モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週54話|あの人が百音の前に!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年7月29日(木)放送
おかえりモネ・第11週テーマ
「相手を知れば怖くない」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週54話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

テレビ局にて・・・

局地的な大雨によって起きた自動車の水没事故を調べる気象班。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

事故現場は完成したばかり道路で過去の大雨の事例もないなど、不運が重なった上での事故でした。

車に乗っていた人が心配蘇生中という報告が入り、その危機を予測することが出来なかった気象班の面々は肩を落とします。

すると気象キャスター・朝岡は、蓄積データを検証して予測精度を上げていくしかないと皆を励ますのでした。

 

自然の地形と違い、都市部は開発頻繁に行われ、年々激しく短時間で降る雨量も増えているため、予測は困難を極めているのが現実です。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

朝岡は、天気の急変は5分10分の勝負になっていると言い、水の動きを読み切れなければこの先の災害は防げないと告げます。

常に命と関わっていることを実感した百音は、改めて気象予測の重要性と責任を強く感じるのでした。

 

翌日の事・・・

『中継コーナー』で取り上げる、天気の話題をプレゼンする百音に、連日水の事故の対策ばかり伝えようとするため、皆が考え直すよう進言します。

しかし百音は、夏休みだからこそ、水は怖くて危ないものだと伝えておきたいと譲りません。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

「誰かが事故に遭ってからじゃ遅いです!」

百音のかたくな姿勢を誰も止める余地はありませんでした。

そんな百音の仕事ぶりを、気象キャスター・朝岡は心配するのでした。

 

とある日の番組終了後・・・

「これ読んでいただけますか」

気象キャスター・朝岡が、百音に一通のメールを渡しました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

それは、百音と莉子が担当する『中継コーナー』の大ファンだという、ある母親からのメールでした。

中継コーナーで取り上げた『水の事故の話題』の影響で、3歳の息子が海水浴を拒み、家族で落胆したことが書いてあります。

そして海育ちだという母親は、注意喚起が大事なことは理解できるが、海の楽しさや豊かさも伝えてほしいと願いを綴っていたのでした。

 

そのメールの内容は、百音の心に重く響きます。

すると朝岡は、百音の取り上げた話題は有益な情報だったと労いました。

「私は永浦さんに会った時に、直感的に気象に関わってもらいたいと思いました」

その理由は、百音は海と山が好きで、怖さもよく知っていると感じたからだと打ち明けます。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

そして、人は分からないものを怖がるが、相手を知れば恐怖と被害を遠ざけることができると、自然との向き合い方を伝えました。

最後に朝岡は「普段は優しいけど時々怖い。でも知ってさえいれば逃げる方法やタイミング分かる」と、子どもに伝えてほしいと託すのでした。

朝岡の言葉が痛いほどよく分かった百音は、「分かりました」とうなずくのでした。

 

コインランドリーにて・・・

「ああ・・・何で・・・」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

意気消沈する百音は、話を聞いて欲しくて、妹・未知に電話を掛けようとします。

しかし平日の昼間は未知が仕事中のため諦めます。

別の相手を探し出した百音は、医師・菅波の連絡先を選びました。

それでも、電話を掛けることをためらいます。

 

「あ~もうだれか話を聞いて・・・」

苦しそうに百音がつぶやくと、聞き覚えのある声で「みんな昼間は忙しいんですよ」と返ってきました。

百音が振り向くと、洗濯袋を持った菅波が立っています。

驚く百音。

それ以上に、理解を超えた状況での百音との再会に、「納得いきませんね」と菅波も固まってしまうのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 11週54話

つづく

 

◆気象予報会社の社長を演じるマルチタレントはコチラ▶

◆まもなく登場!世界的なダンサー・菅原小春さんとは?▶

◆りょーちん役・永瀬簾さんと噂になった女性アイドルたちとは?▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ11週54話|予告ポイント

モネちゃんを襲うゲリラ豪雨


モネちゃんたちを震撼させる集中豪雨は『ゲリラ豪雨』と思われます。

 

ゲリラ豪雨』は、2008年新語・流行語大賞のトップ10に選出された言葉です。

なんと最初に使われたのは1969年の『読売新聞』だったそうですよ。

突発的で予測が困難なため、軍事的な「奇襲」の意味合いでゲリラと表現されたそうで、気象学上の定義づけは明確でないそうです。

 

気象庁では、予報用語としてゲリラ豪雨は使わないのだそうです!

『集中豪雨』『局地的大雨』『短時間強雨』などと使い分けるのだとか。

なお、NHKのニュース・天気予報でもゲリラ豪雨とは表現しないとのことですよ。

 

とにかく、モネちゃんが自信を取り戻してくれることを期待です~♪

◆気象予報会社の社長を演じるマルチタレントはコチラ▶

◆まもなく登場!世界的なダンサー・菅原小春さんとは?▶

◆りょーちん役・永瀬簾さんと噂になった女性アイドルたちとは?▶

 

◀53話 | 55話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ