モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ5週23話|お天気先生が降臨!百音のプロジェクトとは?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年6月16日(水)放送
おかえりモネ・第5週テーマ
「勉強はじめました」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ5週23話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

森林組合にて・・・ 

小学校でヒントを得た百音は、『学童机』を作ることを提案しました。

広葉樹・ナラの木は硬くて机に適している上、登米市教育委員会では机の入れ替えを予定していました。

しかも、地元の木材を使えば補助金も出るため、価格面でも大手メーカーに対抗できそうです。

百音の提案に可能性を感じ取った職員たちは賛同し、手始めにサンプルを作ることになったのでした。

【23話の展開】

 

下宿先・新田家にて・・・

 

森林組合のボスであるサヤカに、学童机を作ると報告した百音。

 

そのアイデアに感心したサヤカは、実現したら積極的にマスコミにアピールして取材してもらおうと、完成した先のことを考え始めるのでした。

 

そんなサヤカを見て、百音は舌を巻くのでした。

 

 

山の林道にて・・・

 

サンプルの材料となるナラの木を下見するため、山の作業現場に足を運んだ百音と課長・翔洋(しょうよう)。

 

山番頭の熊谷(くまがい)や、作業員たちの表情は硬く寡黙です。

 

 

百音は、明るく陽気な海の人たちとの違いに驚くのでした。

 

そんな中、案内役をする強面の熊谷が、木がある谷は雨が降りそうだから今日の下見を中止したいと言い出しました。

 

しかし、雲ひとつない青空で雨の気配は感じない百音は、おそるおそる、天気が変わるのかと熊谷に質問しました。

 

すると熊谷は、地形が複雑だから同じ天気なわけがないとぶっきらぼうに言うと、山の雲は下から来るのだと怪訝な顔つきになるのでした。

 

たじろいだ百音ですが、雲が下から来るという意味が理解できないのでした。

 

 

カフェ・椎の実にて・・・

 

仕事を終えた百音。

 

ある本を読みたくて、店じまいしたカフェに行きました。

 

百音が買ってきた本は、小学校の図書室で見つけた『てんきのふしぎ』という絵本でした。

 

子ども向けに天気の仕組みを分かりやすい言葉と絵で解説してあります。

 

しかし、理解ができない百音はお手上げ状態となり、思わずダメだと嘆くのでした。

 

 

すると背後から、何がという声が聞こえてきました。

 

声の主は診療所の医師・菅波なのでした。

 

 

菅波の講義・・・

 

忘れ物を取りにカフェにやって来た医師・菅波。

 

とっさに百音は、絵本を隠そうとしますが、あえなく菅波に見つかってしましました。

 

バツが悪くなった百音ですが、ますます天気に興味が沸いたと正直な気持ちを伝えます。

 

そして、雨の降る仕組み仕組みが分からないもどかしさを、菅波に愚痴るのでした。

 

すると菅波はノートにさっとグラフを書き込み、百音に説明を始めます。

 

しかし百音は、相変わらずチンプンカンプンです。

 

すかさず厨房から氷入りのグラスを持ってきた菅波は、グラスに現れた水滴を見せながら、雨が降る仕組みの解説を続けました。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 5週23話 天気の仕組みを解説する菅波のイラスト

 

みるみる引き込まれた百音は、ようやく理解することが出来たのでした。

 

百音の納得した表情を見届けた菅波は、このイメージを頭にたたきこんで下さいと言います。

 

そして、次回は雲が出来る仕組みを考えようと言い残して、菅波は立ち去って行くのでした。

カフェ・椎の実にて・・・ 

「次回・・・??」

一人になった百音は、菅波の言葉の意味が分からず首をかしげます。

しかしすぐに、水滴のついたグラスを興味深そうに見つめるのでした・・・

つづく

 

◆菅波先生役・坂口健太郎さんの高校時代のモテ画像はコチラ!▶

◆翔洋役の浜野謙太さんの過去の朝ドラ出演シーンがイケてる~!▶

スポンサーリンク

【おかえりモネあらすじネタバレ5週23話|感想を最終話まで!

◀22話 | 24話▶

週間ネタバレはコチラ▶

森の中で熊さんに出会った・・・


ある日、森の中で出会った『熊さん』こと山番頭・熊谷さんは迫力満点!

熊さんも、曲者っぽいキャラでしたね。

山の天気の変化に不思議がるモネちゃんに、「そんなことも知らないのか~!」とでも言いたげでした。

強面で口は悪そうですけど、きっといい人の予感です~♪

それにしても、熊さんは本当に山の現場の人にしか見えませんよね。

熊さんこと熊谷役は、俳優の山本亨さん(60歳・滋賀県出身・krei.inc所属)です。

舞台や映画で活躍する山本さんは朝ドラでは『ウェルかめ』(2009年下期)に出演しています。

そんな山本さんの特技は『殺陣』なのだとか。ひぃ~怖い・・・

ところで、菅波先生がモネちゃんの天気の先生になりそうです。

菅波先生も手ごたえをつかんでいるといいですね。

お天気授業が始まり、モネちゃんと菅波先生の心の距離感が気になります~♪

 

◆菅波先生役・坂口健太郎さんの高校時代のモテ画像はコチラ!▶

◆翔洋役の浜野謙太さんの過去の朝ドラ出演シーンがイケてる~!▶

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ5週23話|予告ポイント

本格的な勉強が始まる予感♪

気象予報士に向けて、救世主が現れたのかも~!

山での作業中に海と山の天気の違いに疑問を抱いた百音ちゃん。

素朴な疑問をきっかけに、本格的な勉強がスタートしそうですね。

そんな百音ちゃんを手助けする菅波先生なら、すぐに気象予報士試験に受かってしまうのかもしれませんね。

さて、『山の天気は変わりやすい』とは理論的に実証された事実。

正確には、山の天気は平地に比べて変わりやすいということなのだとか。

その理由の糸口は『上昇気流』というものだそうです。

平地に吹く風が山に当たって斜面を上がっていくのが上昇気流で、その際に空気中の水蒸気の加減によって雲ができて、雨が降るとのことですよ。

ん~分かったようで、やっぱり分からないような・・・

放送当日の菅波先生の解説で、しっかりと勉強したいと思います~♪

 

◆菅波先生役・坂口健太郎さんの高校時代の画像はコチラ!▶

◆頼れる上司?!翔洋役の浜野謙太さんの朝ドラ出演シーンはコチラ▶

◀22話 | 24話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

NHKおかえりモネ