【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどんのあらすじと感想15週|里帰りした暢子が驚く優子の過去!

ちむどんどん 15週

ちむどんどん・ネタバレあらすじ予告 15週「ウークイの夜」

ちむどんどんのあらすじと感想15週|7月18日~7月22日

スポンサーリンク

 

ちむどんどんの週間ネタバレ予告あらすじ情報をお届けしています。

ネタバレ予告第15週は?

沖縄のお盆に里帰りした暢子は、母・優子から思わぬことを聞かされる

一方、願ってもいないチャンスが舞い込んだ新聞記者・和彦は沖縄出張に旅立ちます。

 

◆1978年(昭和53年)盛夏・・・

沖縄やんばるの比嘉家では、旧暦の7月13日~15日にかけて行われる旧盆が行わていました。

ちむどんどん15週 比嘉家 旧盆

先祖崇拝を重んじる沖縄県民にとって、一年でもっとも大事な伝統行事です。

暢子と兄・賢秀が久々にやんばるの実家に里帰りしたのは、お盆の最終日で先祖の霊を送る『ウークイ』の日なのでした。

姉・良子と妹・歌子の悩みを聞いた暢子は、幼なじみ・智のプロポーズを断ったことと、和彦から気持ちを伝えられたことを打ち明けたのでした。

一方母・優子は、どこに行くとも告げないまま朝から出掛けていました。

 

◆その頃・・・

東洋新聞社の記者・和彦に、願ってもいない案件が舞い込んでいました。

ライフワークとしていた沖縄に関する企画が認められらのです。

そのきっかけを作ったのは、なんとフォンターナのオーナー・房子だったのでした。

ちむどんどん 15週 和彦

ジャーナリストとして飛躍するチャンスをものにすべく、和彦は急遽沖縄の南部にある洞窟へ飛びました。

和彦が取材したい相手は、遺骨収集を手掛ける嘉手刈源次という老人です。

しかし嘉手刈は非常に気難しく、和彦に何も語ろうとしないのでした。

そんな中、和彦は採掘現場で、暢子の母・優子と遭遇。

驚いた優子は、暢子には内緒にしてほしいというのでした。

 

◆やがて・・・

沖縄への思いを嘉手刈に伝えた和彦。

和彦に対して心を閉ざしていた嘉手刈ですが、和彦が田良島の部下だと知って顔色が変わりました。

さらに嘉手刈は、房子が採掘作業に多額の支援をしてくれていると打ち明けます。

やがて嘉手刈は、戦争の記憶を後世に伝えたいという和彦に、協力を申し出ることに。

和彦は責任の重さを痛感しながら、気持ちを新たにしたのでした。

 

◆比嘉家にて・・・

帰宅した優子に、隠し事がないかと迫った賢秀、良子、暢子、歌子。

4人に向き合った母・優子は、神妙な顔つきで口を開きました。

ちむどんどん15週 優子

戦争中の事や父・賢三との出会いなど、これまで決して語る事のなかった事柄を次々と話し出します。

初めて聞く話に驚いた4兄妹。

真剣に語るその思いを受け止めた4人は、母・優子がとろうとする行動に理解を示すのでした。

 

◆同じ頃・・・

東京・銀座のイタリア料理店『アッラ・フォンターナ』では、オーナーの房子が料理長・二ツ橋に秘めた過去を打ち明けていました。

同じく横浜・鶴見の沖縄居酒屋『あまゆ』では。鶴見沖縄県人会の会長・三郎が、東洋新聞社学芸部のデスク・田良島に、遠い昔の思いを語っていたのでした。

 

◆長い夜が明け・・・

母・優子の壮絶な過去を聞いた賢秀と良子と暢子と歌子。

ちむどんどん15週 賢秀、良子、暢子、歌子

両親への感謝の思いを強くした4人は、それぞれが抱える人生の課題に向き合うことを誓うのでした・・・

 

◆東京の個性豊かなキャストを要チェック!▶

スポンサーリンク

ちむどんどんのあらすじと感想15週|まとめ

15週の舞台は沖縄!

お盆の沖縄を舞台に、久々に比嘉ファミリーが勢ぞろいです。

 

家族全員が一堂に会するのは、ニーニーが沖縄を出た以来ですから、なんと7年ぶりとなります。

そんな中で、優子お母ちゃんが明かす話に注目です。

これまでお母ちゃんの過去は、那覇の定食屋の娘だった以外は分かっていません。

第1週2話でお母ちゃんは、戦争当時のことを語り夜中に涙していましたよね。

お母ちゃんの過去話は、今後の4兄妹の生き方に影響を与えそうな予感です。

 

そして、和彦くんが14年ぶりに沖縄へ!

恐らく、やんばるの比嘉家にも行くはずですよね。

当時を懐かしみながら、新たな発見があるのではないでしょうか。

 

ジャーナリストとして成長する和彦くんの転機となる旅になるのかもしれませんね。

そして何より、暢子ちゃんとの関係に大きな展開がある予感です~♪

 

ところで、今も旧暦が息づく沖縄の『お盆』は、旧暦7月13日~15日の旧盆に行われています。

ドラマの1978年では、8月16日(水)、17日(木)、18日(金)にあたります。

その3日間に渡って独特な風習があるようです。

・1日目は『ウンケー』(お迎えの日)
・2日目は『ナカヌヒー』(中の日)
・3日目は『ウークイ』(お送りする日)

その期間は、多くの企業や官公庁がお盆休みや夏休みを取るのだとか。

 

最終日の『ウークイ』には、公立学校が休校になる市町村もあるほどだそうです。

沖縄県外に出ている人も数多く帰省し、親族一同が集まって先祖や故人を供養するそうですよ。

ちなみに、この期間にどこかへ旅行へ行くなんてもってのほかみたいです!

さらに、コンビニはもちろん、ケンタッキーやマクドナルドまで『旧盆商戦』に参戦するなど、経済的にも白熱するようです。

 

そんな旧盆の最終日に欠かせないのが『エイサー』です。

祖先をあの世へ送り出す念仏踊りで、夏の沖縄の風物詩とも言われています。

ドラマでもエイサーのシーンがあるのか注目です~♪

◀14週16週▶

各話ネタバレはこちら

以上、ちむどんどん15週の週間あらすじ予告情報でした!