急に光希のインタビューを、グローバルアナリスト・小早川佐和子(片瀬那奈)に差し替えると言い出しました。

中沢や社員たちは納得できずに反論します。

しかし、奈未(上白石萌音)は、麗子にはなにか考えがあるのだろうと考えるのでした。

ボイコット・・・

社員たちは、翌日から仕事をボイコットしてしまいました。

奈未以外には、遥(久保田紗友)と副編集長の半田(なだぎ武)しか出勤していません。

そんな中、奈未は麗子(菜々緒)に命令でジョギングへ行く羽目になるのでした。

会社の近くにて・・・

潤之介(玉森裕太)は、奈未(上白石萌音)に会いたくて、会社の近くで待っていました。

そこに、奈未の先輩の中沢が通りかかります。

潤之介は、自分が個展にいる時間をメモしたハガキを奈未に渡してほしいと、中沢に頼むのでした。

合コン・・・

翌日も、オフィスには奈未と遥と半田しかいません。

困り果てた奈未が、和美(秋山ゆずき)に電話をすると、指定された場所に来るように言われました。

奈未と遥(久保田紗友)が、指定された店に行くと、和美に強引に横並びに座らされます。

まもなくして男性がやってきて、合コンが始まりました。

なんと、潤之介(玉森裕太)の姿が!

奈未はみんなに笑顔を向ける潤之介を見ながら、ちょっぴり寂しく感じるのでした。

合コンが終わり、トボトボと帰る奈未(上白石萌音)。

すると、行きずりのカップルに絡まれてしまいます。

困っている奈未のところに、突然、潤之介(玉森裕太)が現れ、奈未の手を引いてその場から逃げ出すのでした。

直談判すると・・・

翌日出社した奈未(上白石萌音)は、編集長・麗子(菜々緒)に、瀬尾光希(高山侑子)の特集を変更しないでほしいと直談判しました。

しかし麗子は、光希も納得していることだと明かすと、一歩引いて物事を見るようにと言うのでした。

奈未は、中沢(間宮祥太朗)がまとめた光希の取材のノートを確認します。

すると、光希がこだわっていることに気が付きます。

奈未は、中沢を光希のところに連れていきました。

光希の父親は柔道家であり、父親が成し遂げた7連覇に彼女は強い思いを抱いていました。

現在、充希は6連覇中とため、次の試合にはなんとしても出たいと願っています。

しかし、光希のケガはまだ治っておらず、ここで無理をすることは選手生命に関わります。

麗子は、光希を追い込みたくないから、雑誌掲載を取りやめたのでした。

その日の帰り道、奈未は中沢から、潤之介のハガキを渡されるでした。

潤之介の個展に行く・・・

翌日、ボイコットしていた社員が戻り、無事に校了を迎えました。

仕事が終えた奈未(上白石萌音)は、慌てて潤之介(玉森裕太)の個展会場へ足を運びました。

個展は終わり、潤之介は不在の中で、何とか見せてもらえることになりました。

奈未との思い出のベンチの写真も展示されていました。

奈未が会場を後にした直後に戻ってきた潤之介は、すぐに奈未を追いかけました。

追いついた潤之助は、奈未に感想をたずねます。

楽しそうに写真の感想を話す奈未を、潤之介は愛おしそうに見つめます。

会話が途切れた途端、潤之介は「どうしよう・・・」とつぶやきました。

そして、潤之介は、奈未のおでこにキスをするのでした・・・

つづく

 

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第3話|放送後の感想

奈未と潤之介の恋が大きく進む~!


潤之介は、奈未のことを「実際には絶対付き合うことがない相手」だと表現しました。

でも、全然そんなことはなさそう!

距離を置こうとする奈未が気になって仕方ないようです。

やっぱり女性は、ちょっぴり逃げるぐらいのほうがモテるのかも~!

 

それにしても、奈未の妄想の中の仔犬風潤之介がかわいすぎです!

奈未から見た潤之介は、すごくかわいくてつかみどころがなくて、魅力的だけど危険な香りがするんでしょうね。

奈未の方もかなり潤之介のことは気になっているようです。

 

そしてついに、最後のシーンで、潤之介は奈未のおでこにキス!

二人の関係がどう進展していくのか楽しみです!!

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲2話 | 4話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ

スポンサーリンク

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第4話


2021年2月2日(火)放送
第4話
「BBQで盛り上がる恋心!?」

*放送後のネタバレあらすじです。

ファッションに目覚める奈未

ファッション誌『MIYAVI』創刊号はようやく完成しました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ 創刊号を抱きしめる奈未のイラスト

奈未(上白石萌音)は、就職してからあったい数々の思い出を振り返っていました。

感慨深げに『MIYAVI』をめくりながら、奈未はおしゃれなモデルたちを改めて目にします。

ファッションをプロデュースする側の仕事をしているはずなのに、自分のファッションはまったくイケてない・・・

がっくりした奈未は、自分も最先端のおしゃれがしたいと思い始めるのでした。

ファッションに興味を持った奈未でしたが、編集長の麗子(菜々緒)から見ると、センスのかけらもありません。

レセプションパーティー・・・

ファッションに興味を持った奈未(上白石萌音)。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ ファッションに目覚めた奈未のイラスト

しかし、ファッション誌の編集部とは思えないセンスでした。

そんな奈未をなんとかしてあげたいと思った同僚たちは、ブランドの『レセプションパーティー』に奈未を連れて行くのでした。

しかし、そこにはまた、カメラマンの潤之介(玉森裕太)が・・・。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ パーティーに現れた潤之介のイラスト

潤之介からおでこにキスをされて以来、気になって仕方ない奈未は、突然現れた潤之介に戸惑るのでした。

ウエクサジンコ・・・

一方その頃、編集長の麗子(菜々緒)は、クリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコ(高岡早紀)と再会していました。

ジンコは、ファッション業界のトップで、麗子のかつての上司でもあります。

また、ジンコは、次号の『MIYAVI』で特集ページを担当することになっていました。

ジンコの企画に携わる・・・

そんなある日、奈未は、ジンコのオフィスへ麗子に頼まれた差し入れを届けに訪れました。

ミーティングはとてもアットホームな雰囲気で、奈未はうらやましくて仕方ありません。

そんな奈未を、ジンコは自分の企画に誘いました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ 奈未を誘うジンコのイラスト

ジンコの企画に関わることになった奈未は、副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)と会食をセッティングするようにジンコから頼まれます。

なんとジンコと宇賀神は、元夫婦だったのでした。

初心を思い出すジンコ・・・

ジンコ(高岡早紀)が企画する撮影日の当日。

撮影に必要な着物の帯が一本届かず、ジンコは激怒します。

しかし、麗子が機転をきかせたことで、無事に撮影が始まりました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ 機転を利かせた麗子のおかげで撮影が進む現場のイラスト

麗子のおかげでジンコは、初心を思い出すのでした。

後日、ジンコは、再婚が決まったことを麗子に打ち明けます。

そして、元夫の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)のことを託します。

ジンコは、麗子が宇賀神に思いを寄せていることを知っていたのでした。

潤之介と奈未の関係・・・

奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)におでこにキスされたことが、ずっと気になっていました。

しかし、中沢(間宮祥太朗)や遥(久保田紗友)と4人で行ったキャンプで、少し距離が縮まったこともあり、奈未は素直になろうと考え始めます。

仕事が早く終わりそうな火曜日に、奈未は潤之介と、星を見に行くことになりました。

火曜日を楽しみにしていた奈未でしたが、潤之助のアシスタント・尾芦(ミキ/亜生)から、思わぬことを聞き激しく動揺します。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ 潤之介に忘れられない人がいると知って落ち込む奈未のイラスト

なんと潤之介には、忘れられない女性がいると言うのでした。

火曜日の夜・・・

潤之介(玉森裕太)との約束を破ろうとした奈未(上白石萌音)。

それでも気になり、遅れて待ち合わせ場所に行きました。

大雨の中、潤之介は待っていました。

優しく微笑む潤之介にときめいた奈未は、思わず潤之介の唇にキスをしてしまうのでした・・・

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ボス恋ネタバレあらすじ 雨の中でキスする奈未と潤之介のイラスト

つづく

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第4話|放送後の感想

鬼の麗子にキュン♪

ジンコと宇賀神の会食の話を聞いて、そわそわしている麗子。

いつもクールで完璧な麗子のちょっぴりドジな姿は、とってもキュートでした。

宇賀神のことを昔から好きだった様子の麗子なので、この片思いは年季が入ってそうですね。

ジンコの言うとおり、麗子は仕事はできますが、恋愛は下手なようですね。

 

そんな麗子の思わぬ弱点に、キュンとしちゃいましたね。

潤之介と奈未の今後の関係も気になりますが、麗子の恋の行方が気になります!

デレデレする麗子を見られる日がくるといいですね~♪

 

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲3話 | 5話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第5話


2021年2月9日(火)放送
第5話
「これって付き合ってるの?!」

*放送後のネタバレあらすじです。

潤之介と恋人・・・!?

大雨の中、傘もささずに奈未(上白石萌音)のことを待っていた潤之介(玉森裕太)。

奈未は胸を打たれました。

奈未は、ずぶ濡れになった潤之介を連れて、自分の家に帰ることにしました。

潤之介は、奈未に「好きだよ」と自分の思いを伝えました。

奈未は、友人から聞いた潤之介の忘れられない女性の存在が頭をよぎりますが、この時間の幸せを噛みしめるのでした。

遥みたいになりたい!・・・

その頃、副編集長の半田 (なだぎ武) が迷っていました。

それは、社内報に載せるための『MIYAVI』の紹介記事を、誰が作るかということでした。

遥 (久保田紗友)に白羽の矢が立ちますが、優秀な遥は、すでにたくさんの仕事を抱えていました。

編集長の麗子(菜々緒)からも高く評価されている遥のことを、奈未(上白石萌音)は羨ましく感じていました。

「遥のようになれば、潤之介(麗子の弟)との交際も許してもらえるかも・・・」

そう思い立った奈未は、社内報の仕事をやりたいと申し出るのでした。

ドレス・・・

そんな折、奈未は、先輩編集部員・中沢 (間宮祥太朗)が担当する対談企画に必要なドレスを届けることになりました。

対談の相手は、有名バイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ)です。

奈未は、たまたま通りかかったスタイリストに、間違えて衣装を渡してしまいました。

奈未のうっかりは、後に大きなトラブルを生むことになるのでした。

気さくな理緒・・・

奈未は、ロビーにいた理緒を見つけると、インタビュアーの中沢が遅れると伝えました。

すると理緒は、待ち時間に一緒にお昼ごはんを食べたいと奈未を誘うのでした。

気さくに話す理緒に、奈未は好感を抱きます。

やがて、話題は奈未の恋愛の話へ。

奈未は、好きな人(潤之介のこと)から、好きと言われたけれども、付き合っているのかどうかはわからないと明かします。

そんな奈未に、理緒はいろいろとアドバイスを始めるのでした。

天然の潤之介・・・

奈未は、潤之介から『カニ』をおすそ分けしたいという連絡を受けました。

早速、理緒から教えてもらった恋愛テクニックを試すために、奈未は気合を入れて潤之介のもとへ向かいました。

しかし、天然な潤之介にはなかなか伝わりません。

しびれを切らした奈未は、「ちゃんと告白してほしい!」とストレートに伝えました。

ちょうどその時、インターホンが鳴ります。

なんと、潤之介の姉で、奈未の上司の麗子がやって来ました。

慌てて隠れた奈未でしたが、麗子に見つかってしまいます。

奈未は、カニに興味があったと言って、その場を切り抜けるのでした。

社内報作りに励む奈未・・・

翌日、奈未の『ドレスの届け間違い』が明らかになりました。

慌てた奈未は、あちこち奔走します。

危機一髪のところで、麗子の機転によって理緒のドレスを取り返すことができました。

その後、奈未は麗子から厳しく怒られます。

落ち込んだ奈未は、社内報だけでも頑張ろうと気持ちを切り替えました。

編集部の人にアンケートをとったり、中沢にグラフの作り方を教えてもらったりしながら、なんとか完成させます。

その内容は、麗子に関する特集ばかりで、麗子は最初はOKを出しません。

それでも、最終的にOKを出してくれたのでした。

潤之介と理緒が・・・

理緒の取材現場に立ち会う奈未。

取材後、理緒と奈未が、恋愛の話で盛り上がっていると、そこに潤之介がやってきました。

潤之介は奈未に告白しようとしていました。

しかし、潤之介は理緒と目が合った途端に、「な、なんで理緒が・・・」と焦ります。

すると理緒は、「あたしたち、幼なじみ」と奈未に微笑みました。

奈未は、潤之介が一途に思いを寄せていた相手は、理緒だと気づくのでした・・・

つづく

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第5話|放送後の感想

ポジティブにいけ~!

恋愛も仕事も頑張ると決めた奈未。

一生懸命頑張っているのですが、ドレスを届け間違えるという大失敗をやらかしてしまいました。

う〜ん ドレスをその場にいるスタイリストに確認もせずに渡しちゃうというのは・・・。

ちょっと社会人としてはありえないかもと思っちゃいましたし、編集長に怒られても当然ですね。

しかし、すぐに反省して気持ちを切り替えるところは、たくましくて素直ですね。

そんな姿は応援したくなります!

恋愛の方では、強力なライバル・理緒が現れ、また自信をなくしてしまいそう・・・

持ち前の前向きさで、乗り越えてほしいです!

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第5話|予告ポイント

待ってました〜!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿


ついに潤之介から愛の告白をされるんですね!

奈未は、潤之介の想い人が気になっていると思います。

でも、勇気を出して進んでいくようです!

潤之介に恋をして傷つくことを恐れていた奈未が、成長していく姿が見られればいいなと思います~♪

一方、仕事の面でも、麗子の雑用係のみという状態から脱しつつある奈未。

しかし奈未は仕事で、恋のライバルである蓮見理緒と顔を合わせることになりそうです。

大丈夫かな・・・。奈未、頑張れ~!!

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲4話 | 6話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第6話


2021年2月16日(火)放送
第6話
「雑用係卒業? 子犬男子と同居?!」

*放送後のネタバレあらすじです。

パーティー会場にて・・・

編集長・麗子 (菜々緒)に連れられて、あるパーティーに出た奈未 (上白石萌音)。

なんとそこには、バイオリニストの蓮見理緒 (倉科カナ)がいました。

奈未は、理緒のことは好きです。

しかし理緒は、潤之介 (玉森裕太)の幼なじみ。

しかも、お互いに長く恋心を抱いていたことを知ってしまった奈未は、いたたまれない気持ちでいました。

そのため奈未は、理緒に見つからないように隠れてしまうのでした。

 

なんとか理緒の目を逃れ、麗子の影に隠れるようにして、パーティ会場を立ち去ろうとする奈未でしたが、なんとそこに麗子と潤之介の父親・宝来勝之介 (宇梶剛士) が現れました。

奈未は、慌てて挨拶を交わします。

すると勝之介は、麗子に若手実業家・新谷 (細田善彦)を紹介するのでした。

 

自宅に帰ると・・・

パーティーを終えて、奈未が帰宅するとアパートの前に潤之介がいました。

あれから、電話もメールも返事をしていなかった奈未。

潤之介は、奈未から避けられている理由がわからなくて、気になっていました。

「理由を聞くまで帰らない!」

潤之介はそう言うと、その場を動こうとしません。

そのまま居座り、結局泊まっていくのでした。

 

交際宣言・・・

翌日、潤之介は、企画の担当カメラマンとして、『MIYAVI』編集部にやってきました。

潤之介は『MIYAVI』編集部の社員たちに奈未と交際中であることをはっきりと宣言します。

奈未は、ようやく安心した気持ちになれました。

 

その夜、また奈未の部屋にやってきた潤之介。

奈未は、潤之介と理緒との関係が不安だったことを話しました。

そんな奈未を抱きしめた潤之介は、ずっとそばにいることを誓うのでした。

 

『MIYAVI』の危機・・・

奈未たちが働いている音羽堂出版は、吸収合併の危機にありました。

そんな折、麗子のもとに、パーティーで会った新谷が連絡をしてきます。

新谷は、金銭的に良い条件でスポンサーになりたいと持ちかけてきたのでした。

 

しかし、それはもうほとんど『MIYAVI』が新谷の会社のパンフレットのような雑誌になるということを意味していました。

麗子は、音羽堂出版を守るために決断するしかないと思っていました。

しかし、奈未が訴えます。

「雑誌のファンの人たちを満足させられる雑誌を作れないならば意味がない!」

 

奈未の主張を聞き、麗子は自分が大切なことを忘れていたことを思い出します。

麗子は、新谷からの依頼を断り、奈未に感謝するのでした。

 

『MIYAVI』の危機・・・

病院に行った理緒は、『音楽家ジストニア』という手の神経の病気だと告げられました。

その日、偶然にも潤之介と会い、食事をすることに。

別れ際、理緒は思わず潤之介を引き止め、病気のことを打ち明けます。

そして演奏できなくなる恐怖から泣き出しました。

 

そんな理緒を慰めるように潤之介は抱きしめるのでした。

しかし、なんとその光景を、奈未は目撃してしまったのでした。

 

涼太が奈未に告白・・・

動揺しながら会社に戻った奈未。

同僚の遥(久保田紗友)に、衝撃的な出来事について話しました。

話しながら号泣してしまう奈未を遥はそっと慰めます。

その様子を、会社の先輩・中沢(間宮祥太朗)は、陰から聞いていました。

 

しばらくしてから中沢は、ひとりで社内に残っている奈未に近づきます。

「おれおまえのこと好きだ、俺なら泣かせない」

突然の中沢の告白に、言葉を失う奈未なのでした・・・

つづく

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第6話|放送後の感想

第2のイケメンからの告白♪

中沢が自分の恋心を抑えられなくなりましたね

ずっとヒロインを見守ってきた第2のイケメンからの告白は、恋愛ドラマあるあるです。

テンションが上がる瞬間ですよね!

 

「俺ならお前のこと泣かせない」

ちょっとキザだけど、弱っているときにこんな言葉をかけられたら、女子としては最高です!

残念ながら、奈未と中沢が結ばれることはないと思います。

でも、中沢には思いっきり潤之介と奈未の関係をかき回して、ドラマを盛り上げてほしいです~♪

 

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第6話|予告ポイント

引け目を感じてほしくない~

潤之介のずっと好きだった人が理緒だとわかり、ショックを隠せない奈未。

理緒は有名なバイオリニストで、超美人!

おまけに、とっても気さくで優しい女性でした。

奈未が引け目を感じてしまう気持ちもよく分かります。

でも、潤之介は今は前に進もうとしているし、奈未のことをちゃんと見つめているんですよね。

引け目なんて感じてほしくないです!

すでに三角関係の気配ですが、予告編を見ると5角関係になるのかも?!

ところで、潤之介が不安な気持ちで奈未の家までやってきたのかと思うと、かわいらしくてキュンとしちゃいます~♪

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲5話 | 7話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第7話


2021年2月23日(火)放送
第7話
「一発逆転! 世界で一番君が好き!」

*放送後のネタバレあらすじです。

スポンサー探し・・・

廃刊の危機に瀕しているファッション誌『MIYAVI』。

MIYAVIが廃刊の危機に瀕しています。

編集長・麗子(菜々緒)は、スポンサーとなる企業を探していますが、なかなかうまくいっていません。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ7話 命令する麗子のイラスト

そんな折、麗子は、奈未(上白石萌音)から、1枚1万円のティッシュなら、どんなブランドにも負けないのではないかと言われ、ハッとした顔をしました。

麗子はこの奈未の発想を生かして、無名だけど良質な化粧水をコーチとコラボさせることを思いつくのでした。

その後、奈未を巻き込んだ麗子は、見事にコラボしてくれる企業を獲得するのでした。

 

家族が上京・・・

そんな中、奈未の家族が上京してきました。

そのタイミングに、潤之介(玉森裕太)も奈未のアパートにやって来たため、鉢合わせしてしまうのでした。

奈未は、潤之介が幼なじみの理緒 (倉科カナ)と抱き合っているところを見てしまって以来、潤之介とは距離を置いていました。

潤之介に素っ気ない奈未を見た母・真未 (宮崎美子)は、潤之介は奈未につきまとう悪い虫だと勘違いします。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ7話 潤之介を追い払う母・真未のイラスト

真未は、潤之介を追い返してしまうのでした。

しかし、奈未と話し合うために後日、奈未のアパートにやってきた潤之介。

自販機の前でお金を落として困っている様子の奈未の父親・義郎(橋爪淳)を見つけ、手伝いをします。

その出来事をきっかけに、奈未の家族は、潤之介について誤解していたことを知って謝るのでした。

そして、奈未が仕事で時間がとれない中、潤之介は家族の東京の観光案内に付き合います。

潤之介と奈未の家族はすっかり親しくなったのでした。

 

長野のコテージにて・・・

中沢 (間宮祥太朗)や遥(久保田紗友)たち編集部のメンバーは、取材のために長野県のコテージに行っていました。

しかし、偶然にも奈未と編集長・麗子も営業目的で同じ場所を訪れることになっていました。

何とか営業を終えた奈未は、編集部のメンバーと合流してキャンプを楽しみます。

キャンプが終わり、帰ろうとしたときです。

奈未は、手に潤之介にプレゼントされたブレスレットがないことに気づいてしまいました。

一人で残ってブレスレットを探したいという奈未。

そんな奈未のブレスレット探しを中沢も手伝ってくれることになりました。

しかし夕方になってもブレスレットが見つかることはなく、二人は終電を逃してしまいます。

やむを得ず、現地に宿泊することになった二人ですが、宿の部屋がひとつしか空いておらず、中沢は別のホテルを探すと言いました。

広い部屋だから大丈夫という奈未ですが、中沢は出ていきます。

それから中沢はキャンプ場に行き、奈未のために朝までブレスレットを探し続けるのでした。

 

長野へバイクを飛ばす・・・

潤之介が奈未のことを会社の前で待っていると、編集部の和美(秋山ゆずき)が通りかかりました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ7話 奈未が長野にいると知った潤之介のイラスト

奈未は中沢とともに長野県に滞在していると聞かされた潤之介は、バイクを走らせて長野県へと向かうのでした。

 

翌朝・・・

一晩中かけて探した中沢は、ようやくブレスレットを見つけました。

一方、潤之介も長野県に到着。

偶然が重なり、奈未のいる宿に潤之介は、たどり着きました。

奈未と潤之介は、お互いに自分の思いを正直に口にします。

和解した二人は抱き合いました。

宿に帰ってきた中沢は、そんな二人の様子を目にしてしまいました。

中沢は、奈未の荷物の近くにブレスレットをそっと置いて、その場を立ち去るのでした・・・

つづく

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第7話|放送後の感想

中沢のことも応援したくなる~


長野県まで、バイクを飛ばしてやってきてくれた潤之介に感動!

潤之介の一途な思いにキュンキュンしましたが、それ以上に中沢のカッコよさに惚れました〜!

ホテルの部屋に一緒に泊まることを拒否しただけでもジェントルマンなのに、まさか朝までブレスレットを探してくれていたなんて・・・。

朝になり、抱き合う潤之介と奈未を見てしまったときの中沢の気持ちを思うと胸が苦しくなりました。

そして、何も言わずにブレスレットをそっと置いていく中沢が、これまたかっこいい〜!!

奈未と潤之介にはうまくいってほしいですが、中沢のことも応援したくなりました♪

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第7話|予告ポイント


誤解が解けることを祈ります~♪

ファッション雑誌『MIYAVI』を作る上で、プライドとこだわりを捨てないことを決めた麗子たち!

でも、廃刊の危機を脱することは容易ではないみたいですね。

仕事面で編集長から少しは認めるようになってきたので、次週も二人の良いコンビネーションが見られることを期待したいですね♪

 

そして、次回はなんと、奈未の家族と潤之介が対面という急展開!

少しゴタゴタ中の奈未と潤之介ですが、ちゃんと誤解を解いて仲直りしてほしいですね。

お母さんが手ごわいかもです~♪

 

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲6話 | 8話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第8話


2021年3月2日(火)放送
第8話
「彼氏ができたらやりたい10の事」

*放送後のネタバレあらすじ放です。

廃刊の危機・・・

音羽堂出版社では、次号の『MIYAVI』の売上次第で、吸収合併されることになるという危機に立たされていました。

『MIYAVI』も廃刊の危機です。

危機を脱却すべく、編集部は一流ブランド『COACH』の力を借りた化粧水のプロジェクトに動き出します。

奈未 (上白石萌音) は、『ISOBE』という化粧水を作っている会社の社長・磯辺 (近藤芳正)の紹介欄の記事を担当することになりました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ8話 仕事も恋も絶好調の奈未のイラスト

奈未にとっては、初めての雑誌に載る自分の原稿となりますので、ワクワクが止まりません。

そんな奈未は、潤之介 (玉森裕太) との恋愛も順調で、仕事中もニヤニヤが止まらないのでした。

 

潤之介の決意・・・

その頃、潤之介は、金沢の実家に帰省中でした。

母親の香織 (高橋ひとみ) と家業の『宝来グループ』を継ぐことに対して具体的に話をしてます。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ8話 帰省して母と話す潤之介のイラスト

潤之介が交際中の彼女・奈未のことを話すと、香織は連れてくるようにと言うのでした。

 

パワハラ疑惑・・・

そんなある日、写真週刊誌から編集部に一枚のゲラが送られてきました。

そこにはたくさん荷物を持たされている奈未と横を悠々と歩く編集長・麗子(菜々緒)が写っています。

どうやらこの写真とともに、麗子が部下にひどいパワハラをしているという記事が、写真週刊誌に載ってしまったようです。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ8話 週刊誌のゲラを見て驚く奈未のイラスト

社運をかけた『ISOBE』とのプロジェクトも、いったん中止になってしまうのでした。

奈未は磯辺に対して誤解を解くため、作戦を立てます。

磯辺の前で、わざと麗子を挑発した奈未は口論を始めるのでした。

普段のありのままの自分たちを見せることにしたのです。

磯辺は、麗子たちのことを信じると言ってくれました。

再び『ISOBE』とのプロジェクトは再開することになったのでした。

 

『MIYAVI』廃刊!?・・・

『MIYAVI』の第3号が発売。

売れ行きは順調で、ISOBEとCOACHのコラボ化粧水も話題になりました。

もしかしたら・・・と社員たちの志気も上がっていきます。

しかし、最終的に音羽堂出版は吸収合併されることになってしまったのでした。

そんな中、副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)の働きなどにより、なんとか『MIYAVI』は廃刊だけは免れることとなりました。

一方で、パワハラのことで雑誌に載ってしまった麗子は、編集長から外されるになったのでした。

 

潤之介のプロポーズ・・・

家業の『宝来グループ』を継ぐことを決めた潤之介。

カメラマンをやめ、金沢に帰ることになった潤之介は、奈未に将来のことを切り出そうとタイミングをはかっていました。

しかし、奈未が多忙で、その機会を見つけられずにいました。

そんな中、潤之介は、奈未が書いた『彼氏ができたらしたいこと』というメモを見つけました。

その後、潤之介は、一つずつ奈未の願望を叶えていきます。

そのメモは奈未が中学生のときに書いたものなので、ちょっぴり、今の奈未にはズレたものだったりしたのでした。

 

遊園地にて・・・

デートに出かけた潤之介と奈未。

潤之介はスケートリンクの上で、奈未にプロポーズを始めます。

カメラマンをやめたこと、金沢に帰るから一緒に着てほしいと伝えるのでした。

突然の告白に奈未は・・・

つづく

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第8話|放送後の感想


編集長の運命はいかに・・・

麗子はキツイ上司ではありましたが、一方的に奈未が攻撃されるだけという関係ではありませんでした。

奈未は自分の言いたいことはちゃんと言うし、麗子の方も言い返してくる奈未を受け止めるだけの度量があるんですよね。

奈未が磯辺に対して、麗子とのありのままの関係を見せたシーンでは、奈未の成長を感じました。

しかし、MIYAVIの存続は決まりましたが、麗子が編集長を降ろされることになるなんて・・・。

麗子の下でもっと働きたいと思っていた奈未にとっては、受け入れ難い状況だと思います。

また、編集部を去った麗子の今後のことも気になります~♪

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第8話|予告ポイント


絶好調だけど・・・


潤之介との恋愛がうまく行き始め、仕事も充実してきた奈未は絶好調。

女性にとっては、最高でノリノリの状況ですよね。

しかし、そんな奈未の知らないところでは、深刻な問題が進んでいました。

音羽堂出版社や『MIYAVI』は、存続の危機に瀕しています。

さらに、潤之介も将来のことについてちゃんと決めなければならない局面にさしかかっていますね。

さまざまな事情を知ったとき、奈未にできることはあるのでしょうか。

クライマックスに向けて、成長していく奈未の姿が見られそうです~♪

 

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲7話 | 9話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第9話|放送前の予告


2021年3月9日(火)放送
第9話
「好きだから…一緒にいたい!」

*ネタバレを含むあらすじ放送前の予告編です。

デート中・・・

潤之介 (玉森裕太) から、突然プロポーズをされた奈未 (上白石萌音)。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ9話 潤之介からプロポーズされた奈未のイラスト

潤之介がカメラマンを辞めること、そして金沢に帰ることを同時に聞かされる奈未。

突然の出来事に驚いた奈未は、とっさにプロポーズに返事をしてしまうのでした。

 

『MIYAVI』編集部・・・

翌日、出社した奈未。

いつものように、編集長の麗子(菜々緒)にコーヒーを届けに行きました。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ9話 麗子のいなくなった編集長のデスクのイラスト

しかし、編集長室には麗子はおらず、 それどころか荷物がすべてなくなっています。

半田(なだぎ武)は、MIYAVI編集部のメンバーが集めました。

そして、音羽堂出版の吸収合併後のことについて説明を始めます。

そこに現れた新しい編集長は、なんとライバル誌の編集長・麻美 (高橋メアリージュン)だったのです。

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ9話 MIYAVIの新編集長になった麻美のイラスト

麻美は、麗子は編集部から外されたと告げるのでした。

すぐには理解できない編集部のメンバーたち。

さらに、麗子と連絡が取れなくなってしまったのでした・・・

 

【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】ネタバレあらすじ第9話|予告ポイント


プロポーズの返事が気になる~


MIYAVIの存続が決まり、編集部メンバーの解散は免れました!

でも、麗子ひとりが責任を取ることになってしまい、みんなの前から突然姿を消してしまうなんて・・・

麗子は、何もかもわかっていたからこそ、必死に編集長としての仕事をやってきたのかもしれません。

一方、いよいよ、本格的な登場シーンが増えそうなのが、高橋メアリージュンさんが演じる麻美です。

麻美がどんな編集長なのか、興味が深まりますね。

そしてプライベートでは、潤之介からプロポーズを受けた奈未がどんな答えを出したのか気になります~♪

 

◆【ボス恋 】視聴率一覧▶

◆【ボス恋 】もくじ一覧▶

▲8話 | 9話▼

◆2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶