モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週53話|励みになるメールとは?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年7月28日(水)放送
おかえりモネ・第11週テーマ
「相手を知れば怖くない」
おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週53話

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週53話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

 

シェアハウス・汐見湯にて・・・

 

百音と幼なじみ・明日美が住む『汐見湯』。

 

実は二人以外に、宇田川という男性が住んでいることが分かりました。

 

宇田川と昔からの付き合いがある管理人の菜津は、「とてもいい人なの」と教えるのでした。

 

 

2016年(平成28年)夏・・・

 

東京で過ごす初めての夏は猛暑でした。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週53話 東京の夏のイラスト

 

百音は都心特有の暑さと湿度が、なかなか慣れません。

 

一方で、東京での生活にもすっかり慣れてきました。

 

肝心の仕事も順調そのものです。

 

視聴者から届く好評メールは、百音の励みになるのでした。

 

 

ある日の本番前・・・

 

「今日も頑張りましょう!」

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週53話 気勢を上げる百音のイラスト

 

生放送の本番前に、百音たち『お天気コーナー』チームが気勢を上げていた時の事です。

 

テレビ局の社会部記者・沢渡公平(さわたりこうへい)がやって来ました。

 

沢渡は、スポーツ関連の大きいニュースが入ったため、番組プログラムが変更になると言います。

 

『お天気コーナー』がカットになるのは仕方ないとはいえ、百音たちは肩を落とすのでした。

 

 

すると、社会部から別の緊急情報が飛び込んできました!

 

それは気象に関わるニュースなのでした・・・

 

 

引用:YahooテレビGガイド

 

◆【ネタバレ結婚相手】菅波以外の可能性も?候補者3名はコチラ▶

◆沢渡役・玉置玲央さんと噂になった人気女優は?父親は大物歌手?!▶

◆菅波Dr.役・坂口健太郎さんの華麗すぎる恋愛歴とは?▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週53話|予告ポイント

東京のなつぞらに慣れるかな?


物語は春から夏にスキップしました。

 

初めて体験する東京の夏は、宮城育ちのモネちゃんにはつらそうですね。

東京で一番過ごしにくい季節は夏だとされ、その特徴は『蒸し暑さ』とも言われています。

ここ100年の間に平均温度が3度上がった東京ですが、その主な原因は都市部特有の『ヒートアイランド現象』です。

 

ヒートアイランド現象』が様々な要素によって起きるとされています。

緑地や水面の減少、アスファルトやコンクリートに覆われた地表、自動車やエアコンなどからの排熱、高層建築物の密集による風通しの悪化などです。

これらによって、日中の熱が夜まで残り、『熱帯夜』のまま朝を迎え・・・そんな日が続いていきます。

 

昼夜逆転生活を送るモネちゃんが、しっかりと睡眠をとれるといいですね♪

◆【ネタバレ結婚相手】菅波以外の可能性も?候補者3名はコチラ▶

◆沢渡役・玉置玲央さんと噂になった人気女優は?父親は大物歌手?!▶

◆菅波Dr.役・坂口健太郎さんの華麗すぎる恋愛歴とは?▶

 

◀52話 | 54話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ