モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週32話|刺激を受ける!朝岡が連れて来たメンバーは?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年6月29日(火)放送
おかえりモネ・第7週テーマ
「サヤカさんの木」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週32話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

2015年(平成27年)7月 

「先生、取れました!人生初免許、国家資格です!」

興奮する百音は、取得したばかりの『普通自動車免許証』を診療所の医師・菅波に見せました。

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 百音の喜びの図

そんな無邪気な百音の喜びを、菅波も嬉しそうに受け止めるのでした。

【32話の展開】

 

8月のある日・・・

 

2回目の『気象予報士試験』の日。

 

百音は、がんと闘うswiftyのマスター・田中たちの声援を受けて、試験会場に向かいました。

 

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 受験後落ち込む百音の図

 

そんな百音ですが、ずっと仕事に追われていたため満足な試験勉強をしないままに臨んでいたのでした。

 

案の定、自らも『不合格内定状態』で試験会場から帰って来たのでした。

 

 

カフェ・椎の実にて・・・

 

試験の感触を医師・菅波に報告した百音。

 

この半年間の百音の状況を冷静に見守っていた菅波が答えます。

 

仕事や生活が充実すると情熱が薄らぐ『社会人あるある』だと正論を語ります。

 

百音には返す言葉もありませんでした。

 

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 百音に意見する菅波の図

 

さらに菅波は、資格を取得してからの百音のビジョンが明確になっていないといいます。

 

また、気象予報士の資格は職業に直結しているわけではなく、資格=仕事にはならないとドライに分析します。

 

 

そして、資格取得に向けて再スタートする気はあるのかと百音の真意をただします。

 

しかし、百音は返事を保留してしまうのでした。

 

 

森林組合にて・・・

 

百音の心が揺らぎ続けていたある日、ある人物が現れました。

 

なんと、百音に気象の魅力を教えてくれた気象キャスター・朝岡が、1年半ぶりに登米・米麻町(よねままち)にやって来たのでした。

 

朝岡は、『年輪気候学』が専門の大学教授・中本と、後輩の気象予報士・内田衛(うちだまもる)と野坂碧(のさかみどり)とを同行させていました。

 

 

山の頂上付近にて・・・

 

朝岡の後輩・野坂と内田は、フィールドワークが目的で米麻町にやって来ていました。

 

そんな二人を、百音が山に案内します。

 

野坂は防災に興味があり、保水力の高い木によって大雨による災害を防ぐ研究をしています。

 

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 山中を案内する百音の図

 

そして、重度の花粉症の内田は、花粉症の警報アプリを作ろうとしていました。

 

百音は、計測器を駆使して次々とデータを集めていく、野坂と内田に感心するばかりなのでした。

 

 

森林組合にて・・・

 

山で収集したデータをまとめた気象予報士・野坂が、先輩の朝岡に資料を見せ報告をします。

 

的確なアドバイスを送った朝岡は、自分たちが売るのは気象にまつわる正確な数字や時間だと話します。

 

気象ビジネスにおけるリードタイムとは『備えるための時間』を生み出すことだと言った朝岡は、それが安全・快適・利益をもたらすと力を込めるのでした。

 

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 朝岡の図

 

気象情報を通じ、様々な分野に役立てようとしている朝岡たちの姿を見て、百音の心にも変化が起きはじめるのでした。

夕方になり・・・ 

若手気象予報士・野坂と内田の名刺に目を止めた百音。

おもむろにパソコンに向かった百音は、彼らが勤務する『ウェザーエキスパーツ社』を検索します。

同社のホームページのトップ画面には『気象であなたの暮らしとビジネスを守ります』というメッセージが表示されていました。

そのメッセージは、百音の心にも強く響くのでした・・・

おかえりモネ・ネタバレ7週32話 百音の気づきの図

つづく

 

◆やがて百音と一緒に働く東京のメンバーはコチラ!▶

◆百音役・清原果耶さんの実家はドクターってホント?!▶

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週32話|今日の感想を最終回までお届け!

おぉ~!免許取得です!!

昨日31話がたぶん3月末頃。無事年度内に机の納品が終わったところでした。

その時期に、サヤカさんが骨折し、その助けになりたいってことで「免許取りますっ!」発言がありました。

さすがに、私をはじめ視聴者からも間に合うの??」なんて、だいぶツッコミ感想が有りましたが・・・

 

今日32話は、いきなり『7月』です。

はい、これだけの期間があれば『免許取得』もうなずけますね。

それにしても、Dr,菅波ひさびさの満面の笑顔でました~。♡~

とりわけ、こんなに満面笑顔は初めてなんじゃないですかね。

というわけで、今日32話のアイキャッチ画像に決定です。

でも、そのあとはまたいつもの硬い表情が続くんですけどね。

 

普段は仏頂面と正論で人を寄せ付けないオーラを発散しながら、時折見せるこのギャップ。

まして、イケメンのこれは『ずるい!』ですよね。

でも、誰が何と言おうとDr,菅波さん、私は許せますよ~♫

できれば、もっともっと今日のような笑顔が多くなるといいですね!

◆やがて百音と一緒に働く東京のメンバーはコチラ▶

 

◀31話 | 33話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週32話|予告ポイント

朝岡チームが来る~!

モネちゃんに、気象の世界を教えてくれた朝岡さんが久々に米麻町にやって来ました!

 

第1週に米麻町に来た朝岡さんは、この地出身の漫画家・石ノ森章太郎さんの原画展の見学が目的で、完全なるプライベート旅行でした。

今回は仕事関係のお仲間も一緒で、リフレッシュを兼ねた研究旅行といった感じですね。

 

2人の気象予報士は、きっとモネちゃんに良い影響を与えるはずですね。

 

一人目は、木の保水力に注目した防災を研究する野坂碧(のさかみどり)で、演じるのは森田望智(もりたみさと)さんです。

そして、2人目は気象予報士試験に一発で合格した頭脳明晰の内田衛(うちだまもる)で、演じるのは清水尋也(しみずひろや)さんです。

 

2人とも、いずれモネちゃんと同僚となる人たちです。

どんな出会いになるのか注目です~♪

 

◀31話 | 33話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

NHKおかえりモネ