【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐文四郎|本郷奏多さんの役柄とプロフ!

 

【カムカムエヴリバディ】キャスト大月桃太郎・本郷奏多さん

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】キャスト・五十嵐文四郎(いがらしぶんしろう)役に、俳優・本郷奏多さん(ほんごうかなた)さんが出演します。

五十嵐は時代劇スターを目指す大部屋俳優で、ヒロイン・ひなたの相手役、恋人となりますが・・・。

ここでは、五十嵐の役柄と川栄さんのプロフィールを紹介します。

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐文四郎役|本郷奏多さんの役柄とは?

【カムカムエヴリバディ】桃太郎(ももたろう)・本郷奏多さん

五十嵐文四郎の役どころ

五十嵐文四郎(いがらしぶんしろう)は、時代劇スターを夢見て東京からやって来た若手大部屋俳優です。

名斬られ役の先輩・伴虚無蔵(松重豊)のもとで稽古に励んでいます。

 

五十嵐は礼儀正しい好青年ですが、ひなた(川栄李奈)には生意気で無愛想な態度で接していました。

衝突を繰り返していた五十嵐とひなたですが、やがて大切な存在だと気付ます。

 

ひなたと交際を始めた五十嵐は、夏祭りにプロポーズし将来を誓いました。

ちなみにひなたは、交際前は「五十嵐」と呼び、交際を始めてからは「文ちゃん」と呼んでいます。

 

そんな五十嵐は、映画『棗黍之丞 妖怪七変化!隠れ里の決闘(リメイク版)』で初めて名前とセリフのある役を射止めます。

しかしそれ以降はパッとせず、ひなたとの結婚を考えられるような状態になれません。

 

いつまでも無名の大部屋役者でくすぶる五十嵐は、悩んだ末に俳優に見切りをつけることを決意。

そして、結婚を期待して支えてくれていたひなたに別れを告げました。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐文四郎役|本郷奏多さんのプロフィール

朝ドラ初出演となる本郷奏多(ほんごうかなた)さんは、1990年(平成2年)11月15日生まれで、2022年に32歳になります。

【カムカムエヴリバディ】キャスト 五十嵐文四郎役 本郷奏多さん

宮城県仙台市出身で、所属事務所は『スターダストプロモーション』です。

同事務所には、永野芽郁さん(半分、青い。)、葵わかなさん(わろてんか)、窪田正孝さん(エール)、中川大志さん(なつぞら)、林遣都さん(スカーレット)など、朝ドラ俳優が多数所属しています。

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐役・本郷奏多さん|子役時代から活躍中

本郷奏多さんは幼稚園の頃から、地元仙台市でキッズモデルとして活動していました。

【カムカムエヴリバディ】キャスト 五十嵐文四郎役 本郷奏多さん 子役時代

2002年に映画『リターナー』に出演し俳優デビュー、その後14歳で『HINOKIO』にて映画初主演を果たしています。

出演作品には、『NANA2』や『進撃の巨人』、『キングダム』など、漫画原作ものが多い本郷さん。

たしかにキャラクターの再現性はとても高いですし、「実写化といえば本郷さん」というイメージが、業界でもついているのかもしれませんね。

最近の作品では映画『噓喰い』で、同じ事務所に所属する横浜流星さんらと共演しています。

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐役・本郷奏多さん|影のある役柄とは正反対の性格?

漫画原作ものの作品のなかでも、クールで少し影のある役柄が多い印象の本郷さんですが、本人曰く性格は底抜けにポジティブなのだとか。

マイナスな感情を抱くことはほとんどなく、すぐ切り替えるほうがプラスになると考えているそうです。

幼いころから芸能界にいて、仕事とプライベートの切り替えが必要だったため、自然と合理的な考え方が身についたと語っています。

ちなみに『嘘喰い』の舞台挨拶でも、「げん担ぎはしますか?」という質問に「非科学的だから好まない」と即答しています。

竹を割ったようにさっぱりした性格が逆に、クールな役柄の演技に活かされているのかもしれませんね。

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐役・本郷奏多さん|こだわりユーチューバー

本郷さんのSNSアカウントは、Twitterでスタッフアカウントがあるのみで、公式HPのdiaryの更新頻度も低めです。

ご自身で発信するのが苦手なのかと思いきや、なんと2020年にYouTubeチャンネルを開設されています。

コロナ禍で時間ができたことから、30歳の誕生日を機に投稿をスタートしたのだとか。

その後2020年中は毎日、2022年の現在も定期的に動画が投稿されていて、チャンネル登録者数は50万人を超えています。

動画の内容としては、ゲーム実況やプラモデル制作、ゲーム機の分解塗装など、いろんなことにチャレンジされています。

そして驚きなのが、撮影から編集まで本郷さんご自身でされていること。

自分自身でやるということが一つのこだわりだそうで、内容や構成を決めて撮影に臨んでいます。

しかも、カット割りやテロップのタイミングなど、コンマ数秒単位にこだわって自分自身で編集しているとのことですよ。

お忙しいのにすごいですよね!

演出制作志向があるとのことなので、いずれ映画やドラマのメガホンをとるようなこともあるかもしれませんね。

YouTubeにはこれからも力を入れたいそうなので、今後も要チェックです~!

 

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐役・本郷奏多さん|親友・神木隆之介さんはいとこ?!

YouTubeではゲームやプラモデル制作などをされていて、多趣味ぶりがうかがえる本郷さん。

その交友関係も幅広いようです。

いろんな話が聞けて面白いからと他業種のお友達も多く、YouTubeの動画にもよくお友達が出演されています。

一方、俳優業の中で最も仲がいいことで知られているのが、3歳下の神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さんです。

本郷奏多さん 神木隆之介さん

お二人は神木さんが小学校6年生の頃に出会ってからの付き合いで、親戚のいとこのように感じているそうです。

学生時代は中高一貫校だったため、同じ校舎で3年間過ごしたこともあるそうです。

それほど長い付き合いであれば、親戚のように感じるのも納得ですよね。

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐役・本郷奏多さん|独特な恋愛観

本郷奏多さんの恋の噂が気になります!

しかし熱愛報道は見つかりませんでした。

過去にバラエティー番組で独特な恋愛観を語っていますが、俳優業をする限り「彼女を作ることはデメリット」のほうが大きいと考えているようです。

恋愛でも結婚でも、メリットとデメリットを天秤にかけて考えてしまうらしく、ここにも合理的な性格が表れていますね!

また、これも同番組内で話されていますが、本郷さんは極度の潔癖症とのこと。

親友の神木さんは、メディアで「(本郷さんの)家で飲み物をこぼすと出禁になる」と呆れながら話しています。

それほどの潔癖を求める本郷さんは、彼女と手をつなぐかという質問にも「本当に好きだったら・・・」とためらいがちでした。

彼女を作る気にならない理由の一つかもしれませんよね~。

そんな本郷さんも結婚願望はあるそうなので、将来どんな方と結婚されるのか気になるところです!

本郷奏多さんの活動経歴

NHK朝ドラは、『カムカムエブリバディ』が初出演です。

NHK大河ドラマは、『麒麟がくる』(2020年)近衛前久役で出演。

最近のNHKドラマは、『56年目の失恋』(2020年)菊池隆一役、『大江戸もののけ物語』(2020年)天の邪鬼役で出演。

最近のドラマは、『あおざくら防衛大学校物語』(2019年・MBS他)近藤勇美役で出演。

最近の映画は、『戦国ガールと剣道ボーイ』(2020年)藤居正人役、『嘘喰い』(2022年)目蒲鬼郎役、『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー / 最後の錬成』(2022年)エンヴィー役に出演しています。

また、舞台やWebドラマ、声優等でも活躍しています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】キャスト五十嵐文四郎役|本郷奏多さんの役柄とプロフ!|まとめ

【カムカムエヴリバディ】キャスト・五十嵐文四郎役の本郷奏多さんの役柄とプロフィールをご紹介しました。

3代目ヒロイン・ひなたの相手役となる五十嵐ですが、俳優としての限界を感じ、ひなたに別れを告げます。

再びひなたの前に現れることがあるのか、最終回まで目が離せない存在ですね!

朝ドラ初出演となる本郷奏多さんツンデレ加減に萌えたいと思います~♬

◆五十嵐の恋人ひなた役・川栄李奈さんを支えるミュージカル俳優の夫とは?▶

◆桃太郎役・青木柚さんは若者らしくない?!その理由とは?▶

◆相関図や一覧【カムカムエヴリバディ・キャスト】はコチラ▶