【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどんのあらすじと感想14週|暢子と和彦と愛と智の運命が動き出す!

ちむどんどん 14週

ちむどんどん・ネタバレあらすじ予告 14週「渚の、さかな天ぷら」

ちむどんどんのあらすじと感想14週|7月11日~7月15日

スポンサーリンク

 

ちむどんどんの週間ネタバレ予告あらすじ情報をお届けしています。

ネタバレ予告第14週は?

久々に和彦と愛と智と楽しい時間を過ごした暢子は、気持ちを新たにする

その頃、沖縄のやんばるでは、母・優子が原因で騒動が?

 

◆沖縄居酒屋・あまゆにて・・・

久々に一緒の時間を過ごすことになった暢子と幼なじみ・智と和彦とその恋人の愛。

ちむどんどん 14週 暢子と和彦と智と愛

4人は様々なことを語り合い、笑い合いました。

和彦への愛情を募らせていた暢子にとって、その時間は特別なひと時になったのでした。

 

◆フォンターナにて・・・

和彦との時間を過ごした後、清々しい気持ちになった暢子。

気持ちを新たにして、フォンターナの仕事に集中するようになったのでした。

 

◆一方・・・

その反面、暢子への恋心にますます火が付いた、幼なじみ・智。

あらためて自分の想いを暢子に伝えようと動き始めるのでした。

ちむどんどん14週 智

そんな智の行動は、暢子だけでなく、和彦と愛にも影響を与えることになります。

やがて4人の恋愛感情をはらんだ人間関係は、複雑な表情を見せ始めるのでした。

 

◆その頃、沖縄では・・・

母・優子が家族や周囲の人たちを驚かせる行動を始めました。

ちむどんどん 14週 優子

そのことで、やんばるが騒動になっていると聞いた暢子は、母に会うために兄・賢秀と共に沖縄に向かうのでした・・・

◆東京の個性豊かなキャストを要チェック!▶

スポンサーリンク

ちむどんどんのあらすじと感想14週|まとめ

4人の関係が壊れませんように・・・

暢子ちゃん、和彦くん、愛ちゃん、智くんの心が揺れ動く気配です!

 

久々に過ごす4人の時間はどんなものになるのか気になりますね。

暢子ちゃんと和彦くんが意識し合って、ぎこちない時間になる可能性もありそうです。

以前と同じような和気あいあいとした、お互いを高め合えるようなひとときになることを願いたいです~♪

 

さて、暢子ちゃんの初恋がどうなっていくのか注目です。

和彦くんは結婚が決まっていますから、暢子ちゃんが身を引くことは大いにありえます。

一方で、和彦くんが結婚を破棄して、暢子ちゃんにいくような大波乱も考えられます!

智くんの大逆転劇も十分ありえますから、ドキドキが止まりませんね。

とはいえ、朝ドラのヒロインが必ず結婚するわけではありません。

暢子ちゃんの恋の行方は将来につながるはずでので、14週も重要な週となりそうです~♪

 

さて、恋に目覚めた暢子ちゃんは、デートスポットやファッションにも目覚めてほしいです。

13週の時代背景は、前週と同様に1978年(昭和53年)の春。

1970年代の終わりから1980年代初頭にかけて、『竹の子族』という社会現象にもなったファッションムーブメントが起こっています。

それは、竹下通りに1978年3月に誕生した『ブティック竹の子1号店』で制作販売された独特の派手なファッションに身を包んだ若者たちが、日曜になると代々木公園前の歩行者天国(ホコ天)でディスコサウンドに合わせて踊るというもの。

衣装の特徴はサテン地のキラキラでカラフルという、ディスコファッションに近い雰囲気でした。

コミックが原作でドラマや映画でも大人気となった『今日から俺は!』で、当時の若者のスタイルが鮮やかに描かれていましたよね。

作中に登場した島崎遥香さんが着ていた蛍光ピンクの衣装は『竹の子族』をイメージしたものだとか。

 

ホコ天の竹の子族はギャラリーを含めると、ピーク時にはなんと10万人近くがひしめいていたそうです。

相当な流行だったことが、よく分かりますよね。

では、当時の派手なファッションは、現代には合わないのかというと、そういう訳でもないようです。

80年代のファッションは今の若い世代にも人気があり、SNSでは竹の子族のファッションはかっこいいという声も、ちらほら見受けられます。

流行は繰り返すと言いますし、昔のスタイルだからダサいとも限らないですよね。

ちなみに、『ブティック竹の子』は今でも原宿で、時代を先取りした斬新な服を販売中です。

 

ということで、恋に目覚めた暢子ちゃんのファッションにも注目です~♪

◀13週15週▶

各話ネタバレはこちら

以上、ちむどんどん14週の週間あらすじ予告情報でした!