モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ10週49話|百音の手がテレビに!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年7月22日(木)放送
おかえりモネ・第10週テーマ
「気象予報は誰のため?」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ10週49話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

テレビ局にて・・・

午前5時15分、朝の情報番組『あさキラッ』放送開始45分前のこと。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

百音は、若手気象予報士・神野マリアンナ莉子と一緒に、天気コーナーの『中継』の準備を進めていました。

中継キャスターを務める莉子は、その日の体感温度や旬なことを伝えるのが仕事で、この日は京都と金沢で桜が満開になったことを取り上げます。

すると莉子がため息をつきました。

「視聴者の目線を引っ張るのに必要なことなのは分かってるんだけど・・・。その情報って要る?って、思っちゃう時があるんだよね・・・」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

莉子は、年が近くてまだ正式なスタッフではない百音に、ふと胸に秘めた不満を漏らすのでした。

 

放送開始まで40分・・・

ニュースが1本取りやめになり、『天気中継』が2分増えることに。

「あ~困っちゃったな・・・」

中継キャスターの莉子は、莉子は今日の天気で使える小ネタがないかと助けを求めるのでした。

 

休憩室にて・・・

本番前にも関わらず、気象キャスター・朝岡から『休憩室』に集められた気象チームのメンバー。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

朝岡は、仙台周辺の強風の状況が変わると言い、『暴風警報』が出る可能性があると告げます。

そして『警報』が出た際は即時に切り替えると告げ、番組責任者の高村の了解は取ってあると言うのでした。

思わず莉子が、「じゃあ何でこんなコソコソ・・・」と、自分たちを集めた真意を朝岡にたずねます。

すると朝岡は、警報が出なくても危険な情報は伝えるべきだが、報道の人間としては伝えられないと言います。

その理由は、全国放送である以上、1億2千万人のための時間を使って、10万人を相手にした放送はできないというものでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

「そこで神野(莉子)さんの出番です!」

莉子を見つめた朝岡は、中継キャスターとして、毎日外から体感を伝えているのは、今日のような日のためだと言います。

まだ公式に出せない情報も、莉子自身の体感として注意を伝えることができると朝岡は口にしました。

「気象に携わる者としてここは粘りたい。責任は取ります!」と力強く言った朝岡は、増えた時間の中で伝えられないかと、莉子に確認します。

中継キャスターの役割を知った莉子にやる気がみなぎります。

「こういうの大好きです!」

莉子がニコッと微笑むのでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

そんなやり取りの中で、百音は報道気象の奥深さに気付いていくのでした。

 

午前5時55分・・・

百音と莉子は、いかにさりげなく強風情報を視聴者に伝えようかと、必死に考えていました。

そんな中、百音のスマホに届いたメールを見た莉子が声を上げるのでした。

「永浦さん、朝岡さんに伝えて、早く!!」

 

午前6時・・・

情報番組『あさキラッ』の放送がスタートし、やがて気象コーナーへ。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

気象キャスター・朝岡は、予定通り『黄砂』の情報を伝えました。

一方、番組放送の裏では、強風情報に目を光らせていた気象予報士・内田とテレビ局気象担当記者・沢渡が、慌ただしく動き出したのでした。

 

テレビ局の屋上にて・・・

莉子がキャスターを務める『中継コーナー』が始まりました。

「今日は、私のお友達が来てくれてるんですよ!」

カメラに向かって莉子が微笑むと、なんとサポート役の百音の手に付けられたイルカとサメの『パペット(操り人形)』が、画面に登場したのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 10週49話

つづく

 

◆莉子役・今田美桜さんと仲が良い朝ドラ女優2人とは?▶

◆内田役・清水尋也さんの横顔!役柄とのギャップがすごい~!▶

◆【おかえりモネ】を彩る魅力的なキャストたちはコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ10週49話|予告ポイント

気象に掛ける熱い思いが伝わる♪

本番が迫る中で、朝岡さんからミッションが出ました!

 

新コンビ『モネリコ』が、どんなアイデアをひねり出すのか気になります~♪

しかも時間が2分も増えました。

2分といえば短いようでいて長いものですよね。

 

ちなみにNHK基準でいくと、1分に話すのは300文字だそうで、それが相手に一番伝わりやすい理想の速度と言われています。

2分間なら600文字ですから、さりげなく盛り込む時間ができそうですね♪

 

さて、お手伝いで現場に入ったモネちゃんですが、多くのことを学べそうです。

莉子さんの不満や、朝岡さんの諦めない姿勢は、気象で誰かを守りたいという責任感を表しているのでしょうね。

モネちゃんの目つきが変わりそうです~♪

◆莉子役・今田美桜さんと仲が良い朝ドラ女優2人とは?▶

◆内田役・清水尋也さんの横顔!役柄とのギャップがすごい~!▶

◆【おかえりモネ】を彩る魅力的なキャストたちはコチラ▶

 

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ