モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ23週111話|耕治が銀行を辞める!?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年10月18日(月)放送
おかえりモネ・第23週テーマ
「大人たちの決着」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ23週111話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

コミュニティFMにて・・・

嵐の海から無事に帰還した亮は、未知と本音で向き合いました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 亮と未知のイラスト

しかし亮は、「ごめん。ダメだ、まだケリついてない」と言い、未知の手をそっと外します。

そして「もう少し時間くれる?」と未知に確認を取った亮は、出て行ってしまうのでした。

そんな亮を茫然と見送った未知は、新次との関係にケリがつかない限り、亮は前に進めないと言います。

「新次さん、亮君と船に乗ってくれたらいいのに・・・」

ぽつりと漏らす未知を、心配そうに見つめる百音なのでした。

 

永浦家にて・・・

亮の無事を喜んでいた父・耕治と母・亜哉子。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 家業を継ぐと切り出す耕治のイラスト

すると耕治は、銀行を辞めて『永浦水産』の仕事を継ごうと思っていると切り出しました。

一方で亜哉子は、何となく予想していたと言います。

「簡単には賛成できないかな・・・」

亜哉子はそう言うと、海の仕事は簡単ではないと耕治を見つめるのでした。

 

数十分後・・・

百音と未知が帰宅すると、耕治と祖父・龍己が言い争いになっていました。

「そんな簡単に継ぐとか言うな!海、なめてんのか!」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 耕治を諭す龍己のイラスト

祖父・龍己は厳しい言葉を浴びせると、中途半端に銀行員を投げ出すなと諭します。

一方で耕治は、十分に考えた上でのことだと一歩も引きません。

龍己は「俺の仕事は俺で終わる!」と告げると、一方的に話を切り上げてしまうのでした。

 

作業場にて・・・

ふらりと作業場に入り、龍己の仕事道具を見つめる百音。

幼い頃に登米の山で龍己に教えてもらった、「何も関係ないように見えるのものが、何かの役に立っている」という言葉が脳裏をよぎります。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 百音に教える龍己のイラスト

そこに未知が現れました。

未知は、家業を継ぐと言い出した耕治のことを「現実的じゃないよ。やれると思えない」と冷たく言うのでした。

すると百音は、この作用場を使ってもいいかと未知に聞きます。

百音は、自分も家業のことを考えてみたいと口にし、「海も空も水でつながってるから」と言うのでした。

 

翌日・・・

百音が出勤すると、亮の父・新次がいました。

イチゴ農家を手伝う新次は、市民プラザの『みんなの広場』にイチゴを陳列していたのでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 百音の前に現れた新次のイラスト

亮の無事を喜んだ百音は、最後は祈ることしかできず悔しい思いをしたと言い、自然相手に生きる厳しさをあらためて知らされたと打ち明けます

一方、新次も一生懸命に祈っていたと明かし、皆に心配させたことを謝るのでした。

 

意思疎通がうまくいっていない亮と新次の関係を心配する百音は、以前に新次が言った「亮とは考え方が違う」の真意をたずねます。

新次は「親父と息子は難しい」と苦笑いし、何を話していいのか分からないと戸惑う気持ちを明かしました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 亮に何を言っていいか分からないと言う新次のイラスト

すると意を決した百音は、前日に亮が言った悩み「俺、幸せになってもいいのかな」を伝えます。

急に神妙な顔つきになった新次は、今から「金の相談」で百音の父・耕治に行くと言い出し、連絡をとってほしいと言うのでした。

百音が亮も呼ぼうと言うと、新次は躊躇しながらも同意しました。

早速、新次は自宅に書類を取りに行こうとします。

そんな新次を呼び止めた百音は、一緒に島に行こうと言い、「私、ここで待ってます」と見つめるのでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 23週111話 耕治に待っていると言う百音のイラスト

つづく

◆不器用な親子?! 耕治と龍己の役柄はコチラから▶

◆大学生・一花を演じる茅島みずきさんの所属プロダクションはとは?▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネあらすじネタバレ23週111話|今日の感想を最終回までお届け!

コージーの熱い思いは空回り!?


今週のタイトルは『大人たちの決着』です。

耕治さんや新次さんをはじめ、大人たちの葛藤と決断が描かれそうです。

 

それにしても、耕治さんの決断は驚きでしたね。

銀行員として安定した収入があったから、震災などを乗り越えてきた側面もあるはずです。

まもなくコロナ時代が到来するわけですから、ちょっと心配になります・・・。

 

さて、新次さんはイチゴのおかげで精神的に安定しているように感じますよね。

もうすっかり、アルコール依存からは抜け出し、自分の歩幅で歩き出してるように思えます。

自分自身で区切りをつけることができたら、漁師に復帰することもあるのではと期待が膨らみます。

 

そんな新次さんに言ったモネちゃんの一言は、お節介になるのか、後押しになるのか気になるところです。

明日も波乱の予感が起きるかもしれません~♪

◆不器用な親子?! 耕治と龍己の役柄はコチラから▶

◆大学生・一花を演じる茅島みずきさんの所属プロダクションはとは?▶

 

◀110話 | 112話▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ23週111話|予告ポイント

父と息子の葛藤!

耕治さんと龍己さん親子、りょーちんと新次さん親子の葛藤が描かれるようです!

 

部長に昇進が決まっている耕治さんが、思い切った決断をしました。

家業を継がずに銀行員になった耕治さんですが、やっぱり永浦水産の将来を心配していたんですね。

銀行を退職してからでも遅くないとも思えますが、龍己さんの年齢を考えると、一刻も早くという思いに駆られたのかもしれませんね。

 

そして、ぎくしゃくするりょーちんと新次さんの親子関係にも、新たな展開が起こりそうな気配ですね。

お互いに大切に思いながら、なかなか本当のことを口にしない及川親子

新次さんが、どんな思いをモネちゃんに明かすのか・・・

 

2組の父と子のぶつかりあいに注目したいと思います~♪

◆不器用な親子?! 耕治と龍己の役柄はコチラから▶

◆大学生・一花を演じる茅島みずきさんの所属プロダクションはとは?▶

 

◀110話 | 112話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ