【舞いあがれ!】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

舞いあがれ!第68話1月10日(火)あらすじネタバレと感想

朝ドラ「舞いあがれ!68話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2023年1月10日(火)放送日
舞いあがれ!第15
週「決断の時」

舞いあがれ!第68話あらすじネタバレ|母と工場再建に挑む舞!

 

*舞いあがれ!15週68話の放送後のネタバレあらすじです。

 

父・浩太の亡き後・・・

舞いあがれ!68話 社長代行になっためぐみを見つめる舞

『IWAKURA』の社長代行を務めることになった母・めぐみ。

経営不振中の会社をどうするのか、早急な決断を迫られています。

そんなめぐみの力になりたい舞ですが、何をしていいのか見当もつきません。

すると家事を通して岩倉家を支える祖母・祥子が、よく探せば出来ることがあるはずだと微笑むのでした。

 

『IWAKURA』にて・・・

舞いあがれ!68話 舞とめぐみと古川と山田

会社に行った舞は絶句しました。

なんと経理担当の古川が、今日で退社することを知らされたのです。

頼りにしていた古川が去ることは、めぐみを更に窮地に追い込みます。

そんな状況を心配する舞に、事務員・山田は嫌味を言うのでした。

「もうおしまいやな!」

 

お好み焼き・うめづにて・・・

『舞いあがれ!68話 めぐみと笠巻

「できることやったら会社を続けたいけど、私が社長をやるしかない。それは無理やと思うんです・・・」

めぐみは信頼するベテラン従業員・笠巻に苦悩する思いを吐露しました。

笠巻はネジのことを何も知らずに会社を引き継いだ浩太は30年も守り続け、大きな工場にしたと讃えます。

「けどなぁ、そないに頑張れへんかったら、社長はまだ元気やったかも分かれへん・・・」

しみじみと振り返った笠巻は、「無理することあらへんねん!」と言い、めぐみ自身と舞のことを考えて結論を出すことを勧めます。

涙顔でうなずいためぐみは、その後、会社の現状を把握するために、様々な資料に目を通すのでした。

 

そんなある日・・・

『舞いあがれ!68話 結城章とめぐみと舞

線香を上げにやって来た元従業員・結城から、『IWAKURA』の今後をたずねられためぐみ。

するとめぐみは「畳むわ!」と言い切りました。

結城が何もできなくて申し訳ないと頭を下げる横で、何も知らされていなかった舞は言葉を失うのでした。

 

結城が帰った後・・・

『舞いあがれ!68話 舞とめぐみと祥子

「何で!まだ助かる方法あるかもしれへんやん!ずっと工場守ろうって頑張ってきたやん!」

めぐみの決断に納得できない舞は訴えました。

一方めぐみは、自分には無理だと力なく言い、今畳めば何人かの従業員を救えるかもしれないと期待を込めるのでした。

それでも舞は納得したくありません。

そんな舞に、祥子はめぐみが悩み抜いた末に決めたことだと諭すのでした。

 

舞の部屋にて・・・

『舞いあがれ!68話 柏木と電話する舞

「お父ちゃんがおらんようになって、工場までなくなるとかしんどいわ・・・」

恋人・柏木と電話をした舞は、母の力になりたいが、どうしていいのか分からないと悩める思いを口にします。

すると柏木は、パイロットになって親孝行をすればいいと励ますのでした。

 

『IWAKURA』にて・・・

舞いあがれ!68話 めぐみと社員

全従業員を集めためぐみ。

「IWAKURAを畳むことに決めました。本当に申し訳ございません」

決断結果を発表しためぐみは、会社を丸ごと引き受けてくれる先を探すと約束します。

そして、今ある仕事を最後までやって欲しいと頭を下げました。

そんなめぐみを複雑な思いで見つめる舞なのでした・・・つづく

『舞いあがれ!68話 舞

スポンサーリンク

舞いあがれ!第68話1月10日(火)今日の感想!

放送後の感想とポイントをお届けです。

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し

今日のポイントは
「そっち」と「こっち」です

柏木くんと貴司くんの対応を巡って賛否両論です。


舞いあがれ 第68話 感想吹き出し2研修中で身動きが取れない柏木くんは、「大丈夫か?そっち行こうか?」とたずねました。

一方で貴司くんは、何も聞かずに「しばらくこっちおるから」と伝え近くで見守っています。

この2人の違いから、貴司くんの方が彼氏に相応しいという意見が多数上がっています。

航空学校で苦楽を共にした同志から恋人になった柏木くんと、幼なじみのお隣さんとしてずっと見守ってきた貴司くんの違いが見事に描かれていますよね。

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し4柏木くんの心配する気持ちは間違っていませんけど、「そっち行こうか?」と質問されれば、反射的に「大丈夫」と答えてしまう~!

舞ちゃんは、本当は心細くて不安なはず。

もし柏木くんが目の前に現れたら、張り詰めた思いを一気に吐露してしまいますよね。

ここは柏木くんには、突然「来ちゃった!」で舞ちゃんを抱き締めてほしい~!

そもそも、柏木くんは貴司くんに対して「これからは自分が支えますから」 と宣言していたのに・・・。

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し5本人たちも気づかないような小さな溝が出来つつあるように感じる舞ちゃんと柏木くん。

同じ場所で同じ目標を持った2人の恋ですが、舞ちゃんの置かれた状況がどんどん変わっています。

自分の夢に一直線で、恋も友情もあったキラキラ航空学校時代の時と同じ気持ちは続かないのかもしれません~!

以上、15週68話の今日の感想でした!

 

スポンサーリンク

舞いあがれ!第68話1月10日(火)予告・感想まとめ!

放送前の予告ポイントです。

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し

難局に挑む3世代女子!

舞ちゃんとめぐみさんは祥子ばんばの応援を得て、苦しい状況に立ち向かいます!

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し1浩太さんがいなくなった中、祥子さんの存在は心強いですね。

舞ちゃんよりも、めぐみさんの方がその思いを抱えていることでしょう。

3世代の女子たちで支えあう姿は、見どころのひとつになりそうです!

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し2さて68話で気になるのが、舞ちゃんとめぐみさんがどんな策を出して行動に移すのかという点です。

おそらく会社を存続させるためには、いくつもつらい決断が必要になりそうですよね。

考えられるのは、自動車部品を製造するために導入した新しい機械の売却や工場規模の縮小あたりでしょうか。

そして浩太さんが最も嫌がった『リストラ』も、実施せざるを得ない状況かもしれません・・・

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し4ここで注目したいのが、経理の古川さんが自ら退社を申し出るという流れです。

以前、古川さんは経理的な観点から「人員整理も考えないと・・・」と浩太さんに進言するシーンがありました。

その結果、舞ちゃんがサポートに入る形でパートのおばちゃんズがリストラされてしまいましたよね。

これまで、感情をあまり表に出さずに冷静に助言する姿がよく映されてきた古川さんの肩書きは『経理総務課・課長』で、お給料も他の平社員よりは高いと思われます。

また古川さんは、手作り弁当を他の社員に褒められるシーンで、母親とふたり暮らしだと明かされていました。

このことから「リストラ効果が高く、妻や子どももいない自分が会社のために最初に去る」と思っているのかも?!

リストラを言い渡す辛さを少しでも軽くしてあげたいという、古川さんなりの優しさが描かれるのかもしれません。

 

舞いあがれ 第68話 感想吹き出し515週のテーマ『決断の時』とは、『IWAKURA』の行く末についての暗示ですよね。

しかしそれだけに留まらず、この工場に関わる人たちそれぞれが下す『決断』も含まれているのではないでしょうか。

リストラされたおばちゃんズの回も、予想を超える感動回になりました。

この古川さんの決断シーンが含まれる68話にも、そんな期待をせずにいられません~♪

以上、15週68話のネタバレあらすじ予告でした!

 

ネタバレ一覧はコチラ▶