おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ23週113話|一平には内緒!?千代を大歓迎する面々とは?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年5月12日(水)放送
おちょやん最終回・第23週テーマ
「今日もええ天気や」
おちょやんネタバレあらすじ23週113話

【おちょやん】あらすじネタバレ23週113話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

『岡福うどん』にて・・・

「ごめんやす・・・」

勇気を振り絞って、二年ぶりに岡福の暖簾をくぐった千代。

女将のシズ、主人の宗助、店を切り盛りするみつえと一福親子が目を丸くしました。

千代は、これまでの不義理を詫びようとします。

そんな千代を、シズが見つめます。

「おかえり、千代」

シズは、ようやく帰ってきた千代を変わらぬ優しさで包み込むのでした。

涙を流しながら千代を抱きしめたみつえは、連絡すらよこさなかったことを咎めるのでした。

千代と岡福の家族は再会を喜び、近況を報告し合うのでした。

さらに、岡福の家族とすぐになじんだ春子が「新しい家族ができた!」と笑顔になります。

そんな春子の愛おしそうに見つめた千代は、勇気を出して道頓堀に来て良かったと心から思うのでした。

 

仲間との再会・・・

千代が道頓堀に帰ってきたという知らせを聞きつけた新喜劇の仲間たち。

一平には内緒にして、すぐに『岡福』へ駆けつけました。

千代は、苦楽を共にした仲間たちとの再会を喜ぶのでした。

その夜・・・

春子の夢は『看護婦』になることでした。

しかし春子は、勉強が苦手なことを理由にして「無理な夢は最初から諦めるの・・・」と肩を落とすのでした。

春子のことを応援したい千代でしたが、春子の消極的な姿勢を心配します。

夜が更けた頃、千代はある台本を手に取るのでした・・・

 

◆千代と苦楽を共にした劇団の仲間たちの相関図はコチラ▶

◆涙もろい旦さん役・名倉潤さんは国も認めたタイ人だった!?▶

◆【おちょやん】のキャストとモデル一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ23週113話|予告ポイント

◀112話 | 114話▶

週間ネタバレはコチラ▶

千代サポーターが集結!?♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

ようやく道頓堀に帰ってきた千代ちゃん。

9歳で女中奉公を始めた千代ちゃんが、道頓堀と関わり始めて約35年です。

その間、京都に住んでいた期間(若い時の4年間、離婚後の2年間)をのぞくと、30年以上も道頓堀に住んでいたことになります。

約10年は『岡安』で暮らし、結婚時代は一平くんと長屋で暮らしていました。

道頓堀は、千代ちゃんの数え切れない思い出が詰まった街そのものですよね♪

さて、そんな千代ちゃんを熱烈な歓迎と、愛のこもった激しいお説教が待っていそうですね。

親代わりのシズさんや宗助さん、姉妹のようなみつえちゃん、甥っ子のような一福くん、そして我が子のような寛治くんとの再会は想像するだけで胸が熱くなります。

さらに、天晴さん、徳利さん、漆原さん、香里ちゃんらとの再会も笑いのと涙にくれそうです~♪

 

◆千代と苦楽を共にした劇団の仲間たちの相関図はコチラ▶

◆涙もろい旦さん役・名倉潤さんは国も認めたタイ人だった!?▶

◆【おちょやん】のキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀112話 | 114話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおちょやん