【舞いあがれ!】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

舞いあがれ!第69話1月11日(水)あらすじネタバレと感想

朝ドラ「舞いあがれ!69話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2023年1月11日(水)放送日
舞いあがれ!第15
週「決断の時」

舞いあがれ!第69話あらすじネタバレ|大きな決断を下すめぐみ

 

*舞いあがれ!15週69話の放送後のネタバレあらすじです。

 

『IWAKURA』にて・・・

舞いあがれ!69話 めぐみ

会社を畳むことを全従業員に告げた母・めぐみ。

そして資産価値を調査するために信用金庫の担当者たちが来社するが、普段どおりの仕事をしてほしいと頼むのでした。

 

岩倉家にて・・・

舞いあがれ!69話 祥子

祖母・祥子、五島に帰ることに。

感謝の気持ちを伝えためぐみは、40年前に父・雄一が亡くなった際に、なぜ船の仕事を引き継いだのかと祥子にたずねました。

すると祥子は、秘めた思いを打ち明けるのでした。

「あん船に乗れば、今もまだ2人で働いちょる気がすっとさ」

 

ノーサイドにて・・・

舞いあがれ!69話 舞と貴司と久留美

遠慮なく何でも話せる幼なじみ・貴史と久留美に会った舞。

会社売却を伝えた舞は、めぐみの力になれず悔しいと言います。

さらに恋人・柏木からはパイロットになって親孝行することを勧められたと明かしました。

「けど・・・お母ちゃん置いて私だけ、前に進んでええんやろか」

舞は悩める思いを口にしました。

驚いた久留美は、自分のやりたいことを諦めないでほしいと舞に訴えますが、舞は心の奥底にぼんやりあった熱い思いを吐き出しました。

「お母ちゃんを助けたい!工場なくなんのも嫌や!今はそれしか考えられへん!」

そんな舞に貴司は「そないしたらええやん!」と勧め、誰かのために頑張る舞は幸せそうだと微笑みます。

舞いあがれ!69話 貴司

そして「トビウオは、水ん中おってもトビウオや」と歌人らしい言葉を贈ったのでした。

舞の背中を押した貴司は、翌朝、祥子と共に五島へ帰って行ったのでした。

 

とある日・・・

舞いあがれ!69話 歩みノート

亡き浩太のデスクから、大量のノートを見つけた舞。

それはネジのアイデアや夢などを綴った『歩みノート』でした。

パイロットを目指す舞を応援する思いもたくさん書かれています。

感極まった舞は、何かを決心したようにつぶやくのでした。

「ごめんな、お父ちゃん・・・」

 

ホテルの一室にて・・・

舞いあがれ!69話 舞と悠人

「IWAKURAに投資してください」

舞は兄・悠人に頼み込みました。

しかし悠人は、めぐみが社長では無理だと容赦なく断ります。

すると舞は、「会社を手伝いたいと思てる!」と決意を語り、必死に食い下がります。

呆れ返る悠人に、舞は後で悔やんでも遅いと言い、ケンカしたまま浩太と別れた時と同じになると迫りました。

それでも考えを変えない悠人に、舞は啖呵を切ったのでした。

「もうええわ!私とお母ちゃんで何とかする!」

 

岩倉家にて・・・

舞いあがれ!69話 めぐみ

舞の部屋で見つけた『歩みノート』を読むめぐみ。

飛行機に載せる部品を作りたいと意気込んでいた浩太の夢を思い出し、浩太の席をじっと見つめるのでした。

 

翌朝・・・

その日は信用金庫の調査の日です。

舞いあがれ!69話 めぐみと舞と従業員

舞とめぐみが早朝に出社すると、なんと従業員たちが工場をきれいに磨き上げていました。

従業員たちは浩太が残したものを最高の状態で見せることが、『IWAKURA』のプライドだと力を込めます。

その後の調査中でも、社員たちの会社への愛情を痛感しためぐみは、ついに考えを変えました。

「会社、潰せへん。続ける!」

めぐみの言葉に涙した舞は、従業員たちを見つめるのでした・・・つづく

舞いあがれ!69話 続けることを決意しためぐみと舞

スポンサーリンク

舞いあがれ!第69話1月11日(水)今日の感想!

放送後の感想とポイントをお届けです。

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し

今日のポイントは
深く切りつけれた悠人兄ちゃん

優しい舞ちゃんとは思えないキツイ言葉で、悠人くんの心をバッサリ切りつけました!

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し1浩太さんと喧嘩別れしたことを悔やんでも悔やみきれないはずの悠人くん。

口には出さないものの、相当に辛いはずですよね。

後悔や葛藤、哀しみや寂しさがヒシヒシと伝わります。

感情的な部分では浩太さんが築いた工場を何とかしたいと思っているように見えますよね。

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し2それでも投資家として、冷静な目線で状況を判断する悠人くん。

そんな悠人くんに、舞ちゃんは言ってはいけないことをドストレートにぶつけるとは驚きでした。

売り言葉に買い言葉ですが、もう少し別の言い方があったと思います・・・

本当は心優しい悠人くんに、救いのときがやってくることを願うばかりです。

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し3ところで、パイロットになることより『IWAKURA』を選ぶ気満々の舞ちゃん。

浩太さんや柏木くん、久留美ちゃんの願いもむなしく、このまま一直線の状態ですね。

そんな舞ちゃんの背中をただ一人だけ押したのは、幼い時から舞ちゃんに寄り添う歌人・貴司くんでした。

一回りも二回りも大きくなった今の貴司くんらしい後押しでしたよね。

ちなみに、「歌人に解説求めるのは野暮やで」は名言でした~♪

以上、15週69話の今日の感想でした!

 

スポンサーリンク

舞いあがれ!第69話1月11日(水)予告・感想まとめ!

放送前の予告ポイントです。

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し0

めぐみさんの英断!

第69話では新たなリーダーとなっためぐみさんが大きな決断をくだします!

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し1会社をたたむ方向へと気持ちが傾いていためぐみさんでしたが、一転して工場存続の道を選びました。

何がきっかけになったのでしょうか。

めぐみさんが存続に舵を切った理由が見どころになりそうですね。

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し2いろいろと想像を膨らませると、2点ほど思い浮かぶポイントがあります。

1つは、めぐみさんと舞ちゃんで進めた経営改善計画が、信用金庫の担当者から評価されることです。

これは68話で、自ら退社を申し出た経理担当・古川さんの効果もあるかもしれません。

そして2点目は、いつもと変わらず働く社員たちの中に、めぐみさんが浩太さんの面影を感じた末の決断です。

『浩太イズム』を受け継いでいる社員たちとネジを作り続けて、浩太さんの夢を実現させたいという強い思いです。

存続を選ぶめぐみさんがどんな風に描かれるのかが、今から楽しみです〜♪

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し03一方、久しぶりに貴史くん&久留美ちゃんに会って弱音を吐いた舞ちゃん。

経営難の悩みは明白ですが、舞ちゃんの個人的な悩みも気になりますね。

パイロットになるorならないからの、『柏木くんとの遠距離恋愛の悩み相談』になったりするのかも?!

いつも押せ押せな久留美ちゃんは、「会ってはっきりさせたったらええねん!」とズバッとアドバイスしそうですね。

一方であたたかい目で見守る貴史くんのアドバイスが気になります~♪

 

舞いあがれ 第69話 感想吹き出し05そして助っ人だった祥子ばんばが、このタイミングで貴史くんと一緒に五島へと戻るのだとか。

祥子さんとめぐみさんの絆がまたひとつ固くなるシーンになりそうです~♪

以上、15週69話のネタバレあらすじ予告でした!

 

ネタバレ一覧はコチラ▶