【舞いあがれ!】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどん第25週ネタバレあらすじ感想122話9月27日(火)

朝ドラ「ちむどんどん122話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年9月27日(火)放送日
ちむどんどん第25週「やんばる!ちむどんどん!」

ちむどんどん第25週122話9月27日(火)|房子の目的

*ちむどんどん25週122話の放送後のネタバレあらすじです。

共同売店にて・・・

暢子の母・優子に、とある人物を引き合わせるために沖縄にやって来たフォンターナのオーナー・房子。

ちむどんどん25週122話 優子と房子

房子は、与那城優子(よなしろゆうこ)と秀夫(ひでお)を捜している大里五郎という人物が、今夜、東京からやって来ると優子に伝えます。

「与那城」は優子の旧姓で、秀夫は戦争中に亡くなった弟でした。

房子は、優子の姉・時恵(ときえ)のことで、大里がどうしても優子に伝えたいことがあると言います。

突然、姉の名を聞いた優子は胸騒ぎを覚えるのでした。

 

夕方・・・

房子が立ち会う中、大里五郎と娘・悦子が比嘉家にやって来ました。

ちむどんどん25週122話 大里五郎親子

沖縄生まれの大里は戦後、東京で町工場を経営していたと明かし、40年以上も沖縄を離れていたため島言葉は忘れたと言います。

すると悦子が、昨年亡くなった母の遺品から見つけたという『ジーファー(沖縄のかんざし)』を差し出しました。

そこに刻まれた『トキエ』という文字を見た途端に、優子は「姉のジーファーです」と驚きの声を上げたのでした。

 

そして・・・

「40年前、私が時恵さんの最期を看取らせてもらいました・・・」

そう告白した大里は、米兵から逃げている最中に焼け残った小屋に逃げ込むと、銃に撃たれて瀕死の時恵が隠れていたと打ち明けました。

そして、虫の息の時恵から小さな握り飯をもらったと振り返ります。

ちむどんどん25週122話 房子と優子と大里と暢子

時恵は優子と秀夫の名前を大里に教え、伝言を託していました。

「見捨てたんじゃない。必死に捜したけど見つからなかった。そう伝えてほしい。亡くなる寸前に、そのジーファーを妹に渡してくださいと」

大里から伝言を聞いた優子は、大粒の涙を流しながらジーファーを握りしめ、時恵の最期を教えてほしいと見つめるのでした。

 

すると・・・

大里は、亡くなる直前に時恵が水を欲しがったと明かします。

しかし大里は、水を持っていたものの、今後の事を考えて「水はない」と言ってしまったと明かします。

ちむどんどん25週122話 大里五郎

「食べ物をもらっておきながら、嘘をついて水をあげなかった・・・。ごめんなさい。本当に、申し訳ありませんでした」

大里は後悔の念を隠さず、むせび泣きしながら謝罪するのでした。

そんな大里に、優子は最期を看取ってくれたかとを感謝します。

そして、ようやく生死が分かったと感謝すると、「生きているのか死んでしまったのか、ずっと分からなかった。だけど、ようやく・・・」

優子は大里に感謝し、再びジーファーを抱きしめたのでした。

ちむどんどん25週122話 優子

ようやく優子の中で戦争の悲劇にその様子を見つめていた暢子たちは、

 

その後・・・

歌子の唄三線に乗せ、優子は大里親子と房子に琉球舞踊を披露します。

憂いを帯びた表情の優子は、踊りが好きだった姉・時恵を弔います。

そんな優子の髪には、時恵の遺品のジーファーが飾られていたのでした。

 

翌日・・・

亡き賢三の墓に祈りを捧げた優子と房子は砂浜へ。

ちむどんどん25週122話 優子と房子が語る

「両親がよく言っていたんです。世界で一番美しい島だよって!」

自身のルーツである沖縄に生まれて初めて足を運んだ房子は、聞いていた通りの島だったと目を細めました。

そんな房子に、優子は色んなことがあったが「この海は変わりません」と水平線を見つめます。

すると素足で砂浜を歩き出した房子は、故郷を知らずに育ち、自分の境遇を恨んだこともあると打ち明けます。

「だけど今は・・・ただいま~!」

房子は清々しい顔を浮かべると、優子のおかげだと感謝します。

「あ~沖縄に来てよかった!」

ちむどんどん25週122話 砂浜の優子と房子

満面の笑みを浮かべた房子は、初めて訪れた故郷を満喫するのでした・・・

つづく

スポンサーリンク

ちむどんどん25週122話(火)の予告ポイントを配信中!

放送前の予告ポイントです。

草刈正雄さんが登場!

いよいよ暢子ちゃんがやんばるで食堂をはじめる~!

 

実家の敷地に店を建て始めた暢子ちゃん。

共同売店の善一さんや義理の弟になった智くんあたりが、積極的に協力してくれそうですね。

暢子の同級生だった陸上部のキャプテン・新城正男くんが、ブラジルから日本へ戻っていて手伝いに来るというよなサプライズも期待しちゃいます~♪

 

さて、房子さんが沖縄に来たことで物語に大きな展開が起きそうです。

房子さんは、優子さんを誰かに会わせるという目的があるようですが、一体、誰に会わせるつもりなんでしょう?!

そういえば、これまでに比嘉家の子どもたちがそれぞれの夢や目標を叶えるシーンは描かれてきましたが、優子さんの願いはまだ叶えられていません。

その願いは「家族の遺骨を見つけて、きちんと弔ってあげること」でしたよね。

フォンターナのオーナー・房子さんは遺骨収集家として登場した嘉手刈源次さんとも親交があり、金銭的な援助をしていることがこれまでに描かれています。

優子さんと房子さんを紐付けるものが遺骨だとすると、遺品発掘に関わる人物に引き合わせるということなのかも・・・

 

そんな中、122話にベテラン俳優の草刈正雄さんが出演するようです!!

おそらく草刈さんが、優子さんと会う人物を演じる可能性が高そうですね。

草刈さんといえば、2019年放送の朝ドラ『なつぞら』の牧場オーナー・柴田泰樹役が印象的でしたよね。

なつぞら 草刈正雄

『なつぞら』より

と・に・か・く! 房子さんが優子さんを誰に引き合わせるのかが、重要な見どころポイントになるはずです~!

 

以上、ちむどんどん25週122話のネタバレあらすじ予告でした!

 

あなたにおススメの情報はコチラ!

◆次の朝ドラ【舞いあがれ!】は東大阪と五島列島が舞台!▶

 

◀121話 | 123話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶