おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ23週111話|春子を養子!千代に最後のお願いをする男とは?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年5月10日(月)放送
おちょやん最終回・第23週テーマ
「今日もええ天気や」
おちょやんネタバレあらすじ23週111話

【おちょやん】あらすじネタバレ23週111話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

栗子なき家にて・・・

2年前に一平と離婚し、1年前に女優復帰した千代。

出演するラジオドラマ『お父さんはお人好し』は絶好調です。

一方、私生活でも大きな変化が起こっていました。

栗子との悲しい別れがあり、千代は、姪の春子を養子に迎えたのでした。

おちょやんネタバレあらすじ23週111話 春子を養子に迎えた千代のイラスト

正式な親子となった二人は、仲睦まじく暮らしています。

公私ともに充実した日々を送る千代ですが、離婚以来、道頓堀には一度も足を踏み入れていませんでした。

道頓堀を意識的に避ける千代は、『鶴亀新喜劇』の仲間だけでなく、『岡福』の家族とも連絡を断っていたのでした。

 

突然の来客・・・

ある日、懐かしい人物が千代を訪ねてきました。

なんと、『鶴亀』の熊田です。

おちょやんネタバレあらすじ23週111話 千代にお願いをする熊田のイラスト

千代の活躍ぶりを手放しで喜ぶ熊田が、思わぬことを言い出しました。

「頼む千代!一日だけでええから出てくれへんやろか、鶴亀新喜劇の舞台に・・・」

熊田は、深々と頭を下げます。

まもなく『鶴亀』を退社するという熊田は、新喜劇で芝居をする千代をもう一度見たいと切望していたのでした。

一方で千代は、戸惑いを隠すことができません。

千代にとって熊田は、30年以上に渡って世話になってきた恩人というべき存在です。

しかし、新喜劇の舞台に再び立つことは考えられないのでした。

熊田は帰り際に、一冊の台本を千代に手渡しました。

それは、一平が書き上げた新作『桂春団治(かつらはるだんじ)』の台本なのでした。

 

一平の状況・・・

その頃、一平は長いスランプから脱していました。

おちょやんネタバレあらすじ23週111話 スランプを抜け出した一平のイラスト

一平の書き上げた新作『桂春団治(かつらはるだんじ)』は高い評価を受けていました。

『鶴亀新喜劇』は多くの客でにぎわい始め、再び脚光を浴びていたのでした・・・

 

◆千代のモデル・浪花千栄子さんの七転び八起き人生はコチラ▶

◆再婚後も女遊び!一平のモデル・2代目渋谷天外さんの実話はコチラ▶

◆【おちょやん】のキャストとモデル一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ23週111話|予告ポイント

◀110話 | 112話▶

週間ネタバレはコチラ▶

最終週の幕開けです~♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

春子ちゃんを養子に迎えた千代ちゃんは、念願のお母ちゃんになりました!

史実によれば、千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんは、実弟の娘・輝美(てるみ)さんを養子に迎えています。

親子になった二人は、浪花さんが亡くなる日まで仲良く一緒に暮らしたそうです。

モデル同様に、千代ちゃんたちも良い親子関係を築いていくことでしょうね♪

さて、幾多の困難を跳ね除け、力強く生きてきた千代ちゃん。

最終週は、切っても切れない関係である一平くんと再び向き合う姿が描かれるようです。

代ちゃんと一平くんは、離婚したとはいえ、幼なじみの親友であり、苦楽を共にした同士です。

熊田さんをはじめ、これまで千代ちゃんと一平くんを支えてくれてきた人たちが、二人を引き合わせていくのかもしれませんね♪

史実によれば、離婚により看板女優の浪花千栄子さん(千代のモデル)を失った『松竹新喜劇』は大きな痛手を被ったそうです。

そんな中で奮起した渋谷天外さん(一平のモデル)は、『桂春団治』のヒットや、文芸色の強い作品を次々と発表するなどして、見事に復活を遂げました。

低迷期から脱出した一平くんに注目です~♪

 

◆千代のモデル・浪花千栄子さんの七転び八起き人生はコチラ▶

◆再婚後も女遊び!一平のモデル・2代目渋谷天外さんの実話はコチラ▶

◆【おちょやん】のキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀110話 | 112話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおちょやん