【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想14週66話|憧れのモモケンに語った夢とは?

朝ドラ「カムカムエブリバディ」
ネタバレあらすじと感想
2022年2月3日(木)放送日
カムカムエブリバディ第14週テーマ「1965-1976」

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想14週66話今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*カムカムエブリバディ14週66話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

1975年(昭和50年)12月・・・

「あった! やった~!」

カムカムエヴリバディ14週66話のひなたの画像

ジュースの空き瓶を拾うようになったひなたは、その瓶を近所の森岡酒店に持ち込み1本10円をもらっています。

ひなたは、憧れの時代劇スター・桃山剣之介(モモケン)サイン会の入場料1,500円を貯める「空き瓶貯金」を始めたのでした。

そんなひなたのモチベーションは、母・るいのお腹にいる赤ちゃんです。

「お姉ちゃんになるんやから、これくらいは稼がんとな!」

姉の意識が芽生えたひなたは、親に頼らず自ら稼ぎだそうと懸命でした。

 

大月家にて・・・

「なんでやろ・・・」

カムカムエヴリバディ14週66話のるいと錠一郎の画像

12月に入ってから急激に回転焼きの売り上げが始めたため、るいは頭を抱えています。

そんなある日、たまたま目にしたテレビを見て原因を突き止めました。

「これや!これのせいや!」

なんと子供向け番組から生まれた『およげ!たいやきくん』の大ヒットで、世間では空前のたい焼きブームが起きていたのでした。

 

回転焼・大月にて・・・

「こないなブーム、いっときのもんや!」

親友の一子(ベリー)は、危機感を抱くるいを笑い飛ばします。

そして、こんなに美味しい『あんこ』が作れるのだから、本格的な和菓子屋を始めることをすすめるのでした。

カムカムエヴリバディ14週66話の一子とるいの画像

1個60円の回転焼店から高級和菓子店に転換することは、これまでるいも何度も考えたことがありました。

しかし商売を広げる気になれません。

そんなるいの考えの土台になっていたのは、幼い頃に大阪で母・安子と『おはぎ』を売って記憶です。

「つつましく暮らせればそれでいい、その時が一番幸せなのだ・・・」

るいは心のどこかでいつも思っていたのでした。

 

1976年(昭和51年)正月・・・

「ありがとう!!」

カムカムエヴリバディ14週66話のひなたの画像

ひなたは満面の笑みで、錠一郎とるいからお年玉をもらいました。

空き瓶貯金にお年玉を足して、入場料1500円を達成しようと目論んでいます。

しかし、期待の伊藤博文(1000円札)ではなく、今年も岩倉具視(500円札)でした。

親友の一恵と小夜子から応援を受けたひなたは、その後も空き瓶を探す日々を続けるのでした。

 

3月28日・・・

無事に目標の1,500円を貯めたひなたは、『モモケンサイン会』が行われる映画村へ足を運びました。

カムカムエヴリバディ14週66話のひなたと一恵と小夜子の画像

これほどまでにひなたを夢中にさせるモモケンを、一目見てみたいと言う一恵と小夜子も一緒です。

サイン会に先立ち、立ち回りのアトラクションが始まりました。

「モモケン!黍之丞~!最高~!」

最前列に陣取ったひなたは、敵をバタバタと倒す生のモモケンに酔いしれたのでした。

 

やがて、サイン会が始まりました。

いざ憧れのモモケンの前に立ったひなたは緊張のあまりコチコチです。

用意してきた『大月の回転焼』を渡して、無事にサインをもらうと、天に上るような気持ちに包まれるのでした。

カムカムエヴリバディ14週66話のモモケンの画像

ひなたはその勢いのまま「私・・・侍になりたいです!」とモモケンに夢を伝えます。

モモケンは少し驚いた後に、志を失わなければきっとなれると微笑み、ひなたと握手をするのでした。

 

サイン会の後・・・

「ああ、かっこよかったなあ」

ひなたたち3人が夢心地で映画村の中を歩いていると、何か物が落ちる音が聞こえてきました。

それは手裏剣のキーホルダーでした。

「落ちましたよ」

ひなたが落とし主に声を掛けると、きれいな目の外国の少年が振り返ります。

ひなたは一瞬で心を奪われてしまうのでした。

カムカムエヴリバディ14週66話の外国人の少年・ビリーの画像

つづく

 

◆【カムカムエヴリバディ】キャスト情報はコチラ▶

 

以上、カムカムエブリバディ今日の放送14週66話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ14週66話今日の感想を最終回まで配信中!

ついに推しメンに会えました~♪


カムカムエブリバディ14週66話の感想をお届けします♪

お小遣いを貯めて毎日テレビとポスターを眺めていたいなたちゃんの夢が叶いました。

 

ひなたちゃんは、人気アニメ『ちびまるこちゃん』の主人公・さくらももこ同い年です。

まるちゃんは、西城秀樹さん(ヒデキ)、郷ひろみさん(ヒロミゴー)、野口五郎さん(ゴロー)、沢田研二さん(ジュリー)などの男性歌手に熱狂していました。

そんな中、時代劇のモモケンのファンというのはかなりマニアックですよね。

それにしても、『推しに会える日』を指折り数えて待つ姿は、昭和も令和も変わりないです~♪

 

さて、ジョーがますますいい味を出しています。

空き瓶を必死に拾うひなたちゃんに目を細め、売上減で落ちこむるいちゃんにさりげなくみかんを剥いてあげる。

ひなたちゃんもるいちゃんも、そんなジョーに働けとも責めるわけでもない。

大月家がほんわかモードなのは、ジョーの存在が大きいと改めて感じます~♪

 

さて、モモケンモードを吹き飛ばすようなイケメン王子様が登場でひなたちゃんの日常が変わりそうですね!

◆【カムカムエヴリバディ】キャスト情報はコチラ▶

 

◀65話 | 67話▶

 

以上、カムカムエブリバディ14週66話の感想でした!

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレあらすじ感想14週66話の予告ポイントを配信中!

ついにモモケン様が~!

五代目・尾上菊之助さんが演じるモモケンこと桃山剣之介の素顔が明らかになっていきそうです。

 

モモケンは、【安子編】の時から劇中映画の中で活躍しています。

そして初代モモケンの死去によって【るい編】の13週62話から二代目に代わりました。

当たり役は、棗黍之丞(なつめきびのじょう)シリーズで、決めゼリフの「暗闇でしか見えぬものがある。暗闇でしか聞こえぬ歌がある」は、ドラマの内容を指し示すような意味深なものですよね。

【ひなた編】では、黍之丞役ではなく、モモケンの素顔が明らかになっていきます。

時代劇少女・ひなたちゃんにどんな影響を与えるのか楽しみですね。

 

そして、「運命の出会い」となる外国人の少年・ビリー!

ひなたちゃんにとってどんな存在になるのか興味深いところです。

もしかして、初恋の人になったりして・・・。

一方で、アメリカに渡った安子ちゃんと関係があったりする可能性も考えられますね。

 

ひなたちゃんが、モモケン様とビリー少年とどんな関係を築くのか注目です~♪

◆【カムカムエヴリバディ】キャスト情報はコチラ▶

 

◀65話 | 67話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKカムカムエヴリバディ