【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想13週61話|吉右衛門ちゃんがケチ兵衛に?!

朝ドラ「カムカムエブリバディ」
ネタバレあらすじと感想
2022年1月27日(木)放送日
カムカムエブリバディ第13週テーマ「1964-1965」

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想13週61話今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*カムカムエブリバディ13週61話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

京都・あかね通り商店街・・・

るいと錠一郎の店のオープン初日。

カムカムエヴリバディ13週61話の回転焼・大月の画像

「おいでやす。回転焼きの大月、ただいま開店しました!」

るいは愛想のよい声を上げ、錠一郎は奇抜なチラシを配って客を呼び込もうとしています。

しかし、通行人は関心を示しません。

すると近所の酒屋の店主・森岡が、「なじみのないものには手を出さないのが京都の人」と教えるのでした。

売れ残った回転焼を食べながら、るいは力を込めます。

「大丈夫、なんとかなる!」

 

翌日・・・

お茶の師匠の娘・ベリーこと一子が様子見にやって来ました。

カムカムエヴリバディ13週61話のるいと一子の画像

「冗談や思てたけど、ホンマにやってどないすんねん!」

手厳しい言葉を浴びせる一子は、上等な和菓子を食べ慣れているため、簡素な回転焼をバカにします。

しかしるいは、自信満々に言います。

「うちのあんこは絶品ですから!」と作り立てを差し出しました。

受けて立つ一子が試食をしようとしたその時です。

酒屋の森岡が飛び込んできました。

カムカムエヴリバディ13週61話の森岡の画像

「奥さん、えらいこっちゃ!」とるいを見つめるのでした。

 

荒物屋『あかにし』にて・・・

森岡の知らせを聞いて、るいが向かった先は同じ商店街にある荒物屋『あかにし』です。

事件は少し前に起こりました!

チラシ配布中の錠一郎は、あかにしに展示するテレビで、銀幕のスター・モモケン(桃山剣之介)の訃報を知りショックを受けました。

錠一郎は、あかにしの店主とモモケン映画を真似たチャンバラ対決を始め、最終的に店主が腰を痛めたという顛末です。

カムカムエヴリバディ13週61話の吉右衛門とるいと錠一郎の画像

「すいません・・・」

謝罪したるいは、お詫びの回転焼を差し出しました。

店主は回転焼を受け取ろうとせず、「商店街から出てってもらう!」と険しい顔を浮かべます。

するとそこへ店主の母が現れ、店主をいさめました。

「吉右衛門、あんた昔からあんこ好きやったやないの。昔は素直でええ子やったのに、年々お父ちゃんに似てくるんやさかい」

そう言うと、壁にかけてある先代の写真を見つめるのでした。

カムカムエヴリバディ13週61話の吉右衛門と清子の画像

なんと『あかにし』の現店主は赤螺吉右衛門(あかにしきちえもん)、母は清子(きよこ)、先代店主は吉兵衛(きちべえ)なのでした。

 

るいたちが帰った後に、回転焼を口にした吉右衛門・清子親子は、ふと漏らすのでした。

「何や懐かしい味がするなあ・・・ほんに、おいしいなあ」

 

回転焼・大月にて・・・

るいと錠一郎が店に戻ると、店の前は行列です!

臨時店員になった一子が、るいに早く作れとせがみます。

カムカムエヴリバディ13週61話のベリー・一子の画像

「認めたるわ。どないな老舗のお茶菓子より一番おいしかった」

一子の感想は、るいを満面の笑みにさせるのでした。

舌の肥えた一子が認めたことで、『回転焼・大月』は町の人たちの信用を得ていったのでした。

 

一か月後・・・

回転焼を買いに来た『あかにし』の清子が、息子・吉右衛門には、るいのようなお嫁さん来てほしいと言います。

カムカムエヴリバディ13週61話の清子の画像

そして、自分の夫(吉兵衛)が早くに亡くなったため、吉右衛門をずっと働き詰めにさせてしまったと、るいに打ち明けるのでした。

 

その後・・・

清子が『あかにし』に戻ると、錠一郎が店先のテレビを見ていました。

「お買い物はすんだの?」

清子が空の買い物かごを持つ錠一郎にたずねると、錠一郎は思い出したように駆け出していくのでした。

そんな錠一郎が夢中で見ていたテレビには、亡くなったモモケンの息子・桃山団五郎(ももやまだんごろう)が写っていたのでした。

カムカムエヴリバディ13週61話の桃山団五郎の画像

つづく

 

◆『たちばな』の味が復活?たちばなの面々はコチラ▶

◆キャスト情報【カムカムエヴリバディ】▶

 

以上、カムカムエブリバディ今日の放送13週61話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレあらすじ感想13週61話の予告ポイントを配信中!

『たちばな』のあんこが復活?!

『たちばな』の呪文「小豆の声を聴けえ・・・おいしゅうなれ・・・」が聞けることを期待します!

 

京都で暮らし始めたるいちゃんが『あんこ』を作るということにびっくりです。

もしかすると、母・安子ちゃんへの『わだかまり』が消え去るのかもしれませんね。

店の名前が『たちばな』だったら歓喜の声が上がりそうです!

 

ただし、あんこの味の再現はハードルが高そうですよね。

そこで登場するのが、あのあんこの味を知る算太くんだったり、年老いた『おぐら荘』のくまさんだったりして。

るいちゃんが苦労しながらお菓子を作る姿は、かつての安子ちゃんの姿とダブりそうです~♪

 

ところで、「回転焼きって何?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

小麦粉で作った生地であんこを包んで焼く菓子で、全国各地で様々な呼び名で親しまれています。

回転焼きのほかに、今川焼き、大判焼き、二重焼き、太鼓焼き、太鼓饅頭、甘太郎焼き、黄金焼き、じまん焼き、あじまん、おやき、きんつば、御座候などの呼び名があるようですよ。

そもそものルーツは、江戸時代です。

江戸の今川橋付近(現在の東京都千代田区鍛冶町)にあった店が売り出した「今川焼」が全国に広がったのだとか。

 

『おはぎ』『ホットドック』に続いて、『回転焼き』がドラマのお供になりそうです~♪

◆『たちばな』の味が復活?たちばなの面々はコチラ▶

◆キャスト情報【カムカムエヴリバディ】▶

 

◀60話 | 62話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKカムカムエヴリバディ