モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ19週95話|サヨナラ千之助!初めて主役を演じる千代は?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年4月16日(金)放送
おちょやん第19週テーマ
「その名も、鶴亀新喜劇や」

【おちょやん】あらすじネタバレ19週95話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

稽古場にて・・・ 

「わしはやらん!千代、お前が主役じゃ・・・」

おちょやんあらすじネタバレ19週95話 主役を千代に譲る千之助のイラスト

旗揚げ公演初日が迫る中、なんと千之助は、千代に主役を命じます。

しかも、自分は芝居にも出ないと言うのでした。

初めての主役で気が動転する千代は、連日に渡り千之助のいるところへ押しかけ、質問攻めにするのでした。

【95話の展開】

 

再び、花籠が届く・・・

 

激しく重圧を感じる千代。

 

初めての主役以上に、道頓堀を芝居の街に戻すという使命が重くのしかかります。

 

千代が自分自身の芝居を見失いかけている時、寛治が花籠を持って帰宅しました。

 

それは、千代宛に届いた、差出人不明の花でした。

 

 

千代は花の贈り主が無事だったことに安堵します。

 

すると一平が、芝居を見てくれる人のために一生懸命に演じるだけだと、迷う千代の背中を押すのでした。

 

 

旗揚げ公演初日・・・

 

千代と一平が主役を務める、トリの演目『お家はんと直どん』の幕が上がりました。

 

客席には、みつえやシズたちが千代の晴れ舞台を見つめています。

 

そして舞台袖では、千之助や『鶴亀』の大山社長、熊田らが険しい顔つきを崩しません。

 

舞台に立った千代は、迷いから解き放たれ躍動するのでした。

 

 

千代と一平の息の合った芝居は観客の心を掴み、拍手喝采に包まれて幕を下ろしました。

 

家庭劇と万太郎一座は因縁を乗り越え、無事に融合しました。

 

世代交代を見届けた大山は、道頓堀喜劇の新しい幕開けを確信するのでした

 

 

千之助との別れ・・・

 

客席に誰もいない中、舞台に一礼する千之助。

 

明らかに様子のおかしい千之助を、一平と千代が引き止めようとします。

 

しかし千之助は、見事な芝居だったと言い、自分がいなくても新喜劇は大丈夫だと太鼓判を押しました。

 

そして、初めて一平のことを天海と呼びます。

 

千之助は、責任を果たしたかのように、初代天海に義理を果たせたと安堵するのでした。

 

 

一平は、貰ったものは何一つ無駄にしないと誓い、大きな壁であり続けた千之助に深く感謝します。

 

そんな一平と千代を、感慨深げに見つめる千之助なのでした。

『新えびす座』にて・・・ 

千代と一平の前から、立ち去ろうとする千之助。

そこへ劇団員たちが駆けつけ、名残惜しそうに千之助の名を呼びます。

「じゃかましいわい!」

いつもの千之助節が響き渡ります。

千之助は、皆のおでこを弾くような仕草をして激励を送ると、最後にニッコリと微笑みました。

劇団員たちに見送られる中、千之助は静かに去って行くのでした・・・

つづく

◆千之助役・ほっしゃんの!2度目のプロポーズとは?▶

◆天海一平役・成田凌さんが光物を振り回す趣味とは?▶

スポンサーリンク

【おちょやんあらすじネタバレ19週95話|感想を最終話まで!

◀94話 | 96話▶

週間ネタバレはコチラ▶

大山社長は感動屋さんだった~♪


新たな道頓堀の幕開けになりました。

まさか、大山社長がバンザイをするとはビックリでした!

失敗はできないとしつこく念を押していましたが、劇場や新社屋など大きな投資をしていることを考えれば納得です。

そんな冷酷な経営者でありながらも、実は芝居を心から愛しているというギャップが素敵ですね♪

さて、成田凌さんの『ハゲヅラ』を見ることになろうとは思いもしませんでした。

それにしても成田さんの演技は幅が広いですね。

若い役をやれば色気を放ち、中年役では貫禄があり、年配役では哀愁を漂わせる・・・すごい役者さんです。

そんな一平くんを、千さんは名実ともに二代目だと認めたようです。

千さんが去り際にした『エアーデコピン』に胸が熱くなりました♪

ところで、4回目の花籠が届きましたね。

贈り主の候補がいっぱいで、ますます興味が深まります~♪

 

◆大山社長役・中村鴈治郎さんの幼少時代の写真はコチラ▶

◆千之助役・ほっしゃんの!2度目のプロポーズとは?▶

◆天海一平役・成田凌さんが光物を振り回す趣味とは?▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ19週95話|予告ポイント

◀94話 | 96話▶

週間ネタバレはコチラ▶

サヨナラはさびしい・・・

【おちょやん】の主要キャラである、千之助さんのラストかもしれません。

わがままで口が悪く、態度も大きい千之助さん。

アクの強いキャラで、当初は敬遠したくなる存在でした。

次第に人間味あふれる部分が明らかになり、時にはお茶目な面も見せてくれるように。

そんな千之助さんは、【おちょやん】に欠かせない重要キャラとなりました。

史実によれば、千之助さんのモデル・曾我廼家十吾さんは、『松竹新喜劇』が発足して8年後に退団しています。

退団の原因は、15歳年下の座長・渋谷天外さん(一平のモデル)との喧嘩別れだとか。

これまで苦楽を共にしてきた二人ですが、根本的に喜劇に対する方向性の違いから度々ぶつかっていました。

なお、退団してから14年後に、十吾さんは新喜劇の『アットン婆さん』(ドラマではマットン婆さん)に特別出演しています。

史実から考えて、千之助さんの再登場の可能性もありそうですね♪

 

◆千之助役・ほっしゃんの!2度目のプロポーズとは?▶

◆天海一平役・成田凌さんが光物を振り回す趣味とは?▶

◀94話 | 96話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおちょやん