【舞いあがれ!】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

舞いあがれ!第37話11月22日(火)あらすじネタバレと感想

朝ドラ「舞いあがれ!37話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年11月22日(火)放送日
舞いあがれ!第8週「いざ、航空学校へ!」

舞いあがれ!第37話あらすじネタバレ|宮崎で寮生活をスタート!

 

*舞いあがれ!8週37話の放送後のネタバレあらすじです。

 

航空学校・宮崎本校にて・・・

舞いあがれ!37話 矢野倫子

全学生が寮生活で学ぶ『航空学校』へ入学した舞。

舞のルームメイトは、矢野倫子(やのりんこ)です。

自分以外にも女子学生がいると分かり、舞は安堵したのでした。

壁に『ばらもん凧』を飾った舞は、「よし!」と気合いを入れるのでした。

 

教室にて・・・

舞いあがれ!37話 担当教官・都築英二と黒いノート

いよいよ授業がスタート。

まずは宮崎本校で4カ月間に渡って、飛ぶための基礎知識(全14教科・合計510時間)を学びます。

そんな舞たちの担当教官は都築英二(つづきえいじ)です。

舞と同期の18人の学生は、6人ずつ、3つのチームが編成されることに。

Aチーム』に入った舞は、個性的なメンバーと向き合います。

舞いあがれ!36話 舞の班

【上段左から】
・岩倉舞(いわくらまい)20歳
・矢野倫子(やのりんこ)25歳
・中澤真一(なかざわしんいち)25歳
【下段左から】
・柏木弘明(かしわぎひろあき)23歳
・水島祐樹(みずしまゆうき)23歳
・吉田大誠(よしだたいせい)21歳

陽気な水島が積極的に話を始め、最年少の舞もお互いのことを知ろうと笑顔を振りまきます。

すると、受験の際に舞を見下していた柏木が信じられない言葉を発しました。

「なれ合う必要はないだろ」

柏木の一言により、和やかになりそうだったムードは見事に壊れたのでした。

 

夜の女子寮にて・・・

舞いあがれ!37話 舞と矢野倫子

授業についていけない舞は、部屋で必死に勉強に取り組んでいました。

そんな舞を横目に、ルームメイト・矢野倫子はバッチリメイクで出掛けて行きました。

その後も矢野は、夜な夜なメイクをして出掛けていきます。

「勉強せんでも大丈夫なんやろか・・・」と舞は心配します。

しかし矢野は、舞とは真逆の優秀な生徒でした。

そんな矢野の夜の行き先が気になって仕方ない舞は、ついには矢野を尾行。

矢野が見知らぬ男子学生の部屋に入っていくところを目撃した舞は、呆気にとられるのでした。

 

そんなある夜・・・

舞いあがれ!36話 舞と倫子

「どういうつもり!!」

「矢野さんが心配で・・・」

舞の尾行がバレてしまいました。

呆れた矢野は遊びに行っていたわけではなく、先輩学生に勉強を教えてもらっていたと明かします。

そしてメイクをしていた理由は緊張感を出すためだと説明したのでした。

感情が高ぶる矢野は、思わず「勉強できない人(舞)とやっても成績上がんないでしょ」と口にしました。

さらに、「あなた、もっと要領よくやらないとやっていけないわよ!」と苦言します。

現実を突きつけられた舞は、落ち込みながらも納得するしかありません。

勉強に苦戦する舞を放っておけない矢野は、「先輩に聞いた方が早いから!」と舞を先輩の部屋に連れて行くのでした。

そんな経緯を経て、舞と矢野は親しくなっていったのでした。

 

食堂にて・・・

舞いあがれ!37話 都築ポイントの黒いノートを持つ都築教官と中澤

舞が同じAチームの矢野、中澤、水島と昼食をとっている時のこと。

隣のテーブルで食事を終えた担当教官・都築が、『黒いノート』を抱えて席を立ち去って行きました。

そんな都築を目で追った中澤は、意味ありげに「食事中も気が抜けないな・・・」とつぶやきます。

そして、「俺たちが評価されるのは成績だけじゃない。それが都築ポイント!」と教えるのでした。

何のことかよく分からない舞ですが、都築が肌身離さず持ち歩く『黒いノート』を見つめるのでした・・・つづく

舞いあがれ!37話 舞と中澤

スポンサーリンク

舞いあがれ!第37話11月22日(火)今日の感想!

放送後の感想とポイントをお届けです。

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し0

今日のポイントは
尾行の裏事情です!

舞ちゃんと一緒にパイロットを目指す学生たちが勢ぞろいしました!

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し1ルームメイトにもなった5歳年上の倫子ちゃんは、由良先輩や久留美ちゃんのような、自分の道を突き進むカッコイイ系の姉貴肌でしたね。

そんな倫子ちゃんの書棚に置かれた本は『私は女を諦めないことにした』、『女という道を生きる』『未知の世界の泳ぎ方』でした。

今後の舞ちゃんに多大な影響を及ぼしそうなキャラですね♪

 

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し2そして同じく25歳の中澤さんは、とても頼りになりそうな存在です。

23歳の水島くんは、チャラくてウザそうでいて、実は良いやつというムードメーカーな印象。

同じく23歳の柏木くんは、ますます協調性ゼロを感じるヤバいキャラでした。

そんな柏木役を演じる目黒蓮さんのインタビューによると、柏木は「振り幅が大きいキャラ」とのことで、間違いなくツンデレキャラになる予感ですね。

そして舞ちゃんの一番年が近い21歳の吉田くんは、さりげなく舞ちゃんに水を差し出すなど、心優しき好青年の雰囲気でした。

性格を含めて舞ちゃんと気が合いそうです~♪

 

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し4さて、気になったことが!!

それは舞ちゃんが倫子ちゃんの私物をジロジロ見たり、尾行したり、聞き耳を立てたことです!

そんなキャラだった?!とビックリしました。

ネット上では、8週より脚本家が桑原亮子さんから嶋田うれ葉さんに変わったことの影響ではないかと指摘する声が見られましたがどうなんでしょうね。

ちなみに嶋田さんは、2020年放送の『エール』でも共同脚本を務めた実績のある脚本家です。

以上、全寮制の航空学校で成長していく舞ちゃんにますます注目の8週37話の今日の感想でした!

スポンサーリンク

舞いあがれ!第37話11月22日(火)予告・感想まとめ!

放送前の予告ポイントです。

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し0

物語の舞台は宮崎です!

 

いよいよ航空学校編がスタートし、舞ちゃんの寮生活が始まりました!

 

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し1物語の舞台はガラッと変わりました。

新しい環境、人間関係の中で、どんな物語が展開していくのか楽しみですね。

『なにわバードマン編』とはまた違った形で、舞ちゃんの青春はまだまだ続きそうです。

同じ班になった6人を軸に描かれる『航空学校編』でも、山あり谷ありのドキドキな物語が見られることを期待したいです~♪

 

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し2さて舞ちゃんと絡むシーンが多そうなのが、ルームメイト・矢野倫子(やのりんこ)ちゃんです。

舞ちゃんの同期となる新入生18人の中で、女性は舞ちゃんと倫子ちゃん2人だけの模様です。

帰国子女の倫子ちゃんは商社での仕事を投げ打って、パイロットを目指しているのだとか。

社会人を経験しているだけに、お姉さん的な存在のキャラクターになるのかも。

舞ちゃんと学校でもプライベートでも一緒に過ごすことになる倫子ちゃんに注目です!

 

舞いあがれ 第37話 感想吹き出し3そんな倫子役を演じるのは、キリッとした目元がクールな印象の女優さん・山崎紘菜(やまざきひろな)さんです。

ハリウッド映画に出演するなど女優として活躍する一方で、女性誌の人気モデルでもあり、独特の存在感を発揮しています。

ちなみに舞ちゃんを演じる福原遥さんとは、2017年公開の映画『チアダン』で共演しています。

『航空学校編』のキャストたちに注目です~♪

以上、舞いあがれ!8週37話のネタバレあらすじ予告でした!

 

ネタバレ一覧はコチラ▶