【舞いあがれ!】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどん第25週ネタバレあらすじ感想124話9月29日(木)

朝ドラ「ちむどんどん124話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年9月29日(木)放送日
ちむどんどん第25週「やんばる!ちむどんどん!」

ちむどんどん第25週124話9月29日(木)|力を合わせる3姉妹

*ちむどんどん25週124話の放送後のネタバレあらすじです。

 

1985年(昭和60年)11月24日・・・

「それでは、やんばるちむどんどん、開店します!」

ちむどんどん25週124話 暢子

ついに開店初日を迎えた暢子。

記念すべき一人目の客は共同売店の店員・まもるちゃんです。

早速、看板目メニューの『そば定食』を口にしたまもるちゃんは、「マーサンヤー」と声をもらします。

その後も地元の客が次々と訪れ、暢子の料理に舌鼓を打つのでした。

 

そんな中・・・

暢子の幼なじみで親友の早苗が、3人の子どもを連れて来店。

開店を祝った早苗は、意外な人物を呼び込みます。

「もう一人サプライズ!正男~!」

やって来たのはなんと高校時代の陸上部キャプテンで、暢子に片思いしていた・新城正男です。

ちむどんどん25週124話 早苗と正男

高校卒業後にブラジルに渡り今も親戚が営むコーヒー農園で働く正男は、ブラジルの妻と子ども残して、一時帰国していたのでした。

暢子と思い出話を楽しんだ早苗と正男は、やんばる野菜をたっぷり使った料理に感激したのでした。

 

すると・・・

「アロハ―!ハワイからはるばる、ラブとピースを届けに来ました!」

かつて良子に結婚寸前までいった御曹司・喜納金吾が来店しました。

開店祝いに大きな花輪を出してくれた金吾は、現在ハワイでパイナップル農園を始めて大成功していました。

ちむどんどん25週124話 金吾

そんな金吾は、「僕は永遠に君を愛してる!」と良子を見つめます。

そして「もちろん、ハワイにいる僕のワイフの次に!」と愛する妻の写真を披露したのでした。

一方、オープンの日に駆け付けると豪語していた兄・賢秀。

しかし開店日を翌週と勘違いしていたため地団太を踏むのでした。

 

その後・・・

妹・歌子の恩人で、亡き父・賢三の三線の師匠だった上原照賢が来店し、そばを堪能します。

すると上原は、ライブで訪れた与那国島で出会った人物から預かった手紙を歌子に渡しました。

ちむどんどん25週124話 歌子に下地響子の手紙を渡す上原と

手紙の差出人は現在、与那国島で音楽教師をしている下地響子で、かつて歌子の才能を見出した人物でした。

「どんなに辛い運命や試練が待ち受けようと、その全てがあなたの歌の糧になる。いつもどんな時でも胸を張って堂々と歌い続けなさい」

下地の手紙に感激した歌子は、その後、上原と一緒に美しい歌声を披露したのでした。

 

閉店後・・・

大盛況で初日が終わった途端、歌子が熱を出して倒れる事態に!

休みなく開店準備を手伝い、前日は徹夜で麺作りするなどしていた歌子の体がついに悲鳴を上げたのでした。

すぐに病院に運ばれたものの、状況はよくありません。

ちむどんどん25週124話 暢子と智

できることは施したと説明した医師は、「あとは本人の気力と体力を信じて、経過を見守るしか・・・」と厳しい表情を浮かべます。

それから3日経っても、歌子の熱は下がらず、意識は朦朧としたままです。

歌子の夫・智、比嘉家の家族たちは回復を信じて、歌子のそばに寄り添い続けるのでした。

 

臨時休業中の店内にて・・・

歌子の変化に気付けなかったことを悔やむ暢子。

そんな暢子は、子供の時に歌子が熱を出すたびに母・優子たちが作っていた『フーチバージューシー』を必死に作りはじめたのでした・・・

ちむどんどん25週124話 暢子と和彦

「歌子は目を覚ます。お父ちゃんがきっと守ってくれる」

つづく

 

スポンサーリンク

ちむどんどん25週124話(木)の予告ポイントを配信中!

放送前の予告ポイントです。

最終回直前にマサカヤー!

看板メニューに使う特製麺が届かないとは、なんともマサカヤー!な展開です。

 

開店前日になんでこんなことが起こるのかビックリです!

暢子ちゃんがうっかり発注日を間違えていたり、製麺所で機械のトラブルがあったりする可能性が考えられますね。

しかし何度でも言いたくなりますが、どんな時も諦めないのが朝ドラのヒロインあるあるです!

土壇場になって自前で、お父ちゃん譲りの特製麺を準備する胸アツな展開に注目です~♪

 

暢子ちゃんの頼もしい助っ人はネーネーと歌子ちゃんです。

ネーネーといえば料理が全くダメなキャラでしたが、博夫さんの実家との騒動や『うまんちゅ給食』での食育に触れてから、すっかり料理に目覚めました。

暢子ちゃんも驚くほどほどの腕前になっている予感ですね。

そして歌子ちゃんは東京の店の立ち上げスタッフで、暢子ちゃんや料理人・矢作さんのもとで懸命に働ていました。

その時の経験を活かして、テキパキと麺を打ってくれるのではないでしょうか。

3姉妹が逆境を乗り越えて打った『特製麺』が、幸運を呼び込んでくれることを願います~♪

 

さて、東京店がオープンした際には、初日からたくさんの人が訪れてくれましたよね。

やんばるの店にも、懐かしい人たちがたくさんやってきます。

きっと地元からも多くの人が押し掛けるはず。

そんな中で期待したいのが高校時代の料理部の仲間たちです。

早苗ちゃんが後輩たちを引き連れて駆けつけてくれたりしてくれることを期待します。

さらに、料理コンテストで出会ったライバル校の料理部部長・屋良ひとみさんも来店してほしい~!

コンテストでは、初めはバチバチな感じでしたが、最終的にはお互いの料理を讃えあう感動的な青春のワンシーンでした。

あんな感動的なシーンが再現されることを期待します~♪

 

以上、ちむどんどん25週124話のネタバレあらすじ予告でした! いよいよ次話は最終回です~!

 

あなたにおススメの情報はコチラ!

◆ちむどんどん【キャスト】はコチラ▶

 

◀123話 | 最終回125話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶