モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週33話|暴風雨の夜の女子トーク!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年6月30日(水)放送
おかえりモネ・第7週テーマ
「サヤカさんの木」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週33話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

カフェ・椎の実にて・・・ 

気象キャスター・朝岡たちの歓迎会。

多くの人たちが駆けつけ、自慢の地酒や米、名物料理を振る舞います。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 中村と朝岡の再開の図

するとそこへ、菅波医師と1週間おきに入れ替わるもう一人の医師・中村が、スケジュールを前倒しして朝岡に会いに来たのでした。

中村と朝岡は、4年前の震災救援活動以来、旧知の仲だったのでした。

 

歓迎会の後・・・

サヤカと気象キャスター・朝岡と医師・中村は、4年前の震災の頃を振り返っていました。

当時サヤカは、復興支援の人たちのために森林組合の施設を解放し、朝岡と中村は登米・米麻町を拠点に被災地支援に出向いていました。

それ以来、3人は交友関係を築いていたのでした。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 サヤカと中村達の会話の図

そんな3人は、口々に「まだまだ」だと、復興への遅れを痛感するのでした。

 

気仙沼・永浦家にて・・・

その頃、百音の妹・未知は、大学に進学せずに『県の水産試験場』で働くことを家族に伝えていました。

未知の頑なに姿勢に戸惑う父・耕治は、無理をいるのではないかと真意をたずねます。

しかし、未知はうつむきながら小さく否定するのでした。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 未知と父の会話の図

「無理なんか・・・してない・・・」

 

森林組合の中庭にて・・・

百音は、東京へ帰ろうとする気象キャスター・朝岡に、前日に話していた気象における『リードタイム』の意味をたずねました。

朝岡は、リードタイムとは、『大切なものを守る時間』だと話します。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 朝岡の図

そして、百音の抱く葛藤を知る朝岡は、誰もが『震災の時に何もできなかった・・・』という思いを抱えていると、百音の心を柔らげるのでした。

 

数日後の夜・・・

2つの台風によって、東北地方は暴風雨に包まれていました。

テレビの気象ニュースでは、朝岡が最大級の警戒を呼び掛けています。

万が一に備えて、百音とサヤカは同じ部屋に布団を並べ、一緒に夜を過ごしていました。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 百音とサヤカの図

枕を並べた二人の会話から、サヤカも超大型台風の日に生まれた上、同じ9月17日生まれだと知って百音は目を丸くするのでした。

そして、サヤカは台風の混乱の中で家族を失い新田家に引き取られたと明かします。

そんなサヤカは、木は燃料にも船にもなると言い、何もかも失ってしまったとしても、人は必ず木を使って生きようとすると語ります。

そして樹齢300年のヒバの木は人々の暮らしを守る最後の砦と教えられたと話し、山主としてこの土地を守る役目を自負して生きてきたと打ち明けるのでした。

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 サヤカと百音の図

サヤカの生い立ちと強い思いを感じた百音は、サヤカに対する尊敬の念を新たにするのでした。

 

台風通過後の朝・・・ 

朝のテレビに映る、気象キャスター・朝岡を見つめていた百音。

再び、朝岡の言葉が蘇ります。

「何もできなかったと思う人は、次はきっと何かできるようになりたいと強く思うでしょう」

震災時、百音と同じ後悔の念を抱いた朝岡の言葉は、百音の悶々とした気持ちに一筋のヒントを与えるのでした・・・

【おかえりモネ】ネタバレ7週33話 百音の気づきの図

つづく

 

◆夏木マリさんとパートナー・ノブさんのかっこいいステージはコチラ

◆祖父・龍己を演じる藤竜也さんの若い頃の写真がイケてる~!▶

◆ドラマの世界観を表す主題歌『なないろ』の歌詞とは?▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週33話|感想を最終回までお届け!

話題の中村ドクター登場!

おかえりモネ始まって以来、登場するたびに話題になる方々がいます。

その一人が今日の『中村ドクター』です!

あの不必要なまでの筋肉と身長の高さ「ホントは何者なの?!」と話題騒然です。

本名は「平山祐介・ひらやまゆうすけ」さん。

パリコレにも出演したモデルで俳優なんですよね。

詳しくはコチラのキャスト紹介▶をご覧くださいね。驚きのプロフィールです~♪

 

さて、今日の物語は「災害」をキーに多くのフラグがたちましたね。

 

・サヤカさんが幼いころ台風で両親を亡くし「新田家」の養女になったこと。

・中村医師も朝岡さんも「大震災」を機に人生観に変化が起きたこと。

・そして、百音も妹・未知も『背負う何か』への不安感。

 

これらは、このドラマのテーマの一つにもなっている大きなポイントです。

今週でどれだけ解き明かされるのか、明日からの展開に注目ですね。

◆夏木マリさんとパートナー・ノブさんのかっこいいステージはコチラ

◆祖父・龍己を演じる藤竜也さんの若い頃の写真がイケてる~!▶

 

◀32話 | 34話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ7週33話|予告ポイント

嵐の夜の女子トーク♪

激しい風と雨が吹き付ける中で、モネちゃんとサヤカさんが深いお話になるのかも。

 

姫と呼ばれるサヤカさんは、森林組合のボスでカフェや診療所を立ち上げるなど、自他ともに認める登米の名士ですよね。

ファッショナブルでビジネス感覚にも敏感! 豪快かつ繊細、懐の深い、とにかくかっこいい女性です。

モネちゃんからすると、頼りになる破天荒な叔祖母といったところでしょうか。

 

サヤカさんを演じる夏木マリさんは、この役を演じる上で、キャラクター設定の履歴書を作ったのだとか。

夏木さんの妄想設定によれば、サヤカはバツ4という恋多き女性だそうです。

1人目は登米のお金持ちで、2人目は大学教授、3人目は日本好きの外国人で、4人目は宮城県内の有名コーヒー会社の若旦那とのことです。

 

NHKオフィシャル発表の経歴ではありませんが、何となく本当のような感じがしますね。

濃密な人生を送ってきたサヤカさんの新たな金言に期待です~♪

◆ドラマの世界観を表す主題歌『なないろ』の歌詞とは?▶

 

◀32話 | 34話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

NHKおかえりモネ