【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想11週49話|るいと錠一郎の顔が超接近する!

朝ドラ「カムカムエブリバディ」
ネタバレあらすじと感想
2022年1月11日(火)放送日
カムカムエブリバディ第11週テーマ「1962-1963」

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想11週49話今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*カムカムエブリバディ11週49話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

レコード店・・・

満面の笑みで、お目当てのレコードを手に取ったるい。

カムカムエヴリバディ11週49話のルイ・アームストロングのレコードの画像

るいは、こつこつ貯めたお金で、ルイ・アームストロングの『On the Sunny Side of the Street』のレコードを買ったのでした。

その足で、レコードプレイヤーを買おうと電気店へ向かいましたが、値段は33,600円。

「うわ~高え・・・」

るいが諦めて帰ろうとすると、なんとジャズトランぺッター・錠一郎が立っていました。

事情を知った錠一郎は、るいをジャズ喫茶に誘うのでした。

 

ジャズ喫茶・ナイト&デイにて・・・

錠一郎がホットドッグにかぶりつく横で、るいは夢中でレコードに聴き入ります。

カムカムエヴリバディ11週49話のるいと錠一郎の画像

そんなるいに、錠一郎は大量の『ジャズ雑誌』を貸しました。

その後、るいがクリーニング店の店番中に読むものは、小説からジャズ雑誌に変わったのでした。

 

月日が経ち・・・

1963年(昭和38年)、るいが岡山から大阪に出てきてから1年以上が経ちました。

仕事にも大阪生活にもすっかりなじんでいたのでした。

 

ナイト&デイにて・・・

「どこ誘てもあかん。どないしたらデートしてくれんの、ジョーは!」

カムカムエヴリバディ11週49話のベリーの画像

熱心に錠一郎をデートに誘うも、必ず断れてしまう女子大生・ベリーは、店の支配人・木暮に愚痴をこぼしていました。

そんなベリーに、木暮は、押しが強すぎるから控えめにとアドバイスを送ります。

しかしベリーは、そういう女が一番嫌いだと言い放ち、そんな女に限って、気がついたら何もかも手に入れると持論を説きました。

するとそこへ、クリーニングを持ったるいがやって来ました。

カムカムエヴリバディ11週49話の配達中のるいの画像

すかさず木暮がるいにお茶を勧めますが、るいは「まだ配達が・・・」と断り続けます。

そんなやり取りを聞いていたベリーは「それ!」と大きな声を上げ、るいの前に仁王立ちしました。

ベリーは「分かった上でいっぺん断んねん!控えめの皮をかぶった強欲の塊や」と、るいの心理を勝手に読み解きます。

「けどな、そんなしたたかな女に、私は負けへん!いのち短し恋せよ乙女や!」

一方的にるいに宣戦布告したベリーは、店を出て行ったのでした。

カムカムエヴリバディ11週49話のるいとベリーと木暮の画像

一方でるいは、何のことやらさっぱり分からないのでした。

 

その後・・・

屋根裏に住む錠一郎に、洗濯物を届けたるい。

ジャズ雑誌の記事を話題にしたるいは、「音楽っていいですね。言葉がなくて、もどこの国でも通じるから」としみじみと言います。

そんなるいに、錠一郎が「それがサッチモちゃんの名前の由来でしょ?」と突っ込むと、るいは照れくさそうにうなずくのでした。

すると錠一郎は、るいに「吹いてみる?」とトランペットを渡し、吹き方を教え始めます。

息がかかりそうなほど錠一郎と顔が近づいたるいは、心臓が高鳴り・・・

カムカムエヴリバディ11週49話のるいと錠一郎の顔が近づく画像

「配達行かんと!」

思わず言いを訳を口にしたるいは、トランペットを吹くことなく、逃げるように立ち去りました。

急いで路地に出たるいは、錠一郎を意識して荒ぶった呼吸をそっと整えるのでした。

 

その夜・・・

風呂上がりの濡れた髪を拭くるい。

ふと、るいの額の傷を見た弁護士の卵・片桐のこわばった顔が思い浮かびます。

るいは濡れた前髪で額の傷を隠すと、うつむいてしまうのでした・・・

カムカムエヴリバディ11週49話の額の傷を隠するいの画像

つづく

 

◆るいママ・安子役の上白石萌音さん!海外赴任もする両親の職業は?▶

◆るいパパ・稔役の松村北斗さん!ファンが語る両親の印象とは?▶

◆カムカムエヴリバディ【キャスト】一覧はコチラ▶

 

以上、カムカムエブリバディ今日の放送10週49話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ11週49話今日の感想を最終回まで配信中!

命短し恋せよ乙女!


カムカムエブリバディ11週49話の感想をお届けします♪

好きになるしかないでしょう~!という分かりやすい展開でしたね。

 

でも、このまま簡単にるいちゃんとジョーがくっつくのか・・・。

過去にこだわり恋に躊躇するるいちゃんと、ミステリアスな宇宙人・ジョーの恋の行方は一筋縄にはいきそうもないはずすね。

今後の二人の恋物語から目が離せません~♪

 

ところでジョーは、青春映画も恐怖映画も宇宙活劇にも興味を示しませんでしたね。

事前発表によれば、三代目ヒロイン・ひなたちゃんの父親は『時代劇』に目がないとされています。

もしもジョーが、時代劇が好きだとしたら・・・期待が膨らみます。

名バイプレイヤーの松重豊さんが演じる、斬られ侍・伴虚無蔵の出世も、今後の展開に関わりそうです~♪

 

さて、「命短し恋せよ乙女」を掲げるベリーちゃんが素敵です。

いいとこのお嬢さんのベリーちゃんは、短大卒業後は京都の実家の決めた相手と結婚する決まりなのかも。

卒業までの限られた時間の中で、一生の思い出を作ろうとしていてもおかしくないです。

るいちゃんに嫉妬心を隠さず、堂々とライバル宣言していますが、サバサバしているだけに見ていて気持ちの良いキャラですよね。

 

少女漫画のライバル役のお手本ようなベリーちゃんの恋も、ひそかに応援したくなります~♪

◆ベリー役・市川実日子さん!姉の実和子さんと見間違う?(姉妹の写真はコチラ)▶

 

◀48話 | 50話▶

 

以上、カムカムエブリバディ11週49話の感想でした!

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレあらすじ感想11週49話の予告ポイントを配信中!

るいちゃんの手元にルイ!


前向きな気持ちになったるいちゃんが購入したものは、ルイ・アームストロングの『On the Sunny Side of the Street』でした。

 

同曲は、るいちゃんの生い立ちを語るうえで避けて通れない一曲。

安子ちゃんと過ごした喜怒哀楽の日々に触れるBGMに、これ以上の曲はありません。

また、稔さんが願う『ひなたの道』のことも意識してくれるのではないかと期待したいです~♪

 

ところで、るいちゃんには、レコードプレーヤーに手が届きませんでした。

1962年(昭和37年)当時、パイオニアから発売されたレコードプレーヤーの値段を見ると、最安値の機種で21,900円でした。

その頃の大卒初任給の公務員の給与は14,200円で、喫茶店のコーヒーは60円、映画は200円くらいだったとか。

なおるいちゃんが買ったレコードは、LP(アルバム)で2,000円、EP(シングル)で700円程度だったそうですよ。

 

レコードプレーヤーを購入することが、るいちゃんの目標になるのかもしれませんね♪

◆るいママ・安子役の上白石萌音さん!海外赴任もする両親の職業は?▶

◆るいパパ・稔役の松村北斗さん!ファンが語る両親の印象とは?▶

 

◀48話 | 50話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKカムカムエヴリバディ