【カムカムエヴリバディ】ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週117話|二人で乗り越えたい!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年10月26日(火)放送
おかえりモネ・第24週テーマ
「あなたが思う未来へ」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週117話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

永浦家にて・・・

しびれを切らした祖父・龍己は、「あとは耕治と話せ」と言い残して自分の部屋に行きました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 百音を褒める祖父・龍己のイラスト

そんな龍己を、心配した百音が追い掛けました。

すると龍己は、百音も妹・未知も「いい彼氏」を見つけたと褒め、それは祖母・雅代譲りの男を見る才覚だと微笑むのでした。

 

座敷にて・・・

母・亜哉子と2人だけになった菅波。

緊張する菅波に、亜哉子は「私は仲間だから」と声を掛けます。

そして仙台出身だと明かした亜哉子は、島の外からきた人間だから見えることがあると優しい眼差しを向けるのでした。

 

作業場にて・・・

父・耕治の帰りを待つ間のこと。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 研究スペースに案内する百音のイラスト

妹・未知の研究スペースに菅波を案内した百音は、気象情報を養殖業に生かしいと明かします。

それは無謀なことだが、家業を継ぐ耕治が言った「簡単じゃない、だからやるんだよ」という言葉に背中に押されたと口にしました。

そんな百音に刺激を受けた菅波は、「地域医療の新しい形を考えたい」と構想を語り始めるのでした。

 

そこへ・・・

大きな物音とともに、耕治が帰ってきました。

「それが結婚を誓い合った若い2人のする会話か!」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 文句を言う耕治のイラスト

完全に泥酔状態の耕治は、東京勤めを続ける菅波に「そんな都合よくいきますかね?」とからみ出すのでした。

 

居間にて・・・

亜哉子に一喝されて、酔いが醒め始めた耕治。

自分で作った計画書を百音と菅波に見せ、『永浦水産』に賭ける思いを語り出しました。

漁師経験のない耕治は、足りないものは借りればいいと言い、業種を超えて皆が力を発揮すれば全体がうまくいくとまとめます。

「お父さん素晴らしい考えです!」

耕治の考えに共感した菅波は、ここぞとばかりに切り出しました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 耕治に訴える菅波のイラスト

百音と違う場所で仕事をしながら、いずれ一つの目標に向かうというイメージを共有してもらえないかと菅波は言います。

そして菅波は、耕治の言う「簡単じゃない。だからやるんだ」がとても響いたと口にしました。

「2人で乗り越えていきたいと思っています。見守ってもらえないでしょうか」

菅波の誠実な言葉を聞いた耕治は、百音の気持ちを確認します。

百音は、「先生じゃないとダメだから」とはにかむのでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 百音と菅波と耕治と亜哉子のイラスト

その言葉を聞き、耕治と亜哉子は2人の結婚を祝福するのでした。

 

幸福感に包まれたその時。

百音のスマホに妹・未知から、幼なじみ・亮と気持ちが通じ合ったというメールが届きました。

「大事な人たちが幸せになる。こんなに嬉しいことはない・・・よかった」

嬉し涙を流す百音の背中を、菅波が優しくたたくのでした。

 

翌日・1月14日・・・

百音がラジオのために出勤した後。

永浦家に泊った菅波のもとに、勤務先の大学病院から連絡が入りました。

内容は、緊急の感染症の疑いで人手が必要のため、休暇を切り上げてほしいというものなのでした。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 電話を受ける菅波のイラスト

帰り支度をした菅波は、母・亜哉子に、百音は大切な人と離れるのを怖がるが、自分とは離れていても大丈夫なようだと明かします。

「百音さんがこれからの人生を共に生きるのは、僕のような人間が最適なんじゃないかと思います」

百音の性格をよく見抜いている菅波の言葉を聞いて、亜哉子の顔がほころぶのでした。

 

海辺にて・・・

菅波を見送る百音。

「先生はこの土地の人じゃない。でもそれがよかったんですね」

無事に挨拶を終えた菅波を、百音は愛おしそうに見つめるのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週117話 見つめ合う百音と菅波のイラスト

つづく

◆菅波役・坂口健太郎さんの所属事務所には大物俳優が勢ぞろい!▶

◆永浦家の家族たちを演じるキャストはコチラ!▶

◆キャスト相関図や役柄はコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週117話|予告ポイント

2人が描く未来が気になる~♪

ようやく永浦家に訪問することができた菅波先生。

「#俺たちの菅波」がツイッター上をにぎわいそうです!

 

そんな菅波先生から逃げてしまう耕治さんも、ヘタレでした・・・。

新次さんやりょーちんに、「モネは医者と付き合っている」と自慢していた耕治さんですが、いざとなるとやっぱり男親なんですね。

泥酔して帰ってくる姿は、娘を持つ父親の悲哀をたっぷり感じさせてくれそうですね♪

 

菅波先生と耕治さんは、約3年3か月ぶりの対面です。

その時の2人はじっくりと話すことはできませんでした。

それでも耕治さんは「百音をよろしくお願いします!」と託しています(第14週68話70話)。

 

両親に挨拶となると「結婚」かと、ソワソワしちゃいます!

だけど、気仙沼にいるモネちゃんと東京にいる菅波先生の状況を考えると、すんなり決まるとも思えません。

まして、この数か月後にはコロナ禍になり、きっと菅波先生はコロナ対応に追われるはずです・・・。

 

どちらか一方の場所で一緒になる、別居婚、結婚はまだしない、あるいは別の選択肢もあるのかも。

24歳のモネちゃんと、31~2歳の菅波先生がどんな将来を描くのか注目です~♬

◆菅波役・坂口健太郎さんの所属事務所には大物俳優が勢ぞろい!▶

◆永浦家の家族たちを演じるキャストはコチラ!▶

 

◀116話 | 118話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ