【カムカムエヴリバディ】ネタバレあらすじ一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ7週8週以降の予告|安子編からるい編、ひなた編へ

 

カムカムエヴリバディ ネタバレあらすじ 7週8週

カムカムエヴリバディ・ネタバレあらすじ 7週8週から最終回まで

NHKカムカムエブリバディ

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ7週8週予告|12月13日~12月24日

スポンサーリンク

 

カムカムエブリバディの週間ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

【カムカムエヴリバディ】朝ドラネタバレあらすじ7週8週以降は、やむをえない事情で別れることになった安子とるいが描かれます・・・

 

◆岡山にて・・・

アメリカ軍の中尉・ロバート・ローズウッドと交流を深める安子。

ロバートと会話することで、安子の英会話力はメキメキと上達。

安子は、ますます英語学習に力が入るのでした。

 

◆ある日・・・

アメリカ軍が岡山から撤退することになったと明かしたロバート。

生きた英語を話すことが楽しくなっていた安子は、強いショックを受けました。

するとロバートは、これからも英語の勉強を継続していってほしいと言います。

「安子、英語はどこか思いもよらない場所へ、あなたを連れていってくれます」

ロバートの言葉にうなずいた安子は、ようやく戦争が終わったのだと実感するのでした。

それと同時に、安子の脳裏には、亡き夫・稔が語っていたことが掛け巡ります。

「どこの国とも自由に行き来できて、どこの国の音楽でも自由に聴けて演奏できる世界。僕らの子供には、そんな世界を生きてほしい・・・」

稔の思い描いていた平和な世の中が、目前に迫っていると感じた安子は、胸をときめかせるのでした・・・

 

◆岡山にて・・・

雉真家の中で孤立を深めていった安子。

悩み苦しんだ安子は、娘・るいを雉真家の家族に託すことにしました。

そこには、やむにやまれぬ深い理由がありました。

戦争で夫や家族を失い、自分の命よりも大事な愛娘と離れざるをえなくなった安子は、ある思いを胸にアメリカへ渡ったのでした・・・

 

以上、ここまでが、【カムカムエヴリバディ第1部・初代ヒロイン・安子編(岡山編)】でした。

 

◆物語のキーマン!?ロバート役・村雨辰剛さんが帰化した理由とは!▶

 

スポンサーリンク

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ7週8週以降の予告|るい編・ひなた編へ

 

カムカムエブリバディは、第1部の初代ヒロイン・安子編が終わり、第2部の2代目ヒロイン・るい編、第3部の3代目ヒロイン・ひなた編と続いていきます。

物語の詳細は発表されていませんが、NHK発表の情報をもとに、今後のカムカムエブリボディ・ネタバラあらすじをご紹介します。

【カムカムエヴリバディ第2部・2代目ヒロイン・るい編(大阪編)】

カムカムエヴリバディ第2部・2代目ヒロイン・るい編(大阪編)をご紹介します。

カムカムエヴリバディ ネタバレあらすじ 7週8週以降の2代目ヒロインるいの画像

物語の時代背景は、高度経済成長期に真っただ中の1962年(昭和37年)。

安子の娘・るいは、同年9月14日で18歳になりました。

 

◆岡山・雉真家・・・

戦死した父・雉真稔の顔を見たことがないるいは、幼少期に母・安子と別れ、雉真家の家族のもとで育ちました。

そんなるいは、安子と英語を心の底から憎んでいます。

なぜ安子と別れて暮らすことになった本当の理由は知らされていませんが、安子に捨てられたという思いが強く、心に深い傷を抱えていました。

 

◆18歳になり・・・

18歳になったるいは、とあることがきっかけとなり自分の生き方を見つめます。

るいが導き出した答えは「自分らしく自由に生きていきたい!」というものでした。

過去に別れを告げたるいは、新天地に大阪を選びます。

 

◆大阪での出会い・・・

大阪にやってきたものの、頼る人も知り合いもいないるいは孤独です。

そんな中、道頓堀で『クリーニング店』を経営している竹村夫妻に気に入られたるいは、夫婦の家出住み込みで働きはじめます。

テキパキとしたるいの仕事ぶりは評判となり、すぐに看板娘に!

ふとしたことから『ジャズ』に出会ったるいは、個性的なジャズミュージシャンたちと交流することで、自分自身の人生を切り開いていきます。

 

◆京都に移る・・・

時代劇を愛する男性と結ばれた2代目ヒロイン・るい。

るい夫婦は、京都で新生活をスタートさせました。

そんなるいが京都で頼りにするのは、荒物屋の女将・赤螺清子(あかにしきよこ)です。

なんと清子は、かつて岡山の商店街で暮らしていた過去がありました。

 

やがてるいは、2人の子どもに恵まれます。

るいはある思いを込めて、長女に『ひなた』、長男に『桃太郎』と名付けます・・・

◆2代目ヒロイン・るい編のキャストはコチラ▶

 

【カムカムエヴリバディ第3部・3代目ヒロイン・ひなた編(京都編)】

カムカムエヴリバディ第3部・3代目ヒロイン・ひなた編(京都編)をご紹介します。

カムカムエヴリバディ ネタバレあらすじ 7週8週以降の3代目ヒロインひなたの画像

物語の時代背景は、昭和40年代で京都の下町が舞台。

3代目ヒロイン・ひなたは、るいの娘で安子の孫です。

 

◆京都の下町・・・

ひなたは、父親の影響で『時代劇』の魅力に取りつかれています。

そんなひなたは、何をやっても三日坊主で終わり、挫折を繰り返す『人生低空飛行』の女の子。

そんな中で、ひなたは自分の生きる道を探していきます。

 

◆ある日・・・

ひなたは、ひょんなことから『ラジオ英語講座』の世界にのめりこんでいきます。

やがて仕事、恋愛、結婚を経て、ひなたは自分らしい生き方を見つけていきます。

昭和、平成を経て21世紀になり、いつしか時代は令和に。

成熟した女性になったひなたは・・・

◆ヒロイン3人に影響を与える平川唯一さんの実話はコチラ▶

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレあらすじ7週8週以降の予告・安子編・るい編・ひなた編のまとめ

100年の物語の鍵とは?

カムカムエブリバディは、3人のヒロイン(安子、るい、ひなた)が試練を乗り越えながら紡いでいく家族のストーリーです。

日本でラジオ放送がスタートした1925年(大正14年)から、令和までの100年間に、5つのキーワードが織り込まれると発表されています。

◆【カムカムエヴリバディ】に織り込まれる5つのキーワード

物語の随所の織り込まれるというキーワードは下記の5つです。

①ラジオ英語講座

 

②あんこ

 

③野球

 

④ジャズ

 

⑤時代劇

安子編、るい編、ひなた編にこれらのキーワードが入ってきます。

それは結末ですべて結びつくのかもしれませんね♪

 

【ドラマLand】では、朝ドラ・カムカムエブリバディの7週以降の詳細なネタバレあらすじ情報が分かり次第、随時お届けしていきます。

◆【カムカムエヴリバディ・キャスト】一覧相関図はコチラ!▶

 

◀6週|9週▶

各話ネタバレはこちら