おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ21週103話|栗子の後悔と春子のお願い!当郎がプロポーズ?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年4月28日(水)放送
おちょやん第21週テーマ
「竹井千代と申します」

【おちょやん】あらすじネタバレ21週103話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

一年前の夜・・・ 

意図せず姪・春子を傷つけてしまい、落ち込む千代。

おちょやんネタバレあらすじ21週103話 反省する千代のイラスト

春子を寝かしつけた栗子は、千代に「だんない」と微笑みます。

そして酒を注いだ栗子は、過去の話を始めるのでした。

【103話の展開】

 

栗子の後悔・・・

 

千代を追い出した当時のことを語り出した栗子。

 

テルヲは、千代が奉公に出た途端、酒と博打にのめり込んでいました。

 

借金取りに脅かされる中で、生まれてくる我が子のことを考えた栗子は、テルヲのもとを飛び出したのでした。

 

 

その後、もう男に頼る生き方はしないと決めた栗子は、娘・さくらを抱えて必死に生き抜いてきました。

 

そして、そんな娘との生活に幸せを感じる度に、千代のことを思い出し心が痛んだと語ります。

 

 

栗子は、千代の人生を狂わせたことを悔やみ続けていたのでした。

 

そんな栗子の話を途中で遮った千代は、今の自分には春子の面倒を見ることはできないと出ていこうとします。

 

すると栗子は、行き先が見つかるまでの間だけでも、ここにいてほしいというのでした。

 

その夜、行く当てのない千代は栗子の家に泊めてもらうことになったのでした。

 

 

千代の気づき・・・

 

翌日のこと。

 

春子に宿題を教えてほしいと頼まれた千代は、自分はろくに学校に通えなかったので、祖母・栗子に教えてもらうよう促します。

 

すると春子は、祖母・栗子は学校に行けず字が読めないので、頼めないとうつむくのでした。

 

 

千代はその時、栗子が竹井家にやって来た時のことを思い出しました。

 

当時の栗子は、三味線以外の荷物はほとんどありませんでした。

 

いまさらながらそれに気づいた千代は、栗子も自分と同じような悲惨な境遇で育ったのかもしれないと、思いを巡らせるのでした。

 

そんな経緯を経ながら、千代は栗子と暮らし始めたのでした。

 

やがて一年の月日をかけて、千代は、義母の栗子・姪の春子と少しずつ家族になっていたのでした。

 

 

ある日の事・・・

 

仕事から帰宅した千代を、なんと漫才師の当郎(あたろう)が待っていました。

 

 

千代のことを諦めきれない当郎は、NHKの桜庭から居場所を聞き出し、はるばるやって来たのです。

 

当郎は春子と栗子とすっかり仲良くなっていました。

 

 

そして、千代を見つめた当郎は、突然、自分と夫婦になって欲しいと真顔で言い出します。

 

突然のことに、千代は言葉を失うのでした。

 

 

一方、家の外には、脚本家・長澤が聞き耳を立てていました。

 

当郎と同じように長澤も、千代への興味を捨てきれず足を運んできたのでした。

 

 

当郎のペースにはまる・・・

 

ラジオドラマで夫婦になってほしいと説明した当郎。

 

しかし、千代はきっぱりと断ります。

 

すると当郎は、世間に『引退』と告げていないのだから問題ないと屁理屈を言い出すと、女優復帰させようと勝手に話しを進めていきます。

 

 

冷たくあしらっても、次から次に言葉を浴びせる当郎のせいで、千代は完全にペースを狂わされていました。

 

いつの間にか千代と当郎は、夫婦漫才のようなやり取りになるのでした・・・

千代の住む家にて・・・ 

当郎のペースにはまりながらも、自然と笑みこぼれる千代。

「何やろ・・・この人としゃべってたら、色んなこと悩んでんのがアホらしなってくるわ」

千代は当郎とのやり取りの中で、元気をもらっていることに気づきます。

 

一方、家の外で立ち聞きしていた長澤は、千代と当郎のやり取りに手応えを感じていました。

小さくうなずいた長澤は、その場からそっと立ち去るのでした・・・

つづく

◆次はいつ届く?『花籠(はなかご)』の送り主の候補リスト▶

◆栗子と春子と千代【竹井家の相関図】はコチラ!▶

◆まま母・栗子役の宮澤エマさん!華麗なる家族と恋人は?▶

◆当郎を演じる塚地武雅さんの朝ドラ出演歴は?▶

スポンサーリンク

【おちょやんあらすじネタバレ21週103話|感想を最終話まで!

◀102話 | 104話▶

週間ネタバレはコチラ▶

3人まとめてスカウトして~♪


さすが当郎さん、和やかな空気で包み込んでしまいました。

『ちゃぶ台』を囲んだ4人のシーンは面白かったですね。

まるでコントを観てるようでした!

このまま舞台上でやっても、お客さんに大ウケしそうなので、3人まとめてスカウトしてくれるといいな~♪

さて、千代ちゃんが京都で暮らし始めた経緯が明らかになりましたね。

春子ちゃんの面倒を見てほしいと言う栗子さんの思いは間違いないと思いますが、それと同じように千代ちゃんを一人にしておけないという思いもヒシヒシと感じました。

ところで、何故あのタイミングで、栗子さんが千代ちゃんを探し出せたかのかは、まだ分からないままです。

近いうちに判明することを期待したいです~♪

 

◆次はいつ届く?『花籠(はなかご)』の送り主の候補リスト▶

◆栗子と春子と千代【竹井家の相関図】はコチラ!▶

◆まま母・栗子役の宮澤エマさん!華麗なる家族と恋人は?▶

◆当郎を演じる塚地武雅さんの朝ドラ出演歴は?▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ21週103話|予告ポイント

まさかの栗子さんが再登場!


千代ちゃんと栗子さんの再会は、第2週以来で、約32~33年ぶりと思われます!

さらに、春子ちゃんを演じるのは、幼き千代ちゃんを演じた毎田暖乃ちゃんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎田 暖乃(@maida_nono_official)がシェアした投稿


宮澤エマさんが演じる栗子さんといえば、千代ちゃんの人生を狂わせた人物です。

幼い千代ちゃんにことごとく冷たくあたりましたよね。

千代ちゃんを追い出した栗子さんは、その後、テルヲお父ちゃんとの間にできた子どもを産みました。

しかし、甲斐性の無いテルヲお父ちゃんを捨て、行方知らずだったはずです。

栗子さんの歩んできた道や、千代ちゃんへの思いが語られることを期待したいですね。

さらに、千代ちゃんのもとに定期的に届く『花籠』の贈り主の可能性もあるかも~♪

さて、そんな栗子さんが心配するのが、孫の春子ちゃん。

恐らくテルヲお父ちゃんとの間にできた子どもの、娘でしょう。

仮にそうだとすると、春子ちゃんは千代ちゃんの『姪っ子』ということになります。

天外孤独となった千代ちゃんの前に現れた春子ちゃんは、間違いなく血縁者です。

千代ちゃんの決断が気になりますね。

 

◆次はいつ届く?『花籠(はなかご)』の送り主の候補リスト▶

◆栗子と春子と千代【竹井家の相関図】はコチラ!▶

◆まま母・栗子役の宮澤エマさん!華麗なる家族と恋人は?▶

◆当郎を演じる塚地武雅さんの朝ドラ出演歴は?▶

◀102話 | 104話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおちょやん