▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼12週60話6月21日(金)|道男の更生を巡るよねの痛烈ダメ出しと笹山の救いの手!

虎に翼ネタバレあらすじ感想60話

NHK朝ドラ「虎に翼・60話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年6月21日(金
)放送日
虎に翼12
週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」

虎に翼12週60話6月21日(金)|道男の就職先が決まる!

スポンサーリンク

*虎に翼12週60話の【放送前】のネタバレあらすじ感想です。放送後にフルバージョンをお届けします。

猪爪家にて

荼毘に伏された母・はるの遺骨を仏壇に置く寅子。

すると突然、寅子が預かっている戦争孤児の道男が、義姉・花江に手をついて謝る声が聞こえてきました。

道男は猪爪家の家族になりたくて花江に言い寄ってしまったと心から詫びたのです。

その言葉を聞き入れた花江は、道男を許したのでした。

その後

道男の処分が決まる日が近づいてきました。

引き取るべきか悩む寅子は、嫌がられることを承知で同級生のよねに相談しました。

「しょせん他人なのに、生ぬるい理想論を掲げて胡散臭い」

よねは痛烈でした。

そんな時

「家庭裁判所の事件は傍聴できないのかい?」

聞き覚えのある声が寅子の耳に入ってきました。

声の主はなんと傍聴マニアの笹寿司の店主・笹山だったのでした。

戦争がひどくなった時に故郷に戻った笹山でしたが、東京に戻って来たと明かし、また店を開くと言います。

ピンときた寅子が道男のことをアピールすると、笹山は「住み込みで働いて欲しい!」と申し出てくれたのです。

喜んで同意した道男は、一人前になったらお寿司をごちそうすると寅子に約束したのでした。

スポンサーリンク

虎に翼12週60話6月21日(金)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼12週60話 今日の感想解説1

救世主は笹山大将だった!

猪爪家の面々と分かり合うことができた道男くんの就職先は、裁判傍聴マニアの笹山さんに決まりました〜♪

虎に翼12週60話 今日の感想解説11家庭裁判所の事件を傍聴できるかと声をかけてくる笹寿司の店主・笹山さんに注目です!

バイプレーヤーの田中要次さんが演じる笹山さんの登場は、第35話で戦争のため食材が手に入らず店を閉めて故郷へ帰って以来のこととなります。

笹山さんといえば寅子ちゃんが初めて裁判所に足を踏み入れた時に、迷子の寅子ちゃんを優しく傍聴席へと案内してくれました(第7話

それ以来、法曹界を目指す寅子ちゃんを気にかけ、お祝い事があるたびにお寿司をとどけてくれる寅子ちゃんの応援者ですよね。

今回も、ピンチの寅子ちゃんを救ってくれる『頼れるおじさん』としてカムバックするようです~!

虎に翼12週60話 今日の感想解説12ところで道男くんは、家庭裁判所編で戦災孤児の悲惨な現状を視聴者に伝えるためのキャラクターかと思っていました。

しかし、母・はるさんをきっかけに猪爪家との繋がりや、馴染みのある笹寿司への就職とこれからも物語に登場しそうな重要なキャラに成長しそうな予感がします。

これから猪爪家でお祝い事があった時や法事などでお寿司を頼んだら、今度は道男くんが届けるシーンもあるかもしれませんね。

道男くんが人の優しさに触れながら真っ当な人生を歩める姿が、物語の途中途中で分かるようなシーンがあることを願いたいです~!

虎に翼12週60話 今日の感想解説14一方、道男くんをきっかけに再会したよねさんとは、まだギクシャクしたままの状態が続いているのが気になります。

やはりよねさんは寅子ちゃんが途中で弁護士を辞めてしまった過去をまだ消化しきれていないようです。

道男くんが寅子ちゃんとよねさんの間を取り持ってくれないかなと期待しちゃいます。

虎に翼12週60話 今日の感想解説15笹山さんのファインプレーで、戦災孤児だった道男くんに新たな居場所ができる第60話。

一見怖そうなのに、優しくて涙もろい人情味溢れる人物なので、きっと師匠と弟子の関係以上の愛情を注いでくれるでしょう。

道男くんにまつわるエピソードの幸せな落としどころをしっかり味わいたいと思います〜♪

 

以上、虎に翼12週60話のネタバレあらすじ予告でした。

◀59話 | 61話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶