モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ21週103話|迷い苦しむ家族たち!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年10月6日(水)放送
おかえりモネ・第21週テーマ
「胸に秘めた思い」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ21週103話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

夜の市民プラザにて・・・

「みーちゃん、東京行ってみたいんじゃない?」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 未知にたずねる百音のイラスト

百音は、幼なじみ・亮との距離感に苦しむ妹・未知に、東京の大学で研究したい気持ちがあるのではないかとたずねました。

しかし未知は、何も答えることはないのでした。

 

永浦家にて・・・

帰宅した百音と未知。

出迎えた母・亜哉子は、かつての常連客から届いた民宿再開を期待する手紙に勇気をもらっていました。

するとそこへ漁協から電話があり、亜哉子を愕然とさせます。

なんと祖父・龍己が、突風で壊れた牡蠣(かき)棚を直さないことを決めたと、漁協から知らされたのでした。

 

その後・・・

「何で私だけ知らないんですか?」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 龍己の迫る亜哉子のイラスト

亜哉子は、勝手に牡蠣棚のことを決めた龍己に迫りました。

謝罪した龍己は、「永浦水産は俺の代で終わっていいと思ってんだよ」と一大決心を口にします。

しかし、長年家業を支えてきた亜哉子は納得ができません。

すると、未知が「私が継ぐよ!」と声を上げますが、龍己は、未知は研究が好きなはずだとたしなめます。

すると今度は、亜哉子が「私が続けます!」と声を上げ、龍己と未知をつなぐ存在になると提案するのでした。

そんな亜哉子に、龍己はずっと抱いてきた思いを伝えます。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 亜哉子にたずねる龍己のイラスト

「亜哉子さんは子どもに関わる仕事をしたいんでねえのか?」

龍己が指摘すると、亜哉子は急にうつむいてしまいました。

さらに龍己は、亡くなった祖母・雅代の介護のために教師を辞めざるをえなかったことが、「心残り」だったのではないかと亜哉子にたずねました。

亜哉子は雅代のことが原因ではないと全力で否定すると、「私が教師を辞めようと思ったのは・・・」と言い掛けます。

皆が亜哉子に注目しますが、亜哉子を気遣う龍己が話を切り上げてしまうのでした。

百音は、一部始終をただ見つめることしかできません。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 見つめる事しかできない百音のイラスト

一方、帰宅したばかりの父・耕治も、居間に入っていくことができず、廊下の陰で聞き耳を立てるしかできなかったのでした。

 

未知の部屋にて・・・

「大丈夫、私が何とかする!」

未知は、家業を心配する百音に言い切りました。

そして、継ぐ気のない百音には関係ないことだと声を荒げた未知は、「お姉ちゃんはいいね!」とにらみます。

未知は、百音は本当にやりたいことを仕事にして、地元に戻り、好きな人とも結婚を考えるほど気持ちが通じ合っていると言います。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 百音にねたましい気持ちを告げる未知のイラスト

「最高だよね。全部順調じゃん。全部持ってんじゃん。私の気持ちなんか分かるわけない!」

ねたましい気持ちを百音にぶつけた未知は、部屋から出て行こうとします。

そんな未知を引き止めた百音は、「思っていることを全部言ってほしい」と、両手で未知を見つめました。

すると未知は、目にいっぱいの涙を浮かべます。

「私、何を選んだらいいの?研究?うちの仕事?亮君・・・もうダメなの、頭の中がグチャグチャ」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 百音と未知のイラスト

将来を悩む未知が苦しい思いを再び吐き出したため、百音は胸が締め付けられるのでした。

 

夜明け前・・・

港に出る『けあらし』を見るために出掛けようした百音。

すると暗い座敷の中で、父・耕治が思い詰めた表情で、吹くことのなくなったトランペット見つめていました。

「決めんのは自分だ。俺の決断は正しかったのかな。音楽と経済とか間違ってねえ。ただな・・・」

耕治は独り言のように言うと、百音を送り出すのでした。

永浦家の誰もが、家族のためを思って迷っているのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 21週103話 悩む耕治のイラスト

つづく

 

◆それぞれが岐路に立つ!永浦家に家族の役柄はコチラ▶

◆一花役・茅島みずきさん!天才少女が叩き出す数字とは?▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ21週103話|予告ポイント

永浦家の家族が岐路に立つ~!


龍己さんが廃業を考えていたとはビックリでした!

 

『永浦水産』の牡蠣棚は、秋の突風で大きな被害を受けました。

さらに、龍己さんの年齢は80を超えていて、ずっと手伝ってきた亜哉子さんは民宿を再開させたいと思っています。

そういった状況を考えると、龍己さんの考えは納得できる話ですよね。

 

一方で、亜哉子さんは、長年手伝ってきた牡蠣の養殖に思い入れが強そうです。

いざ廃業が現実的になると、心の変化が起きるのかもしれませんね。

さらに、耕治さんが『永浦水産』を継ぐことを考えているような気がしてならないです~♪

 

さて、みーちゃんもまだ結論が出ていません。

モネちゃん以外の家族の誰もが、岐路に立っています~♪

◆それぞれが岐路に立つ!永浦家に家族の役柄はコチラ▶

◆一花役・茅島みずきさん!天才少女が叩き出す数字とは?▶

 

◀102話 | 104話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ